【なってみて良かった】フリーランスが最高!デメリットもあるが幸福度UP

フリーランス・生き方

会社員から独立して5年。

  • フリーランスになってみて良かった
  • フリーランス最高!
  • デメリットもあるけどメリット多数
  • 収入安定度より、幸福度が大切だろ

おおむね、このような感想です。

 

自己責任で、どこまでも自由に稼ぐことができます。

人生が本当に「フリー」になって、貴重な時間を自分のために使うことができます。

 

ただし、スキルのない人や、努力できない人はフリーランスにならない方が良いです。

理不尽な上司、言うことを聞かない後輩、自分より待遇が上の同期などと、組織に属して安定収入を得るのも、ある意味では正解ですからね。

 

今回のブログ記事では、フリーランスのメリット・デメリットを挙げつつ、「フリーランスになってみて最高だった」という意見を書いていきます。

【結論】フリーランスって最高!

しつこいようですが、フリーランスって最高です。

 

素晴らしい生き方です。

  • 時間
  • 場所
  • お金
  • 人間関係

これらは、人間が生きていく上で大きな「制約」となるもの。

切っても切り離せない「不自由さ」と言い換えることもできます。

 

しかし、フリーランスという働き方を選択すると、これら4つの制約がすべて自分次第になります。

 

人生全てが自己責任になると同時に、自己選択が可能になるんです。

控えめに言って、最高です。

 

何にも縛られない、フリーダムな生き方&働き方。

それがフリーランスが最高!と言い切る理由です。

▶【5年経過】フリーランスが楽しすぎる件。自由に遊ぶように仕事する【働き方改革】

 

【メリット】フリーランスがしなくていいこと

フリーランスが最高と言えるのは、上記4つの「人生における制約」を無くせるから。

つまり、「しなくていいこと」が増えるのです。

 

会社員・サラリーマンと比較すると分かりやすいでしょう。

▶【生死の境】サラリーマンの目が死んでるのはなぜ?暗い&無気力

 

出勤時間、就業時間、週休2日…なにそれ?

フリーランスには、出勤時間なんてありません。

朝は好きな時間に起きて、好きな時間に仕事を始めることができます。

 

フリーランスには、就業時間なんてありません。

好きな時間に休憩して、好きな時間に仕事を終了。

1日1時間労働でもいいし、調子が良い時は10時間労働でもいいんです。

 

フリーランスには、週休2日、月間勤務日数なんてありません。

好きな日に休業して、海外旅行で1か月休んでもOK。

月に10日しか働かなくてもいいし、毎日ちょっとずつ働いてもいい。

 

自分の24時間を、自分の判断で使うことができます。

フリーランスに、時間の制約はありません。

 

出勤場所、オフィス、事務所、都心立地…なにそれ?

フリーランスには、場所の制限もありません。

 

出勤場所・オフィス・事務所・本社・支店・地方転勤、海外転勤…

どこで働くのか、どこに通うのか、自分で決めましょう。

 

理不尽な転勤なんてありません。

  • カフェでも
  • 図書館でも
  • イオンのフードコートでも
  • 自宅でも
  • 海外のホテルでも

どこでも働くことができるのが、最高です。

 

ノマドワーカーなんて言われたりもします。

リモートワーカーよりも、さらに自由なんです。

 

年収300万円、定年まで勤めて800万円…なにそれ?

フリーランスには、お金の制限もありません。

(※稼ぐ能力があれば)

 

会社員だと、初任給20万円、年収300万円、課長で800万円…などなど、給与にはある意味で上限があります。

平社員の平均年収は500万円、と企業側が裁量権を握っているのです。

 

しかし、フリーランスの年収には上限がありません。

稼ごうと思えば、1000万円でも、1億円でも稼げます。

自分が会社を立ち上げて社長になってもいいし、法人化して従業員を雇ってもいい。

 

実際に、時給700円台の皿洗いアルバイトをしていた「だいぽん」という人は、アフィリエイトビジネスで独立して、年収1億円以上稼いでいます。

▶【ブログ300記事達成】アフィリエイト収入&アクセス数を大公開

 

まあ、実のところ、お金には縛られているフリーランスが多いんですけどね。

収入の安定感だけが、フリーランスの注意点でしょう。

(後ほどデメリットを紹介)

 

嫌な上司、つまらない飲み会、接待ゴルフ…なにそれ?

