【自民党】国民を舐めるな!でも日本の政治が終わってるのは国民の責任

雑記

自民党政権は、国民をナメてると思いませんか?

  • 嘘の答弁をしてもそのうち忘れてくれる
  • 都合悪い文書は改ざん・隠ぺい
  • どうせ日本国民は国会なんて見てないしご飯論法
  • IQの低いB層から人気票をもらえば政権とれる
  • 過半数とってれば多数決だからルール違反じゃない
  • 野党はどうせ大したことないから無視

このような態度が見え見えで、さすがに、みなさんも我慢の限界じゃないでしょうか?

 

Twitterデモも多くみられるようになり、SNSでは自民党政権への不満が爆発しています。

#国民を舐めるな、などのハッシュタグで投稿が過熱。

 

安倍晋三率いる自公政権の暴走を止めるためには、国民の覚悟と行動が必要です。

そして忘れてはいけないのは、安倍が暴走している責任は、私たち国民にあるということです。

 

日本の政治が終わってると嘆くだけでなく、責任を持って、変えましょう。

よく考えて、一票を投票しに行きましょう。

スポンサーリンク

【国民を舐めるな】嘘や捏造で誤魔化す戦法

改めて言うまでもなく、現政権は国民をナメています。

 

子どもの喧嘩でも成り立たないほどの嘘やごまかしが、国会という場で行われているんです。

改めて私が整理するまでもありませんよね。

  • アベノマスク問題
  • モリカケ問題
  • 働き方改革
  • 安保法制の強制採決

いや、個別の事案についてはもう、書ききれないのでいいです。

 

右翼だとか左翼だとか政治思想とか関係なく、とりあえず、一人の人間として。

嘘ついて、ごまかして、ばれても謝らないで誤魔化しきる…

これって、アウトでしょう。

 

子供がうそをついたら、叱りますよね。

悪いことをしたら、謝るように教えますよね。

 

国民をナメてるとはどういうことかと言うと、

「時間が経てばどうせ忘れてくれるから、今は誤魔化しとこう」という態度です。

  • 虚偽データ
  • 捏造データ
  • 公文書の改ざん
  • 報告書の隠ぺい
  • 密約の否定

こういうのは、物理的に、論理的に、確定の証拠があるわけです。

 

証拠があるのに、まだ謝らない。

誰からも信用されないのは当然だと思います。

 

もっと問題なのは、これを忘れてしまう日本国民です。

 

これだけ政府にバカにされておきながら、

  • なぜ忘れてしまう?
  • なぜ投票に行かない?
  • なぜ怒らない?

と思うのですが…

 

ご飯論法や信号無視話法も、国民をナメてる証拠

国会の答弁で、自民党議員が恥ずかしげもなく開き直るのも、国民をナメてる証拠です。

 

ご飯論法というのは、

「朝ごはんを食べましたか?」という質問に対して、

「食べていません。食べたのはパンです。」と答えるようなこと。

 

論点ずらしの不誠実答弁が何度も繰り返されていて、その様子は#ご飯論法と検索すれば、山ほど出てきます。

 

もうひとつ、信号無視話法という、くだらない国会答弁もあります。

赤信号なのに止まらず、進み続けること。

聞かれてもいないし、関係もないことを、ベラベラと話し続けます。

 

いつの間にか野党が発言する時間がなくなっていたり、問題点をうやむやにする、不誠実答弁です。

これも#信号無視話法で検索すれば、ノーカットの映像が山ほど出てきます。

 

ほんと、ため息が出ますね。

ただし、問題は、不誠実答弁をする国会議員がいることと同時に、こんないいかげんな政治家を当選させている国民の問題意識が低いことです。

 

  • 国会議員なんだから、頭がいいはず
  • 国民に選ばれてるんだから
  • 誰にでもなれる職業じゃないから優秀な人なのだろう

こういう、性善説にも続いた信用が、現政権に利用されています。

 

思考停止で信用するのは、詐欺だとわかっててお金を振り込むってことですよね。

 

明らかに、頭が悪い人が国会議員になっています。

明らかに、適当で責任感のかけらもない人が国会議員になっています。

 

不祥事があると、一時的にニュースやワイドショーで世論が盛り上がります。

  • 許せない
  • 辞めさせろ
  • 議員は給料もらいすぎだ

などなど。

 

でも、一時的なんです。

もっと根本的な問題を考えないと、変わりません。

 

選挙期間中に、地元の駅に安倍晋三が来て手を振っていた。

麻生太郎が笑っていた。

そんな理由で、「とりあえず自民党」に投票している国民に、ストップをかけたいです。

 

自民党はIQの低い国民「B層」の票を集めている

日本国民の中でも、IQの低い人たちを「B層」と呼びます。

 

これは、私が言っているのではありませんよ。

自民党が、言っているのです。

 

自民党の竹中平蔵氏が、広告代理店と選挙戦略をたてている資料の中に「B層」という単語があって、いっとき、話題になりました。

 

B層を、自民党票のメインターゲットにする選挙戦略を立てていたのです。

IQの低い、政治を知らない人たちの人気をもらっておこう、という訳です。

 

実際、小泉純一郎が総理になった時などは、

多くの国民が小泉総理を「良い政治家」だと思っていたはずです。

 

しかし、彼は郵政選挙で圧勝した後、すぐに引退しました。

その後の安倍内閣・福田内閣・麻生内閣は、ボロボロ。

※実際は、多くの日本人のことをB層とか呼んで、人気取りをしていただけ…

 

私も、自民党から「IQの低いB層」と呼ばれていたわけです。

かつては、小泉さんを支持していましたからね。

今となっては恥ずかしいです。

 

とりあえず自民党って何?頭悪いの?

