【夏休み】読書感想文はパクリでも大丈夫?バレないけどつまんない【楽しむ方法】

雑記

小中学生の夏休みの宿題といえば、読書感想文が定番。

このめんどくさい宿題の提出、パクリでも大丈夫なんでしょうか?

 

結論から言うと、読書感想文は、パクリでも大丈夫です。

クラスメイトと違う文章であれば、先生には、バレません。

 

でも、何となく盗作しているみたいで、つまんないですよね。

それならば、読書感想文を楽しむ方法を伝授しちゃいます。

 

課題図書なんて無視して、自分の読みたい本を勝手に読んでみたら、意外と楽しいもんです。

 

今回のブログ記事では、夏休みの面倒くさい宿題「読書感想文」について、パクリの問題点と楽しむ方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

読書感想文はパクリでもバレない?

まず、子どもたちの気になる質問。

読書感想文はパクリでも、先生にはバレないか?

 

結論としては、バレません。大丈夫です。

 

クラスメイトと同じ文章を提出すると、さすがにバレます。

でも、先生だって忙しいんです。

 

ネット上からパクっていないか、全てチェックすることはできません。

 

どうしても宿題提出の期限が迫っている時は、

自己責任でネットの読書感想文をパクりましょう。

 

一応、ばれないコツを教えておきましょうか?

  • ネット上の、有名でない文章(検索順位が低いもの)を参考にする
  • コピペではなく、少しだけ自分のオリジナルを入れる
  • 言葉遣いは自分なりに書く

といったところです。

 

かなり、小癪な方法です。

 

読書感想文くらいの簡単な宿題を自分の力でできないなんて、よっぽど努力が嫌いな人なのでしょう。

でも、ばれないと思いますので、どうしてもという人は試してみてください。

 

読書感想文って面倒くさいけど簡単な宿題

ちなみに、読書感想文って、書くのは面倒くさいけど、かなり簡単な宿題だと思いませんか?

 

だって、感想でいいんですよ?

別に、考えて書くことでもありません。

 

感想っていうのは、

  • 面白かった
  • つまらなかった
  • ここが感動した
  • ここの意味が分からなかった
  • 私もやってみようと思った
  • 私も行ってみたいと思った

とか、こんなことで良いんです。

 

ただ単に、夏休み中に本を一冊くらい読んでみよう、というだけのこと。

その感想を、文章で書く練習をしてみましょう、というだけのこと。

 

正直、こんな簡単な宿題、ラッキーです。

算数ドリルとか、漢字ドリルとか、あっちの方がよっぽどつまんないし、めんどくさい。

 

読書感想文なんて、本を読んでみて、親に感想を言うくらいの、気軽なスタンスで臨めばいいんです。

 

私に言わせれば、パクるまでもありません。

 

なぜ子どもにとって、読書感想文がめんどくさいのか?

なぜ、多くの子供にとって、読書感想文の提出ってめんどくさいのでしょうか?

その理由は、いくつかあります。

 

  • 本を読むのがめんどくさい
  • 感想を表現するのがめんどくさい
  • 長い文章を書くのがめんどくさい

といった理由があると思います。

 

でも、本当にこんな簡単な宿題ができないほどの面倒くさがりって、いますか?

 

要するに、つまらないから、面倒なんです。

▶【簡単】子どもの読書嫌いを直す、たった一つの方法【本を読むのが嫌い?】

 

読書感想文が楽しくなる方法【読みたい本を読めばいい】

読書感想文の宿題が楽しくなる、たった一つの解決方法を教えます。

 

それは、

読みたい本を読むこと、です。

 

本当に単純だけど、これが一番大事。

 

毎年、文部科学省が勝手に「課題図書」を選定しますよね。

あれは、クソみたいな制度です。

 

誤解を恐れずに言うと、

本がなかなか売れないから、国が推薦しちゃおう。

課題図書とか言っておけば、親が買ってくれるでしょ。

 

そういう制度です。

 

読みたくもない、特に興味もない本を読まされるから、子どもは読書感想文がつまらないんです。

大人だって、いくら他人におすすめされても、読んでて楽しくない本ってありますよね?

 

※私は、週に5冊ほど本を読む人間ですが、自分で読みたいと思ったものしか読む気になりません。

興味ない本読まされても「つまらなかった」という感想しか出ないでしょう。

 

どんな子どもにも、興味のあることってあります。

  • ゲームが好きだ
  • 友達と出かけるのが好きだ
  • お花や植物が好きだ
  • 虫取りが好きだ
  • 寝るのが好きだ
  • パソコンが好きだ

などなど、子どもの趣味は千差万別。

 

じゃあ、その趣味の本を読めばいいんです。

課題図書の中から読書感想文を出すなんて、ナンセンス。

 

プロのゲーマーが書いた本でもいいし、

旅行の本でもいいし、

花や植物の本でもいいし、

ファーブル昆虫記でもいいし、

睡眠についての本でもいいし、

パソコンについての本でもいい。

 

読みたい本なら、自然と感想も出てきます。

ただそれを、原稿用紙に書いてみればいいだけです。

 

読書感想文が楽しくなる秘密は、本選びにあるんです。

 

【親御さんへ】課題図書よりも大事なこと

読書感想文の宿題に向き合っている親御さんへのメッセージです。

 

是非、子どもに本を選ばせてあげてください。

 

もしも、我が子の欲しい本が、

  • ゲームが上手になる方法
  • 遊んで暮らせる方法
  • ラクして生きていく方法
  • ユーチューバーのなり方

とか、そんな本でも、買ってあげてください。

 

読みたい本を、読んでみることが、何よりも大事です。

※あまりに低俗な本だと、悪影響になる場合もありますが。

 

「課題図書は優れているに違いない」と、あなた自身読んでもいないのに、盲目的に信じて買ってしまうのは、馬鹿げています。

 

私が小学生の親なら、クーラーの効いた図書館に連れて行って、面白そうな本を選ばせます。

2週間も借りられるんですから、読書感想文を書くくらいできます。

 

無料で、自分の力で、ある程度良質な本で、感想文が書けます。

 

どんな本だって、いいでしょう。

課題図書への「見栄」のようなものは捨てましょう。

子どもの素直な興味関心が、一番大事です。

 

読書感想文の宿題がつまらないなら、パクるんじゃなくて楽しい本を買おう

今回のブログ記事では、読書感想文の宿題について、持論をまとめました。

 

つまらないから、他人の文章をパクる。

先生にはバレないけれど、罪悪感はあるし、結局つまんないです。

 

どうせ同じように長い文章を書かなくてはいけないんだったら、楽しむ方法で挑戦してみたらいいんです。

 

読書感想文を楽しむ方法とはずばり、

課題図書なんて読まないで、興味のある本を選ぶこと、です。

 

これだけで、つまらなくてめんどくさい宿題は、一気にマシになります。

見栄を張らずに、どんな本でもいいんです。

 

大人になった私でも、

図書館に1時間もいれば、読みたい本が5冊~10冊くらい見つかります。

 

読書嫌いの子供っていうのも、

つまりは、面白い本を読んでいないだけではないでしょうか?

 

時には、親が子供におすすめの本を紹介できるくらいでないと。

うちの子どもは本を読まなくって…とか嘆いていないで、まずは親が楽しそうに読書しましょう。

 

子どもの読書感想文は、毎年のように出される宿題です。

長い付き合いになりますので、読書の習慣はお早めに。

 

▶【文章】一時間で何文字書ける?平均値は?考えながら書く練習をすれば2000字!

コメント

タイトルとURLをコピーしました