【オーストラリア】コンセントは100均ダイソーOプラグ!電圧230Vは変圧器必要?

雑記

オーストラリアへの旅行・出張・留学を予定する皆さん、コンセント変換プラグは用意しましたか?

  • コンセント変換プラグとは?
  • オーストラリアのコンセント形状
  • オーストラリアで使えるO型変換プラグは100均ダイソーで買える
  • ダイソー以外でOタイプアダプターを売っている場所は?
  • オーストラリアの電圧と変圧器について

こういった情報をお探しの方に向けて、ブログ記事を書いていきます。

結論としては、オーストラリアのコンセント形状は日本と違う「Iタイプ」ですが、O型で代用できます!

100均ダイソーでOタイプの電源コンセント変換プラグを購入し、持ち物に入れるのがおすすめ!

忘れるとスマホ・iPhoneの充電ができなくて困ることになります…!

現地調達は難しいですし、価格が高いので要注意。出発前に日本で買っていきましょう!

スポンサーリンク

コンセント変換プラグとは?

海外旅行ではおなじみの注意点ですが、電化製品のコンセントの差込口は世界各国でサイズや形状が異なります。

グローバル化・世界基準と言われる中、おそらく将来にわたって解消することのないコンセント問題…

日本のコンセントは差し込む長方形の棒が、縦に二本、平行に並んでいるAタイプという形です。

 

実はこのままでは、オーストラリアの電源を使用することはできません。

A型のプラグでは、I型の穴に刺さらないのです。

それをオーストラリアのコンセント形状に合わせてくれる便利な道具が、変換プラグなのです。

 

オーストラリアのコンセント形状はIタイプ!O型変換プラグが必要

日本人の人気旅行先・留学先になっているオーストラリアは、コンセント形状がIタイプです。

Iタイプとは海外旅行ではオセアニアを中心に見かけるコンセント差込口の形です。

アジアではあまり見かけませんが、ニュージーランド・フィジー・中国などで利用可能。

 

写真のとおり、上にハの字型の二本の差込口があり、その下に一本縦の穴がある3ピンタイプ。

日本の2ピンのA型コンセントとは全然違う形状ですから、当然、そのままでは刺さらない。

世界は広い。コンセントなんて電流を流す技術は同じはずなのに、形が違うなんて…なんだか不思議です。

Oタイプ(Iタイプ)のコンセント・変換プラグ

 

オーストラリアのコンセント形状は「Iタイプ」という形なのですが、

実は、持っていくコンセント変換プラグは「Iタイプ」ではなく、「Oタイプ」がおすすめです!!

どういうことでしょうか?

 

オーストラリアにはOタイプのコンセント変換プラグが必要!

オーストラリアのコンセント形状は正式には「Iタイプ」という仕様なのですが、もて行くべき変換プラグは「Oタイプ」がおすすめです!!

どういうことかというと、Oタイプとは上の二本のハの字部分だけの2ピンプラグなのですが、これはIタイプのコンセントに刺さりますし、通電します。

Iタイプは3ピンなのですが、2ピンでもOKなのです!!

実は、ハの字型の下にある、もうひとつの差込口は、アースの役割があるだけで、充電するのには必要ありません。

 

「Iタイプ」の変換プラグは一般的ではなく、売っているお店も少ないです。

「Oタイプ」の変換プラグは世界的にも普通に流通していて、日本では100均ダイソーでも買えます。

つまり、オーストラリアのコンセント変換プラグは100均ダイソーでO型プラグを買えば、税込み110円で準備できてしまいます!安い!

 

【ハの字型】Oタイプの変換プラグは100均ダイソーがおすすめ!

ハの字型の2ピンのコンセント・Oタイプの変換プラグは、日本が誇る100円均一の王様・ダイソーで購入するのがおすすめです!

ダイソーでは海外旅行用のアダプターとして、

  • Cタイプ
  • Oタイプ
  • Aタイプ

の3種類のコンセント変換プラグを販売しています。

価格はどれも100円!税込110円で、激安です。

海外旅行経験が豊富な私も、実際にダイソーのC型&O型アダプターを何度も利用していますが、一度も問題ないです!10年以上、不具合なく使えますよ^^

ダイソー以外のキャンドゥ・セリアなどの100均では売ってないので、気を付けてください。

詳細は以下の記事に情報をまとめてあります。

>>コンセント変換プラグは100均ダイソー!キャンドゥ・セリアは?【変圧器はない】

オーストラリアのコンセントは100均ダイソー以外どこで売ってる?

オーストラリア旅行で利用するOらイプのコンセント変換プラグですが、ダイソー以外だとどこで売ってるでしょうか?

まずは皆さんおなじみのAmazon・楽天などの通販。

旅行グッズも豊富にとり揃っているアマゾンなら、O型プラグは200円です。送料無料。

ヤザワ・カシムラといったブランドの商品が安いです。

※それでも100均にはかないません。

 

その他に売っている場所は、家電量販店・ドンキホーテ・空港のショップ・ホームセンターなどです。

注意点としては、値段が結構違うことです…

もしも成田空港のショップで買うとなると、800円くらいします。高い…

なので、私はオーストラリア旅行前に必ずダイソーでO型プラグを購入することをおすすめします!

 

オーストラリアの電圧は230V!変圧器は必要?

オーストラリアの電圧は230V(ボルト)です。

日本の電圧は世界的にも珍しい定電圧の100V。

オーストラリアとは2倍も電圧の強さが違っています。

(※今まではコンセントの形状の話でしたが、ここからは電圧の話に切り替わります)

 

電圧が違うということは、変圧器と呼ばれる電圧の違いを調整する機械が必要になるのでしょうか?

結論としては、全世界対応型の家電のコンセントであれば、変圧器は必要ないです。

全世界対応型の家電のコンセントとはどのように確認すればよいでしょうか?

あなたの家電の充電器の裏面をよく見てみましょう。

 

どこかに小さい文字で

  • 入力:100-240V
  • INPUT:100-250V

とか、それに似た表記がありませんか?

これが書かれていれば変圧器は必要ないです。

文字通り、100V~240Vまでの電圧に対応しているよ、という意味なので。

 

スマホ充電器、iPhone、iPadはもちろんのこと、最近のパソコン・デジカメあたりは全て全世界対応型になっているはずです。

女性の方が要注意なのは、美容家電のヘアドライヤー・ヘアアイロン(コテ)等は、日本専用100Vで作られていることが多いこと。

もし、どうしても日本専用の家電をオーストラリアでも利用したいときは、変圧器が必要になります。

 

オーストラリアで使う変圧器は100均ダイソーに売ってない

オーストラリアで日本専用100Vのみの電化製品を使用するときは変圧器が必要です。

その変圧器ですが、ダイソーなどの100均には売っていないです。

 

コンセント変換プラグと違い、電圧を調整する大事な役割がありますので、少し価格が高いです。

家電量販店やドンキホーテでは、3000円以上の商品が多いです。

Amazonや楽天などの通販で見ると、2000円代で超便利なおすすめ変圧器が売ってます。

例えばこの変圧器。

 

このブログ記事の前半部分で情報をまとめた「コンセント変換プラグ」もセットになっています。

つまりO型プラグを別途用意しなくても、この変圧器さえあればオーストラリア旅行での充電は完璧。

さらに、オーストラリア以外の世界中どこの国でも対応できる便利グッズなのです!

海外旅行が好きな方は、是非ともひとつ持っておきたい商品です^^

 

オーストラリアのO型コンセントはダイソーがおすすめ!電圧は230V

今回のブログ記事では、オーストラリア旅行のコンセント変換プラグと、電圧の違いについて情報をまとめました。

海外旅行の出発前に必ず準備しておきたい持ち物なので、忘れ物しないように気を付けて!

オーストラリア現地ではなかなか売ってるお店がないですし、あったとしても価格が高いです…

ホテルによってはレンタルもありますが、有名ホテル以外だとA型→O型のアダプターは置いてないかもしれません。

 

内容をまとめると、

  • オーストラリアのコンセントプラグはIタイプ
  • 日本と違うのでコンセント変換プラグが必要
  • Iタイプコンセントは、Oタイプの変換プラグで充電可能
  • O型プラグは100均ダイソーがおすすめ
  • オーストラリアの電圧は230V
  • 日本専用家電を利用するなら変圧器が必要

ということでした。

海外旅行先ではスマホ充電・パソコン充電・デジカメ充電が超大事です。

何度もしつこいようですが、事前に準備することをお忘れなく!100円ショップで買えるので!!

何かご質問やご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

旅行が仕事になったらな… ブログで稼げたらな… 旅行アフィリエイトで月10万円稼ぐ筆者が、ブログでは言いにくい秘密も大公開! もちろん無料ですし、気に入らなかったらワンクリックで解除OK
雑記
スポンサーリンク
天国に一番近い個人旅行

コメント

タイトルとURLをコピーしました