選挙の投票が来るたびに思うのは、「とりあえず自民党かな」って言ってる人は、何を考えているんだろう?ということです。

 

正直、何も考えていないんだと思いますが、

何も考えてないなら、なぜ自民党?

 

戦後世界を経験した年配の方が、対米従属路線で世界第二位の経済大国になったときの自民党に対して、絶対的な信頼感がある、という話なら、仕方ないかなと思います。

 

でも、20代~50代くらいの若い人は、なんで今の自民党に投票するのでしょうか?

意味が分からない。

明らかに、国民をナメてるんです。

 

政治に詳しくなくても、野党に期待できなくても、自民党以外知らなくても、自分のことを馬鹿にしている政党を応援してどうするんですか?

 

国会を通して、あなたに嘘ついてるんです。

国会に、嘘のデータを持ち込んでるんです。

お遊び半分で不誠実答弁をしているんです。

 

「とりあえず自民党以外」っていうのが、正しい気がするのですが。

 

野党は批判ばかりで対案がない?対案を示せとかいう奴は頭悪い

こうして与党・自民党のことを批判していると、必ず出てくるのが、

  • 野党だって情けない
  • 野党の政党も駄目だ
  • 民主党政権もひどかった
  • 対案なき批判ばかり
  • いつまでも揚げ足取りばかり

といった、野党への不満。

 

こういう意見は、ある意味では正しいかもしれません。

民主党政権は結果的に日本の政治を悪くした面があるし、自民党の不祥事の揚げ足取りばかりして、対案を示さない。

なるほど、一理ありますね。

 

でも、野党は、与党を監視する役割があります。

与党が間違ったことをしようとしたら、反対する。

ここがおかしいのではないかと指摘する。

立派な、野党の仕事です。

 

それに対して、与党が「いや、こういうことだから大丈夫です」「おかしくないです。こんなデータと国民の声があります」と答える。

これこそ議論です。

 

だから、野党は批判ばかり、揚げ足取りばかりと言うけれど、役割としては間違っていません。

そして、

  • 対案なき批判ばかり
  • 野党は対案を示せ

とか言う頭のわるい人がいます。

 

それを信じて、「確かに野党は批判ばかりで対案がないからダメだ」とか思ってしまう国民も情けない。

 

政治とか国会とかで考えるからわかりにくくなるんです。

学校で、冬に修学旅行があるから、多数決で行き先を決めようとします。

ある人気者Aが「北海道がいい」と言います。

賛成する人はたくさんいます。

 

でも、冬の北海道は雪が積もるし、寒いので、安全性に問題がありますよね。

だから、「北海道は雪が積もってて危ないからやめよう」と批判するBが出てきます。

 

「じゃあ北海道以外、どこに行くんだよ」とAは対案を求めてきます。

でも、Bは悪いですか?

悪くないですよね。

 

どこに行くかは、またAもBも含めて、みんなで考え直せばいいですよね。

とりあえず、北海道は危ないからやめとこうか。

これはBの批判のおかげです。

 

批判されたAの側からすると、「対案もないのに批判しやがって」という感情になるのは人間的に理解できますが、「対案がないからBもダメだ」という意見は、意味が分かりません。

 

もちろん、Aって自民党支持勢力。

Bは野党勢力。

 

別に、野党は対案を示す必要性はありません。

とりあえずそれは違うよね、より良い方法を考えよう、という批判は価値があります。

 

ちなみに、野党は、割と対案的法案を議会に提出しています。

それに取り合わないのは、与党の方なんです。

 

自分たちの法案ばかり審議して、野党が提出した法案はほとんど無視。

これは制度上仕方がない部分もありますが、野党は「批判ばかりで対案がないからダメ」という意見は、ちょっと頭がおかしいです。

 

日本国民は政府に舐められている!とりあえず自民党以外に投票!

今回のブログ記事では、現政権が日本国民をバカにしてナメていることについて、述べてきました。

少しは伝わっていたら幸いです。

 

嘘やごまかしで乗り切ろうという姿勢は、

  • 国民はそのうち誤魔化せる
  • どうせ忘れてくれるだろう
  • 野党に負けることはない
  • 多数決だから民主主義だ
  • お金で解決してやろう

と、思われている証拠。

 

ちょっとくらい不祥事起こしたって、どうせすぐに忘れてくれるでしょ、と思われているだけで、ムカついてきませんか?

 

感情論は置いといたとしても、

国会で堂々と嘘をついたり誤魔化したりする政権には、政治を任せられません。

 

野党が情けないとか言う人もいますが、

とりあえず、自民党政権がひどいという事実は、どう考えているのでしょうか?

 

野党がイマイチだから、とりあえず自民党というのは、思考停止。

 

私は、とりあえず自民党以外に投票します。

この枝野演説を、全国民に読んでもらいたい。

 

ご意見・ご質問は、お気軽にお問い合わせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました