【恥】小林秀雄を知らない高学歴な私と、大学生としての後悔や反省

私は、批評家「小林秀雄」の存在を知らない人間でした。

 

エリート路線で進学し、優秀と言われる大学を卒業し、財閥系企業で働いていましたが、周囲で「小林秀雄」という名前を聞いたことは一度もありません。

お恥ずかしい限りです…

 

脱サラしてから読書が趣味になり、茂木健一郎さん経由で小林秀雄を初めて知ったのです。

読んでみると、たちまち彼の文章の魅力にハマってしまいました。

 

難しいというか、難読と言うか、そういう印象もありますが、文章や言葉選びへの「執念」のようなものを感じて、芸術作品の一つとして読んでいます。

 

今回のブログ記事では、日本の偉大な知識人・小林秀雄を知らなかった私が、その恥と若者の実情を書いていきます。

スポンサーリンク

若者は小林秀雄を知らない

若者は、小林秀雄を知らない人が圧倒的に多いです。

いや、もしかしたら私の親でも知らないのかな…

 

とにかく、人生で一度もその名前を聞いたことがありませんでしたし、もっと言えば「批評家」という存在を知らなかった。

 

私も、若者世代の一人です。

(ギリギリで)

 

自分で言うのも変ですが、

高学歴と言われ、エリート路線で突っ走ってきました。

 

でも、本なんて全然読んでない。

勉強といえば参考書。テストの過去問。

休みの日はゲーム。友人とスポーツ。

 

それが日本トップレベルの大学生で、日本の将来を担う…とか期待されてもねえ。

別に小林秀雄さんを、誰でも読むべきだ!と言っている訳ではありません。

 

でも、本当に読んだことなければ、知りもしない。

聞いたこともない。

それは、問題だと思います。

 

小林秀雄を読むようになったきっかけは茂木さん

小林秀雄の本を読むようになったのは、ついこの間。

きっかけは、茂木健一郎の本。

 

茂木さんの書籍はこれまで15冊以上読んできたと思いますが、多分、10回くらいは小林秀雄の名前が登場します。

(蛍とおっかさんのエピソードです)

 

そこでようやく、どんな人なのだろう?

どのような意味で「知識人」と呼ばれ、多くの人からの尊敬を集めているんだろう?

と興味を持ちました。

 

本の虫と呼ばれるようになるほど、読書が習慣になった今頃になって、ようやく小林秀雄と出会えたんです。

 

逆に言えば、茂木さんの本を読んでなかったら、小林秀雄の本を読むことは、一生なかったかもしれないのです。

 

大学生に読んでいた本はほぼ覚えてない

大学生時代にも、読書はしていました。

大きな図書館が利用できたのだし、それなりに通って借りていました。

 

でも、読んだ記憶があるのはビジネス書とか、お金に関する本ばかり。

(経済系の学部なので、偏りがあって当然だったかもしれないのですが)

 

正直、ほとんど覚えていません。

 

『金持ち父さん貧乏父さん』とか、

サラリーマン大家とか、個人年金で節税とか、そんな実益的な本ばかり読んでましたね。

 

なぜもっと幅広く興味を持って本を読まなかったのか…後悔です。

▶【読書好き】本の虫とは何?語源はどこから?一日3時間の読書が目安【bookworm】

 

大学生は幅広く読書するのがおすすめ

私の後悔と反省に基づいたアドバイスです。

大学生の人は、幅広く、色々なジャンルの本を読むのがおすすめ。

 

本当に、切実に、後悔しています。

 

なぜ経済系の学部だからと言って、お金に関する本ばかり読んでたのか。

簿記とかFPとかTOEICとか宅建とか、資格ばっかり勉強していたのか。

 

我ながら、薄っぺらくて恥ずかしいです。

 

小林秀雄の『ドストエフスキイの生活』とか、そういう知性や感性あふれる、文芸というものに触れておきたかった。

 

人生、今が一番若いのですから、遅すぎることはないかもしれません。

そう自分を励まして、今後も、小林先生の著書を読んでいきたいです。

 

素晴らしい知性・知識人・名文学・名著・名作と出会う方法

小林秀雄さんは、私などが言うまでもなく、芸術的な文章を書かれています。

 

しかし、実際、知らなかった。

知らなければ、読めません。

 

素晴らしい知性や名文学や名著と出会うためには、どうすればいいでしょうか?

一つの方法としては、自分が好きな知識人の本をたくさん読むことだと思います。

 

私の場合は、完全に茂木健一郎。

茂木さんの本は、比較的ソフトに読破できる本から、難読なタフな本まで、幅広いです。

 

南直哉さんや、松岡正剛さんや、松岡修造さんとの対談本も面白い。

大学生時代に書いた児童向け物語『トゥープゥートゥーのすむエリー星』も素晴らしい。

 

私にとって、現代の天才的知性・知識人は、茂木先生。

その茂木先生が著書の中で何度も「小林秀雄」「夏目漱石」「養老孟司」「ニーチェ」といった名前を出します。

 

そうすると、茂木ファンの私としても、気になる。

小林秀雄って誰で、どんな本を書いているのだろう、と当然気になる。

 

ひとりのファンから、芋づる式に(ちょっと失礼な表現ですが)素晴らしい作品に出会うというのは、自分の読書の幅を広げるには最適な方法だと思います。

 

※茂木さんは、ブックガイド的な本も書いているので、さらに分かりやすい。

 

小林秀雄賞とは何?

私が小林秀雄を知るきっかけのひとつに、小林秀雄賞があります。

茂木さんの『脳と仮想』が第四回小林秀雄賞を受賞しているからですね。

 

小林秀雄賞とはどんな賞かと言うと、

生誕100周年を記念して2002年に創設された学術賞のこと。

 

日本語表現が豊かなエッセイ・評論などが対象となっています。

 

文章を芸術にまで押し上げたような方ですから、審査員も真剣でしょう。

私がよく著書を拝読する養老孟司さんも審査員に入っています。

 

今後は、第四回の茂木健一郎の本以外も、読んでいきたいと考えています。

南直哉さんの本は、素晴らしかった。

 

小林秀雄を知らない世代だからこそ、読む

今回のブログ記事では、小林秀雄を知らない世代の私が、茂木健一郎を通してようやく出会えた経験を書いてきました。

 

繰り返しになりますが、

私の周りの友人、知人で、小林秀雄を知っている人はいません。

 

多分、100人中98人は、聞いたこともないと思います。

恐ろしいことですが、これが現代の若者、しかも高学歴と呼ばれる人間たちの実態です。

 

最近の若者は何を読んでいるかと言うと、手軽なビジネス書とか、流行の小説とか、東野圭吾とか、三国志とかです。

 

ドラマ化されたり、映画化されたり、賞を獲得したり…

そういう本は、割と読んでいる人もいますが、そもそも読書離れの世代ですからね。

 

地元の友人だと、多分、年に何冊も読んでません。

読書自体に、興味がありません。

 

読書の面白さを知らないんですね。

だから、私が「週に2~3回は図書館に行くよ」と言うと、ギョッとされるのです。

 

日本人が大切にしたい日本語とか、価値観とか、審美眼とか、

そういうものが、小林秀雄の本には詰まっている。

 

文学的芸術品。

もっと多くの人が、日本を代表する文芸評論家&批評家「小林秀雄」の感性に触れる機会があればな…と思う次第です。

 

▶【モテる知性】本はファッションの一部!かっこいい読書家とダサい読書家の本棚

▶【読書】一日一冊も読める?ペースや時間の目安

コメント

タイトルとURLをコピーしました