フリーランスなら、人間関係の制限もありません。

 

誰と働いても良いし、誰の仕事を受けてもいいし、誰に応募してもいい。

付き合う人すべてを、自分の判断で決定することができます。

 

もっと率直に言えば、

嫌な奴とは手を切ればいい。

気に入る人とだけ、働けばいい。

 

アドラー心理学が流行していますが、アドラーは、人間の悩みはすべて人間関係であると喝破しました。

(※この世に他人が存在しなければ、悩むことはなにもない。)

 

ひねくれた上司に理不尽な仕事を振られることもない。

部長の顔色をうかがって、社内政治することもない。

接待ゴルフで貴重な休みの日まで会社の人と過ごす必要もない。

 

フリーランスって、つくづく最高ですね。

 

フリーランスのデメリットも正直に告白

フリーランス最高!と言ってきましたが、もちろん、現実的な、シビアな、苦しい現実もあります。

 

具体的なデメリットは、以下の3つ。

  • 収入が低い
  • 稼ぎが安定しない
  • 働き方にアドバイスをもらえない

 

まあ、主に「収入面の不安」ってことですね。

 

独立して間もないころは、実績も少ないし、手探り状態。

低単価の案件ばかりをこなし、時給換算すると200円じゃねーか!ってことも多々あります。

 

しかも単発案件ばかりで、収入は全然安定しない。

月によって収入はバラバラだし、病気などで働けない時期が出てしまうと、一気に大ピンチです。

 

不労所得を持っておくことで、フリーランスの収入の不安はかなり下がりますが。

(ブログ収益とか)

 

最後に、フリーランスって働き方は、コロナ以降増えてはいるけど、大勢ではない。

だから仕事の具体的なアドバイスを、誰からももらえないんですよね。

会社員のように、すぐ近くに上司がいれば、質問したり、お願いしたり、責任を丸投げしたり、できるんですけどね…笑

 

でも私は、フリーランスのデメリットなんてちっぽけに感じるほど、メリットが輝いて見えます。

会社員として勤めていて、いかに自分の人生を無駄にしているか、考えたことがあるでしょうか?

 

フリーランスになってみて良かった【人生の幸福度UP】

あくまでも私個人の感想なんですけど、フリーランスになってみて本当に良かったです。

 

ハッキリ言って、年収は5分の1になりました。

毎月の収入が不安定で、心配でした。

貯金も減ってきて、焦ったりもしました。

 

でも、人生の幸福度は、間違いなく100倍以上になりました。

幸せって、お金だけじゃないですからね。

 

自分の24時間を、自分が納得するように使えているか、が大事な気がします。

  • 好きな時に
  • 好きな場所で
  • 好きな人と
  • 好きなことをする

これができているサラリーマンって、何%いるんでしょうか?

(多分、1%くらい)

 

フリーランスなら、できます。

収入を稼ぐことが軌道に乗れば、かなり自由に幸福に暮らせます。

 

会社を脱サラし、個人事業主としてスタートして、幸福度がかなりUPしました。

▶【体験談】ブログ続けたら人生の幸福度が1.5倍に【継続すれば楽しい&稼げる】

 

【まとめ】フリーランスを最高に楽しめるかどうかは努力次第

今回のブログ記事では、フリーランスは最高だという話をしてきました。

 

年収の低さ、収入の不安定さには定評があります…泣

しかし、稼ぎ方は無限にある。

つまり、努力次第です。

 

独立して間もないころは、誰でも苦しい時期があるはずです。

「フリーランスなんて、ならなければよかった」

「会社員に戻りたい」

 

そんな気持ちになった時は、「人生における4つの制限」を思い出してください。

時間、場所、お金、人間関係を犠牲に捧げてまで、ほんとうに会社員が幸せだと思いますか?

 

もちろん個々人の価値観次第ですが、私は「絶対無理。断固反対」と言います。

どんなにお金がなくても、一時的に借金を抱えようとも、フリーランスで食べていくことを夢・目標として頑張り続けます。

 

それほど、フリーランスは幸福度が高い生き方です。

自己責任で、自己判断で、自分の24時間を過ごしてみるのって、マジで最高ですよ。

 

何とも抽象的なオピニオン記事になってしまいましたが、ご質問や相談事などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

▶【人生変えようよ】仕事がつまらなくて死にそう…頭がおかしくなりそう【体験談】

コメント

タイトルとURLをコピーしました