お盆・夏休みにニューカレドニア旅行!7月・8月シーズンは冬の時期【南半球で避暑?】

カレドニア 基本情報

お盆・夏休みのニューカレドニア旅行をご検討でしょうか?

日本人が大好きな海外リゾート地ニューカレドニアですが、7月・8月の夏休みの時期はどうなのでしょうか?

南半球のニューカレドニアは、実は日本が夏休みの時は冬のシーズンです。

ビーチで泳げないほど寒い日もあります・・・が、避暑だと思えば最高です^^

治安が良く、英語や日本語で対応でき、直行便で8時間半のフライトで、それでいて天国に一番近い大自然を味わえるのです!!

この記事では、お盆・夏休みの時期にニューカレドニア旅行を検討される方に向け、基本情報をまとめてみようと思います!!

お盆・夏休みのニューカレドニア旅行はどう?混雑は?

ニューカレドニア旅行はいきたいけど、夏休みは混みそうだし諦めるかな・・・なんてお考えの方、是非協力させてください!!

夏休みにまとまった休みがあるのなら、ニューカレドニア旅行がおすすめです!

個人手配なら3日前くらいの直前でも間に合いますよ!

私の場合、国内旅行と同じノリで海外旅行へ行ってしまいますが、本当に大事なところの準備だけできていれば、あとは何とかなります!

天国へGOです!

 

【ニューカレドニア】夏休みの時期の航空券!お盆も空席アリです!【直行便エアカラン】

夏休みのニューカレドニアは、航空券が満席?混雑しそう?どうなのでしょうか?

まず、ニューカレドニア旅行へは、エアカランの直行便を利用します!!

成田~ヌメアで、8時間半のフライト時間です!

詳細は以下の記事に譲りますが、快適な空の旅を楽しめるのが魅力です!!

▶ニューカレドニアへの飛行機は1人6万!8.5時間!【直行便エアカラン】

 

ちなみに、8月9日現在、8/15発⇒8/21戻りで往復10万円を切る空席がありましたよ!!

エアカランの公式HPは日本語対応しており、最安値日程を探しやすいです!!

日本が夏休みの旅行シーズンなので、普段より若干高いですが、それでも往復で10万円を切ります!!

諸税込みですよ!日本国内の飛行機代も、結構な金額になりますよね??いかがでしょうか?

旅程の検索は、【エアカランの公式HP(日本語です)】で空席や最安値の日程を探し、もし予約するなら【エクスペディア】でしましょう!

ホテル代がお得になったり、ポイントが付与されたり、良いことがありますよ!!

 

夏休みにニューカレドニアなんて不安・・・でも治安は日本より良いです!

ニューカレドニア旅行への不安のひとつに、治安・安全性があると思います。

良く知らない国へ行くわけですから当然ですよね。

ただ、ニューカレドニアは日本よりずっと治安が良いと思います。人々はみな親切で、挨拶をしてくれますし、日本人に対しても優しいです!

詳細は以下の記事に譲りますが、安心して観光できること間違いなしです!

▶ニューカレドニアの治安は日本より良い!【セキュリティ万全】

 

ニューカレドニアの言語は?フランス語は話せないけど夏休みまでに特訓が必要?

ニューカレドニアはフランス語が基本言語ですが、カタコト英語でも十分に旅行できます!

日本人の観光客も多いため、レストランやホテルには日本語の案内も多く存在しています!

ちなみに、中国人はほとんど見かけませんでした。不思議なほど、いませんでした。どこにでもいるのに・・・

▶ニューカレドニアは中国人がいない国!【中国語より日本語の方が多い理由は?】

フランス語は、以下の記事で紹介する4単語のみでOKですよ!!

▶ニューカレドニアの言語はフランス語【英語が通じないのは・・・】

 

ニューカレドニアは南半球!夏休みはシーズンとしてどうなのか?

夏休みの時期は、ニューカレドニアの気候はどのようなシーズンなのでしょうか?

日本が夏の8月・9月あたりは、南半球のニューカレドニアは冬~春になってくる頃です!

 

気温は23~25℃ほどで、雨は少なくて気持ち良い時期。

海に入るには少し寒いくらいです!避暑しに南半球へ行くなんて、オシャレだと思いませんか!?(何が?)

天気・気候・気温・雨量については、以下の記事がおすすめです!!

▶ニューカレドニア旅行のベストシーズンは?【9月~12月だけじゃない】

▶ニューカレドニアに雨季はない!【スコールが過ぎれば晴れ】

▶【ニューカレドニア】7月・8月・9月の気温・水温は?泳げる?泳げない?【南半球は真冬の時期】

ニューカレドニアで楽しい夏休みを過ごそう!おすすめ海外旅行先です(まとめ)

お盆・夏休みを利用して、ニューカレドニアへ旅行してみてはいかがでしょうか!?!?

きっと、「天国に一番近い島」と呼ばれている意味がお分かりいただけると思います!

圧倒的な大自然と、穏やかに流れる時間に、癒されること間違いなしです!!

 

ニューカレドニアを、「南の島」として考えると、その魅力はぼやけてしまうかもしれません。

いわゆる、ハワイ・グアム・フィジー・タヒチなどと比べると、買い物施設は少なく、観光地も派手さがありません。

ニューカレドニアにあるのは「自然」です。

 

南太平洋の島国ならではの大自然と、フランス領ならではのオシャレさが混ざっています。

皆さんも是非、ご検討ください!!なんでもご質問受付中です!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました