【コロナ】人生・生き方を見直すきっかけに?断捨離やライフプラン検討が増加

雑記

新型コロナウイルス感染症の影響で、外出自粛が長く続いています。

緊急事態宣言を受けて、今までの生活とガラッと変わりましたよね。

 

そんなコロナショックの渦中で、自分の人生・生き方を見直す動きが見られます。

  • 必要なものの整理
  • 不要なものの断捨離
  • 家計の見直し
  • ライフプランの検討

などなど。

 

具体的な行動でなく、精神的に、自分の人生の棚卸と、今後の生き方について考える余裕ができている人も。

  • 今の人生の不満は?
  • 何が幸せ?
  • どんな将来を描いている?夢は?

といった人生の整理。

 

コロナ感染被害拡大がきっかけなのは、あまりよくない話ですが、時間的に余裕ができたのですから、とことん、向き合ってみるのがいいと思います。

普段、日本人は忙しく働きすぎです。

 

こんな時だからこそ、普段考えることのできない自分の人生について、真剣に考えてみるのがいいと思います。

スポンサーリンク

新型コロナで自分の生活を見直す人が増えている?

新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言が発令されてから、生活が一変しました。

時間的な余裕が生まれる中で、自分の生活を見直す動きが増えています。

 

具体的には、

  • 自宅の必要なもの、不要な物の整理
  • 保険やローンなど、家計の見直し
  • 趣味や子育てなどライフプランの見直し

といったものです。

 

こういう非常事態に落ち込むだけではなく、普段できないことをやろうという姿勢、素晴らしいと思います。

 

必要なものと不要なものの整理&断捨離

コロナの影響で増加しているのが、不用品の整理。

 

普段は忙しくて手が回らないけれど、自宅にはもう使わなくなった家電や、もう読まない本などが山ほど…

ということで、思い切って必要なものと不要なものを分けて、断捨離する家庭が急増。

 

分かりやすいところだと、

市のリサイクルセンターに車で行列ができていたり、

ブックオフの買取りカウンターがパンク寸前になっていたりします。

 

 

私も、本や漫画の断捨離を行いました。

ずいぶん本棚が片付いて、売却のお金までもらえて、すっきりしました。

 

もちろん、人と対面するときはコロナ対策を徹底しましょう。

 

経済的な家計の見直し

自宅待機・外出自粛が広がる中で、普段はできない家計の見直しをする人も多いです。

家計を握っている主婦の方も、電卓片手に頑張っているのでしょう。

 

毎月の収支だけでなく、年間収支や今後の必要なお金まで、こういう機会にある程度目安を立てておくのは素晴らしいと思います。

 

ファイナンシャルプランナー(FP)による、家計の見直しもネットで調べれば色々な方法がありますよ。

私もFPの資格を持っていますが、個人的には、みんな、保険に入りすぎです…

かなり過剰です。

 

日本は社会保険制度が充実しているので、健康保険と国民年金だけでも大丈夫。

保険会社の会社員がなぜ高年収なのか…

正直、皆さんの掛け金が彼らの給料です。

 

私は、大事なお金を自分で管理したいと思う派です。

 

ライフプランの見直し

お金以外のライフプランの見直しを図る人もいるようです。

 

今まで挑戦してこなかった趣味を始めてみたり、子育てについて考えてみたり。

新型コロナの影響で自由に何でも始められる状況ではないですが、どんな人生にしたいか、今後どんなことがしたいか、考えてみるといいと思います。

 

コロナショックをきっかけに人生・生き方・将来を見直そう

断捨離やお金や趣味などの生活を見直すだけでなく、人生のあり方・生き方を見直すのもいいと思います。

 

特に大人になってから、

ゆっくりと自分の人生について考えたことはありますか?

私は、あまりありませんでした。

 

心理セラピストの勉強を始めてからは、考えるようになりましたが、多くの人は、自分の人生がどうありたいか?なんて、普段は考えないですよね。

 

だって、目の前の生活が忙しいですもんね。

こんな緊急事態だからこそ、自分の将来について、思いを巡らせましょう。

 

人生で何がしたい?夢や目標は?

まず、あなたは人生で、何がしたいですか?

今、将来の夢や目標はありますか?

 

子どものころはよく聞かれましたよね?

「あなたの将来の夢は何ですか?」

 

これは、大人だって誰しも全員が、持っていて当然の気持ちです。

なのに、大人になるとすっかり発想がなくなってしまう。

これは残念だし、不思議なことです。

 

人生は一度きりなのですから、目の前の生活にいっぱいいっぱいにならず、自分のやりたいことや将来の夢に対して、素直であるべきです。

 

 

ちなみに私は、4年前に脱サラしました。

会社は優良企業でしたが、サラリーマンとして生きていきたい!夢だ!とは思いませんでした。

自分の力で稼いで、自由に生きたいという方が強かったので、辞めました。

 

自分の夢なんてない、という方も多いのですが、

もしも、完全に自由な時間が一年間あったら、何をしたいですか?

もしも、手元に1億円があったら、何をしたいですか?

子どものころの夢は、今も憧れますか?

 

こういう質問をすると、案外皆さん、やりたいことがあるんです。

その「もしも」が叶わないから、我慢している訳です。

 

少しでも、自分のやりたいことに気が付いたら、なるべく、可能な範囲で、自分で応援してあげたらいいんだと思います。

 

今の生き方で不満・我慢・ストレスはないか?

将来の夢について考えるのと逆に、現在の生活に不満やストレスがないのか、ネガティブチェックをしてみるのもおすすめです。

 

不満やストレスがあるなら、可能な範囲で取り除いてあげましょう。

 

2020年の現代はストレス社会と呼ばれます。

新型コロナの有無にかかわらず、社会はストレスだらけ。

 

あなたの人生はいつの間にか、ストレスの溜め込みと、ストレスの解消ばかりに費やされていませんか?

 

自分の人生は、自分でしか変えられません。

自分の人生は、自分で変えられます。

 

ほんの少しでもいいので、ストレスを溜め込まない人生になれたら、きっとあなたの幸福度は増すはずです。

 

自分の人生の方向性を決められるのは自分だけ

先ほども言いましたが、自分の人生の方向性を決められるのは、自分だけです。

子どものころは無限に可能性があるように思えた人生でしたが、いつの間にか狭い世界になっていませんか?

 

私は、なっていました。

高校・大学と勉強をして、就活して、就職して、働いていました。

 

いつの間にか、会社での時間がほとんど。

家庭では簡単な食事と睡眠ばかり。

気が付かなければ、ずっとそんな人生だったと思います。

 

あなたの人生は、他の誰かが代わることはできません。

 

私が色々な考え方や生き方のヒントをお伝えしたとしても、結局、決めるのは自分でしかありません。

 

主体性よりも協調性を重んじられる日本社会では、何気なく生きていると、ついつい主体性を見失います。

自分の人生の舵取りは、自分にしかできません。

 

せっかく向き合う時間がありますので、ちょっとだけ考えてみるのも悪くないと思います。

 

幸せを追い求めるんじゃない、幸せを感じる心を見つけるんだ

人生の幸せって、人それぞれですよね。

 

私は退職してフリーランスになって幸せですが、価値観はいろいろ。

年収はガタ落ちですし。笑

 

ただ、音楽家の甲本ヒロトさんが「幸せを追い求めるんじゃない。幸せを感じる心を見つけるんだ」といった名言を残しています。

 

幸せとは状態ではありません。

  • 温かい家庭がある
  • お金がたくさんある
  • 自由に生きている
  • 健康である

もちろん、それは幸せですよね。

 

でも、追い求めれば追い求めるほど、欲求は膨らみます。

そうでなく、

  • 今、目が見えて春を感じられる
  • 味覚があって、美味しいものを食べられる
  • 飢餓のない日本に生まれてきた

こういうことに、幸せを感じられるようになると、豊かな人生になりそうですよね。

 

仏教的な、スピリチュアルなことを言いたいわけではないのですが、自分の人生について考えていると「なるほどなあ」と思ったので紹介しました。

 

コロナショックを機に過去と将来を見直す【人生観・価値観の整理】

今回のブログ記事では、新型コロナウイルス感染症がきっかけで、自分の生活や将来を見直す動きについて、書いてみました。

 

いかがだったでしょうか?

 

多くの人が、普段の生活では余裕のないことに目を向けています。

感染被害が早期収束することを願っていますが、自分の生活や人生について、見直すこと自体は、必要なことであり、大事なことです。

 

コロナ対策を万全にするのは当然ですが、

その中で、人生観・価値観を含めて整理整頓してみるといいのかもしれません。

 

今の人生、やりたいことをやれているか?

ストレスや不満に満ちていないか?

 

自宅のモノの断捨離も素晴らしいですが、心の整理もおすすめですよ。

 

何かご質問やご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました