海外を住むように個人旅行。旅行ブログで稼ぐ方法も。

【国内線】液体の持ち込み制限・禁止情報まとめ!国外線との違い【飲み物ペットボトルOK】

 

飛行機の国内線でも、液体の持ち込み制限があります。

しかし、アルコール類や一部の化粧品のみに制限がかけられているので、基本的には制限なしと思っていいです。

国内線ならペットボトル・缶などのジュースはもちろん、お土産類の液体も問題ないです。

機内持ち込み荷物もOKですし、カウンター預け入れの荷物にもOK!

一方、国外線だと、手荷物検査の時に一度飲み物は飲みきらないといけないですからね・・・

今回のブログ記事では、航空機に搭乗する際、特に国内線について持ち込み制限の情報をまとめて紹介します。

国内線の液体持ち込み制限情報【飲み物・化粧品・アルコール類】

日本の国内線では、飛行機内への荷物持ち込み制限が緩いです。

特に気になるのは液体の容量制限ですが、基本的には心配不要です!!

ペットボトルを自由に持ち込みましょう^^

 

制限についてのルールとしては、

  • 化粧水・乳液・育毛剤など化粧品類は、0.5Lまたは0.5kg以上の容器に入っているもの
  • アルコール度数70%以上のお酒(スピリタス、ウォッカ、アブサンなど)
  • 「塩素系」「混ぜるな危険」と表記されている洗剤など

は持ち込みが禁止されています。

 

ジェットスターやバニラエアなどの格安航空はLCCと呼ばれ、ドリンクもスナックもサービスがありません。

是非、500ミリリットルのペットボトルを持参して水分補給をしましょう。

荷物検査のセキュリティゲートでは、ペットボトルのフタが開いていても開いていなくても、中身がチェックされます。

たまに機械の反応が悪いと、飲まされている人もいます^^;

 

【国内線】液体以外の持ち込み不可のものとは?→危険物は制限

日本国内の飛行機移動(国内線)では、液体以外に、危険物の持ち込み制限があります。

特に没収されてしまわないよう注意しなければいけないのは、

  • ガス式ライター、オイル式ライターの一部製品
  • オイル充填式携帯カイロ
  • へアアイロン、ヘアスタイリング器具
  • スプレー類
  • リチウム電池またはリチウムイオン電池とそれらが内蔵、装着された機器類

といった持ち物です。

 

これの品物を荷物に入れたままゲートに進むと、係員に没収されてしまいます。

私もカミソリを没収されたことがあります。。。

100均のやつなのでまだマシですが、何ともいえない虚しい気持ちになるので注意しましょう;

 

荷物・持ち物の持ち込み制限【国内線と国外線のルールの違い】

機内への荷物・持ち物の持ち込み制限ですが、国内線と国外線でどんなルールの違いがあるでしょうか?

基本的に、国内線は国外線よりもルールが緩いです。

例えば、海外へ行く国外線は、テロやハイジャックへの対策として、基本的に液体の持ち込みが禁止です。(飲み物でもダメ)

一度セキュリティゲートで検査するときに、ペットボトルは没収されます。

 

ただ、ゲート内に入ってから、自動販売機などで購入した飲み物は持ち込めますよ!

 

国内線の飛行機持ち込み制限【飲み物は持ち込める!液体も持ち込み可能】

今回のブログ記事では、国内線の飛行機に、飲み物などの液体類を持ち込むことができるのか、情報をまとめました。

ペットボトルなどのドリンク類には制限・禁止がないので、機内に持参しましょう!

特にLCCは、ドリンクサービスが有料なので、ペットボトルが必須ですね^^

 

国外線の海外旅行だと荷物制限が厳しいので、なんだか国内線のセキュリティチェックは拍子抜けというかなんというか、気にすることが少なくて楽ですね!

税関もないし、国内旅行のメリットを発見してしまいました!!

何かご質問点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

Copyright© 天国に一番近い個人旅行 , 2019 All Rights Reserved.