【マジ】コロナ脱毛・コロナはげとは何?ストレスと運動不足で抜け毛の危険性

雑記

先日、ニュースかSNSで、コロナ脱毛・コロナ禿げという単語を聞きました。

新型コロナウイルス感染症の報道ばかりの中で、ついに男性のはげネタまで、コロナに関連させたか…と思ったものです。

しかし、よく聞いてみるとコロナ脱毛は、理由が明確で、確かに気を付けた方がよいです。

ただのネタではなく、

  • 運動不足
  • ストレス
  • 栄養の偏り

が原因で、脱毛が進むという、理にかなったものです。

コロナショックで外出自粛・自宅待機が長期化する中で、頭髪がはげてしまうのは避けたいところ。

今回のブログ記事では、一部で報道されている「コロナ脱毛」「コロナはげ」とは何か、情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

コロナ脱毛とは何?新型コロナではげる?

コロナ脱毛・コロナはげとは何でしょうか?

ネタ的な単語かと思いましたが、テレビでも報道されるほど深刻に悩んでいる人がいるみたいです。

当然ながら、新型コロナの直接的な影響ではありません。

緊急事態宣言の発令による、間接的な影響ですね。

自宅待機・外出自粛が長期化する生活環境の中で、

  • 運動不足
  • ストレス
  • 栄養の偏り

が原因となって、頭皮環境と頭髪の状態に悪影響が出ているというのです。

これは、一理ある。

確かに、外出の機会が減ると自然に運動不足になります。

汗をかくことも少ないので代謝が悪くなります。

頭皮の余計な油や汚れを排出できなくなると同時に、血行も悪くなるので栄養分が頭皮に行き届きません。

ストレスで抜け毛は進むし、巣ごもり消費のため、栄養も普段より偏っているかもしれません。

中高年男性の皆さん、大変困りましたね。

※もちろん若い男性も

もう少し詳しく、コロナ脱毛・コロナ禿げについて見てみましょう。

新型コロナの影響で運動不足

新型コロナウイルス感染症の影響で、世界的に運動不足の人が増えています。

感染拡大防止のため、不要不急の外出は避けるように言われています。

緊急事態ですから、ある意味当然です。

ただ、自宅にこもっていると、慢性的に運動不足になるのは当然の結果。

「普段から運動していないよ」と言う人もいるかもしれません。

でも、運動って、別にスポーツジムに行ったり、ジョギングをしたり、だけではありません。

  • スーパーの店内を歩く
  • たばこを買いにコンビニまで行く
  • 通勤のために駅まで歩く
  • 電車でバランスを取りながら立っている
  • 観光地で遊ぶ
  • 外食をしに移動する

これらは、全て運動です。

こういう行動が、コロナの影響で減っているんです。

自宅では、なかなか歩き回る場所もありません。

ついつい椅子に座ったり、寝転がったりする時間が長くなっていませんか?

言うまでもないですが、運動不足は頭皮・頭髪にとって悪影響です。

運動すると汗をかきますし、体内で代謝が起こり、血行が良くなります。

汗は頭皮の不要な皮脂を排出します。

血行が良くなれば頭皮に栄養が行き渡ります。

自宅でも運動することを心がけましょう。

テレビを見るときも立ちながら、もしくはスクワットをしながら、なんてどうでしょうか?

一戸建ての人は階段の上り下りとか。

集合住宅の人でも、他人とすれ違わないように歩き回ることはできるはずです。

運動不足は健康によくないことは確実。

不要不急の外出は避け…と自粛ムードですが、自宅に引きこもっていて具合が悪くなるのでは本末転倒。

新型コロナの脅威がない外出先もあるはずです。

近所の公園へ行ってみたり、ただ散歩するだけでも、意味があります。

コロナの脅威に対抗しようとしているのに、頭がはげてしまっては悲しすぎます。

積極的に、運動を心がけましょう。

先行き不透明感によるストレス

コロナショックで、今後の先行きが不透明です。

どうしてもストレスが溜まる人もいるでしょう。

  • 感染しないか心配だ
  • いつになったら外出できる
  • 仕事はどうなる
  • 給料が減った
  • 趣味ができない

といった状況の人がたくさんいます。

テレビなどの報道でも、連日、新型コロナ感染者の動向ばかり。

それは当然ですが、どうしても暗い気持ちになりますよね。

「病は気から」と言われる通り、医学的にも、精神状態が不安や心配に陥ると、コルチゾールという物質が出てきて、免疫力が下がったり血圧が上がったりするそうです。

もちろん、頭皮・髪の毛にも悪影響。

コロナストレスで抜け毛が増えないよう、ストレス解消法を試してみたり、むやみやたらに暗い話題のニュースを見ないのもおすすめです。

巣ごもりで栄養が偏りハゲになる?

最後に、コロナの影響による栄養の偏りです。

これも、脱毛・抜け毛・ハゲには悪影響を及ぼします。

スーパーでの買い物も、普段より頻度が少ない家庭が多いですし、ネット宅配を利用する家庭も多いと聞きます。

また、特に主夫・主婦の方は、節約意識も高まっています。

どうしても長期間保存がきく食材に偏ったり、値段が安い食材に頼りがちになります。

すると、摂取する栄養に偏りが出てしまいます。

5大栄養素のバランス、などと細かいことを言うつもりはありませんが、色々な食品・食材から、多様な栄養素を摂取することが、健康に良いとされています。

当然、男性の脱毛・抜け毛にも当てはまります。

コンブやわかめが髪の毛に良いというのは本当ですが、それ以上に「総合的に健康である」というのが大事らしいです。

 

コロナ脱毛・コロナ抜け毛・コロナはげの対策方法は?

コロナ脱毛なんて、嫌ですね。

自宅待機・外出自粛のせいで抜け毛が増えて禿げに近づくなんて、悲しすぎます。

原因が分かったので、対策方法は簡単。

つまり、

  • 積極的な運動
  • ストレス解消
  • 栄養摂取

3つに注意して、コツコツ努力すればいいのです。

私の友人に「コロナ脱毛」の話をしたら、早速対策をしてみたということで盛り上がりました。

彼は、

  • テレビを見るときにスクワット
  • 何気ない時にその場でジャンプ
  • 近所を早歩きでウォーキング
  • ニュース番組よりアニメを観る
  • 乾燥ワカメとヒジキを購入
  • 炭酸スカルプシャンプーを購入

といった対策をしているようです。

禿げないために、真面目です。

でも、素晴らしいと思います。

運動を心がけることで、自然とストレス解消にもなるし、おなかがすくから栄養も取りやすくて、一石三鳥だと言っていました。

確かに、運動を心がけるといいことばかりかもしれません。

参考になればと思い、紹介しました。

※彼は、コロナ以前から髪の毛が薄いですが…

コロナショックで二次的な健康被害が【脱毛・抜け毛・ハゲにも注意】

今回のブログ記事では、新型コロナウイルス感染症が、主に男性の脱毛・抜け毛・禿げにも影響を与えていることについて、情報をまとめました。

いかがだったでしょうか?

コロナショックは、直接的な感染被害が脅威であることは間違いないです。

しかし、その影響による二次的な健康被害も深刻です。

運動不足は長期化しますし、ストレスもたまりますし、栄養も偏るかもしれません。

今回は男性の脱毛について、たまたまニュースで報道されていたので記事にしましたが、実は、世界中の人にとって、深刻な被害の一つだと思います。

書いている今、思いつきましたが、

子どもたちの健康状態にも気を付けないといけないですよね。

普段は学校で走り回り(歩き回り)、給食を食べて、友人と話して、遊んで、自宅に帰ってきます。

それらが完全に停止しているわけですから、大人よりもむしろ、子どもの健康被害が心配ですね。

最後の段落で内容がずれてしまいましたが、

老若男女関係なく、コロナショックに負けずに、運動・ストレス解消・栄養の3つを心がけるといいのだと思います。

早期収束を願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました