海外を住むように個人旅行。旅行ブログで稼ぐ方法も。

【ハワイ】雨期は雨が多い?シーズンごとの気候と気温情報【10月11月も快適でした】

 

ハワイは常夏のリゾートです。

しかし、実はハワイにも四季があり、雨期には要注意です。

10月、11月、12月、1月、2月、3月は雨期と呼ばれ、乾期と比較して雨が多く、ホノルルの平均最低気温も低いです。

今回のブログ記事では、ハワイの雨期の天気・気候・気温について紹介し、旅行のベストシーズンを考察します!

個人的には、10月・11月はハワイ旅行におすすめですよ!

ハワイの雨期は10月~3月【雨が多い?旅行シーズンとしてどうか?】

ハワイの気候は、乾期と雨期に分けられることが多いです。常夏ではあるのですが、、、

  • 乾期・・・4月、5月、6月、7月、8月、9月
  • 雨期・・・10月、11月、12月、1月、2月、3月

雨季と乾季の降水量を見てみると、

乾期のハワイは、日本の1月くらいの降水量で、ほとんど雨が降らないくらいの気候です。

その一方、ハワイの雨期は雨が多いかというと、実はそうでもないのです・・・!!

日本で言うと7月くらいの降水量。日本の7月って雨が多いですか?いや、そうでもないですよね。

 

せっかくのハワイ旅行なので、雨期と言われると避けたくなりますが、実はそんなに雨は多くないです。

もし雨が降ったとしても、一時的な雨であることが多く、ずっと降り続くことはほとんどありません。

特に、ホノルルは北東からの貿易風の影響で、カラっとしています!

 

ハワイの雨期の気候・天候・気温は?

ハワイは10月頃から雨期に入りますが、気候・天気・気温はどのようになるのでしょうか?

もちろん、雨期なので雨の日があります。

しかし一日中降り続く雨というのは少なく、何日も降り続くなんてことはほとんどありません。

南国らしく、ざーっと一気に雨が降って、その後は雨が止んで晴れてしまう日も多いのです。

 

降水量で見ても、日本の7月と同じくらいです。

続いて気温ですが、雨期に入り始める10月・11月頃から、最低気温が下がります。

朝晩は20度くらいまで下がることもあるので、エアコンは不要。半袖だと寒いこともあります。

ただ、最高気温は25度を下回ることはなく、年間を通してビーチで遊ぶことができます!だからこそ「常夏の楽園リゾート」というイメージがあるのだと思います。

 

雨期のシーズンでもハワイ旅行はおすすめ

せっかくのハワイ旅行ですから、雨期は避けたいと思う方もいると思います。

最高気温が高く・最低気温も高く・雨が少なくはれている時期というのは、乾期と呼ばれ、だいたい7月・8月・9月あたりがトップシーズンです。

このように気候的にベストシーズンを狙うと、観光客が世界中から押し寄せ、旅費は高いし、ホテルも満室がちになってしまいます。

 

だからこそ、自由な個人旅行では、逆に10月や11月の雨期の始まりの旅行がおすすめです!

雨期とは言え雨は少なく、気候・気温的にも問題なし。そのうえ連休とずれているので、比較的旅行者が少なく旅費も安くなることでしょう。

 

ハワイの雨期の気候・気温。一年中泳げるが、時期に注意!10月11月はおすすめ

今回のブログ記事では、ハワイの雨期について情報をまとめました。

気候・天気については、雨の日が多くなるものの、日本の梅雨や秋雨とは異なり、降水量は月間100ミリを越えることはありません。

(日本の梅雨・秋雨は200ミリ~300ミリを越えます)

 

気温は、日中は暑くて海で泳げるのですが、朝晩は涼しく、快適です。

夏の時期だと夜まで蒸し暑いので、10月11月あたりはおすすめですよ!

昼間は暑くて常夏の南国リゾート気分を満喫、夜は涼しくてすごく快適でした。

海外旅行では、気候と旅費のバランス感覚が重要ですよね。この記事を参考に、ハワイの雨期を怖がらずにいきましょう!!

Copyright© 天国に一番近い個人旅行 , 2018 All Rights Reserved.