【イルデパン観光】カヌメラ湾・クト湾で世界遺産のビーチを堪能@ニューカレドニア

カレドニア 観光

ニューカレドニアの離島・イルデパンといえば、「カヌメラ湾・クト湾」の観光が必須です!!

  • イルデパンの世界遺産サンゴ礁とは?
  • カヌメラ湾・クト湾とは?
  • おすすめ観光スポットの楽しみ方は?

このような疑問をお持ちの方に向けて、ブログ記事に情報をまとめました。

イルデパンのサンゴ礁は、世界遺産に含まれています!

天然プール「ピッシンヌ・ナチュレル」と並んで、カヌメラ湾・クトビーチも、イルデパンの日帰り観光ツアーに必ず組み込まれている必訪スポット!

「海の宝石」と呼ばれるイルデパンが誇る観光スポット「カヌメラ湾とクト湾」のビーチの素晴らしさはどこにあるのでしょうか??

今回のブログ記事では、実際に旅行してきた私が、おすすめの遊び方まで徹底解説しちゃいます!!

スポンサーリンク

カヌメラ湾・クト湾の場所はどこ?【イルデパン観光】

カヌメラ湾クト湾は、イルデパンの南西クト(Kuto)という村にある2種類のビーチです。

二つのビーチ間の移動は歩いて20分ほど!

 

カヌメラ湾は「ウレテラリゾート」というホテルの目の前に広がる入り江になったビーチで、シュノーケリングに最適。

 

クト湾は「クブニー」というホテルの目の前に広がる西を向いた入り江で、夕日がきれい。

また、ニューカレドニアのビーチの中でもトップレベルの純白のパウダーサンドで有名です。

 

イルデパンの周りはサンゴ礁に囲まれており、そのすべてが世界遺産登録区域です。

世界遺産の海で遊べるなんてすごいですよね!

▶ニューカレドニア旅行で世界遺産のサンゴ礁を楽しむ!【日帰りでもツアーでも】

 

ちなみに、ピッシンヌ・ナチュレルという天然プールは、イルデパンの反対側(北東)にあります。

正直、イルデパン観光=これら3つのビーチ観光、と言っても過言ではありません。

ノカンウイ島のツアーというのもありますが…

▶【ピッシンヌ・ナチュレル】イルデパンの天然プールは異世界

 

イルデパンの観光スポット「カヌメラ湾」はシュノーケリングにおすすめ!

カヌメラビーチは、シュノーケリングにおすすめです!

 

写真左側の建物は「ウレテラリゾート」という私の宿泊したホテル(全棟コテージ)のレストランです。

そして前面に広がっている透明な海こそ「カヌメラ湾」!!

 

ここはピッシンヌ・ナチュレルにも勝るシュノーケリングスポットです!!

砂浜から10メートルも泳ぐと、すぐにサンゴ礁が出現し、そこに大小さまざまな熱帯魚が住んでいます。

 

自然そのままの海という感じで、海藻やサンゴがワイルド!

魚たちも観光慣れしていませんので、より大自然の海中を感じることができます。

(ピッシンヌ・ナチュレルの魚たちは、観光客慣れしているのか、パンがもらえると思って向こうから寄ってきたりします^^)

他の場所では見ることのできなかったイカもいました!

イカって意外にもあまり泳がないで、漂っているだけなんですね!

 

ダツの大群、イワシの大群、クラゲの大群に遭遇したのもカヌメラ湾でした。

あまり刺さないクラゲでしたが、気づいた時には360度取り囲まれていて焦りました。

泳ぎながら、怖くて暴れました。笑

この写真の右側に波に侵食されて空中に浮いたような小島があり、

その周りが特に人気のシュノーケリングスポットのようでした!

 

人気観光地といっても時間帯によっては、

ビーチが貸し切りになるほど穏やかで静かなビーチです!

 

イルデパンの観光地「クト湾」はパウダーサンドで夕日にもおすすめ!

クト湾(クトビーチ)は、ニューカレドニアで最も純白と言われる白い砂浜で有名です。

砂が白く、海が透明なので、太陽が色々なところに反射してまぶしい!

 

絵葉書で観るようなきれいなエメラルドブルーの海は、見ているだけで癒されます。

クト湾では、自慢の砂浜に寝っ転がり、砂を自分にかけてみましょう。

泥パックのようにひんやりして、なんだかお肌にも良さそうです。

 

まあ、泥パックって本物はやったことがないし、海の砂が本当に肌にいいのかはわかりませんが、それでも私は本当にツルツルになったような気がしました。

 

砂というよりは煙とか液体のような存在です!!

パウダースノーって感じでしょうか?

 

そして西側に位置しているクト湾では、海岸線に沈む美しい夕日を眺めることもできます。

イルデパン随一のサンセットスポットなのです!

 

※アンスバタにあるアクアというお土産屋さんで、泥パックが商品化されてましたよ^^

>>【ニューカレドニア】雑貨・お土産は日本人オーナーのアクア(AQUA)がおすすめ!

 

そしてこのクト湾は、シュノーケリングにはあまり向いていません。

サンゴが遠くにあるのか、魚もほとんどいません。

シュノーケリングするなら、カヌメラビーチ!

 

【イルデパン観光】カヌメラ湾とクト湾は歩ける距離!

ここまで紹介してきたイルデパンのカヌメラ湾とクト湾ですが、この2つのビーチは歩いて行き来することができます。

※先程の地図をご覧ください^^

 

ビーチと一部林になっているところを歩いて、約20分

 

昼から夕方まではカヌメラ湾でシュノーケリングをしたり、カヌーを楽しんだりして、

夕方は歩いてクト湾へ移動してみると夕日が海に反射して素晴らしいです。

 

ただビーチで寝っ転がったり、海に漂っていたりするだけで幸せな気持ちになります。

あと、野良犬がいますよ!!

スタイリッシュ!可愛い!

 

イルデパンの観光スポット「カヌメラ湾」「クト湾」で世界遺産を

ニューカレドニアのイルデパンに来たら、必ず訪れるであろうカヌメラ湾とクト湾について紹介しました。

イルデパン周辺のサンゴ礁は、世界自然遺産に登録されています。

世界遺産のビーチで自由にシュノーケリングできるなんて、不思議な経験です!

 

カヌメラ湾ではシュノーケリング、クト湾では泥パックと夕日がおすすめ!!

 

シュノーケリングが大好きな私は、自前のシュノーケリングセット・水・おやつ・レジャーシートを持って、色々なところでシュノーケリング比べをしてみました。

 

その結果、一番面白かったのはカヌメラ湾かもしれません。

ピッシンヌ・ナチュレルにも負けないそのワイルドな水中を、是非お楽しみください!!

 

カヌメラ湾を楽しむなら、ホテル「ウレテラ」で決まり!!

▶【ニューカレドニア】イルデパンの人気ホテル『ウレテラ』が超おすすめ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました