【岩蔵珈琲とは】青梅のカフェYUBA、瑞穂のウエストランドファームで味わえる地元名産

国内の旅

岩蔵珈琲(いわくらコーヒー)って何だか知ってますか?

 

東京都青梅市にある「岩蔵温泉」の地元で焙煎されているご当地コーヒー(?)です。

  • 岩蔵温泉ってどこ?
  • 岩蔵珈琲とは?
  • カフェYUBAで飲める?
  • 瑞穂で岩蔵珈琲のジェラートを食べられる?

このような情報を、ブログ記事にまとめました。

 

結論としては、岩蔵コーヒーは、青梅市の地元の焙煎名人(マイスター)のノブユキ氏の珈琲豆を使用した高級品らしいです。

 

今回のブログ記事では、実際にCAFE YUBAと、清水牧場ウエストランドファームに行ってきた筆者が、岩蔵珈琲について情報をまとめました。

スポンサーリンク

東京の温泉街!青梅市の「岩蔵温泉」とは?

東京都に唯一存在する温泉街が「岩蔵温泉」です。

 

ヤマトタケルが岩蔵鉱泉にて休養した伝説があり、

ずいぶん古くから、歴史ある温泉街なんですね。

 

場所は、東京都の青梅市小曾木(おそき)という住所。

埼玉県の飯能市・入間市との境にあるような自然が豊かな場所です。

 

現在は温泉宿は3件しかなく、かなり古い。

ハッキリ言うと、「さびれている」印象が強い温泉街です。

しかし、味がある。

 

今は廃墟になっている旅館も、かつては温泉宿として繁盛していたのでしょうか…。

空気は美味しいし、自然を感じられるし、知名度が低い。

 

秘境というか、秘湯というのか。

そんな岩蔵温泉で、新しいお店(カフェ)が存在感を発揮しています。

 

地元の焙煎名人が!岩蔵珈琲とは何?

そんな岩蔵温泉エリアで知名度が高まってきたのが、「岩蔵珈琲」です。

 

名前の通り、岩蔵温泉が発祥の「ご当地コーヒー」ですね。

 

地元青梅の焙煎名人・ノブユキ氏がプロデュースしたと言われる珈琲豆を使用。

香りが高く、味わい深い本格派です。

 

ブラックで飲んだけれど、スッキリしていて美味しかった。

苦味少な目、酸味少し、ほんのり甘みアリ。

バランス派でしょうか。

 

また飲みたいな。

 

CAFE YUBA(カフェユバ)とは?

 

岩蔵温泉の中心地にあるのが、CAFE YUBA(カフェ湯場)です。

岩蔵珈琲を飲むことができます。

 

湯葉ではなく、湯場。

田舎の民家に来たかのような、素朴で温かいカフェです。

(でも結構広い)

 

儘多屋(ままだや)という明治16年創業の温泉宿の目の前。

※オーナーが同じらしい。

 

地元・小曾木の川鍋養鶏場の新鮮な卵を使った手作りのスイーツは絶品。

  • シフォンケーキ
  • ベイクドチーズケーキ
  • さつまいもケーキ
  • ガトーショコラ

スイーツメニューは、すべて手作りでおいしい。

 

そして、地元の焙煎名人・ノブユキ氏の珈琲豆を使用した「岩蔵コーヒー」も本格的。

さらに、瑞穂町・茶工房西村園の紅茶「東京紅茶MIZUHO」も本格的。

 

本が所せましと並べられており、冬は薪ストーブが暖かく、春は桜、夏~秋はテラス席が素晴らしい。

一日中、のんびりゆったりと過ごせる、最高のカフェなんです。

▶CAFE YUBAの公式HP

 

岩蔵珈琲は450円、東京紅茶も飲める

カフェYUBAのドリンクメニューは豊富ですが、圧倒的人気は以下2種類。

  • 岩蔵珈琲(450円)
  • 東京紅茶MIZUHO(450円)

 

岩蔵珈琲は、注文を受けてから豆を挽き、丁寧なハンドドリップで提供してくれます。

香りが最高で、嗅いでいるだけで心がリラックスしました。

 

東京紅茶はポットで提供。

ストレートで茶葉本来の味が楽しめます。

 

東京紅茶というブランドですが、周囲は全国的に有名な「狭山茶」の産地でもあります。

お茶の生産地としてはかなり北に位置するため、味わい深いことで有名です。

(静岡や宇治よりも北)

 

カフェユバは読書カフェで一日中過ごせる

カフェユバは、ブックカフェでもあります。

飾りとして、スタイリッシュな本を置いている訳ではありません。

 

図書館や古本屋のように、

あらゆるジャンル、あらゆる形式の本・雑誌が本棚にたくさん。

 

都心のスタイリッシュな読書カフェとは全然違います。

落ち着くし、何時間でも過ごせるし、何度でも来たくなる。

 

実際、私がお邪魔した時は、常連のご夫婦がいました。

休みが合う時は、昼から夕方まで、ゆったりと読書と岩蔵コーヒーを楽しむそうです。

 

薪ストーブやテラス席が最高

キャンプ好き、焚き火好きの私からすると、カフェYUBA最大の魅力は、薪ストーブ。

 

パチパチと音を立てて薪が燃える音が最高。

遠赤外線効果なのか、暖房の何倍もあたたまります。

 

当日は少しお腹の調子が悪かったのですが、

暖炉の火を見て温まっているうちに、治ってしまったんですよね。

 

※おかげで、チーズケーキを食べすぎました。

 

清水牧場ウエストランドファームで「岩蔵珈琲」味のジェラートが

岩蔵温泉からドライブで20分ほどでしょうか。

東京都瑞穂町にある「清水牧場ウエストランドファーム」では、岩蔵珈琲フレーバーのジェラートが食べられます。

 

これまた大人気。

新鮮な牛乳を使ったジェラートに、岩蔵珈琲の香りと味わい。

特に大人がよく注文していきます。

(東京紅茶フレーバーも人気)

 

ここで「岩蔵珈琲って何だろう?」と疑問になるお客さんも多いですが、

お隣の青梅市のご当地コーヒーなのですね。

 

 

ちなみに、カフェYUBAでもウエストランドファームのジェラートを販売しています。

地元の名店同士、提携している感じかな。

 

【まとめ】岩蔵珈琲とは地元青梅のおいしいコーヒーです

今回のブログ記事では、岩蔵珈琲とは何なのか、どこで飲めるのか、情報をまとめてきました。

 

要点をまとめると、

  • 岩蔵珈琲は青梅市の地元焙煎名人のコーヒー
  • バランスがとれたスッキリ味でおいしい
  • 岩蔵温泉のCAFEYUBAで飲める
  • 瑞穂町のウエストランドファームでジェラートが食べられる

といった内容でしたね。

 

岩蔵珈琲って、なんだか名前が渋くてカッコいい。

すごくおいしそうに聞こえませんか?

 

そんな岩蔵珈琲を、今後も応援したいと思っています!

カフェYUBAも素敵だし、ジェラートも美味しいし!

 

みなさんも、是非ご賞味あれ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました