【アナリティクス】アクティブユーザーの動向とは?意味と増やす方法【AUとUUは同じ】

旅行ブログ運営

Googleアナリティクスの画面で「アクティブユーザーの動向」というレポートがありますよね?

あれってどういう意味で、何を分析するために使うのでしょうか?

  • アクティブユーザーとは?
  • ユニークユーザーと意味の違いは?
  • Googleアナリティクスのアクティブユーザー確認方法
  • 使い方と増やす方法

このような情報をお探しの方に向けて、ブログ記事を書きました。

結論としては、期間中に何人サイトを訪問してくれたかという指標で、単純にそのブログの人気度を表す、アクセス解析で重要な意味を持つ数値です。

SNSの人気度を表すためにMAUという数値も使われますが、今回はブログやサイトに対してのアクティブユーザーの意味を紹介していきます!

スポンサーリンク

アクティブユーザー(AU)とは何?意味は?

アクティブユーザーとは、一定の期間内にブログ・サイトを訪れた人の数です。

(※AUと英字表記されることもあります)

 

期間内に同じ人が何度訪れても、アクティブユーザー数は1AUとカウントされます。

※セッション数は、同じ人が3回ブログに来てくれたら、3セッション。

 

期間は「日間」「週間」「月間」で分けられることが多いです。

  • デイリーアクティブユーザー(DAU)
  • ウィークリーアクティブユーザー(WAU)
  • マンスリーアクティブユーザー(MAU)

なんて呼ばれたりもするみたいです。

 

そういえば、SNSの人気度調査などで「FacebookのMAUが20億人を突破」「ラインのMAUが9000万人超え」とか、ニュースになっていたりします。

 

つまりアクティブユーザーの意味とは単純に、何人の人に見てもらえてるのかな?という人気度を表す指標です。

ブロガーはPV数やセッション数を大事にしますが、より直接的に成果をマーケット分析するときに大事な指標となります。

 

ユニークユーザー(UU)と違いは?

 

アクティブユーザーと同じような指標に、ユニークユーザー(UU)というのもあります。

意味の違いは何でしょうか?

 

いくつか解説サイトを見て勉強したのですが、

アクティブユーザーとユニークユーザーは同じ意味です!!

ややこしい言葉ばかり作らないで;

 

厳密にはユニークユーザーとは、「総セッション数から重複ユーザーを除外した数値」ということですが、これはつまりアクティブユーザーと同じ意味…

グーグルアナリティクスでも同じ数値になります。

 

アクティブユーザーの確認方法【Googleアナリティクス】

AUの確認方法は簡単!

アクセス解析の定番、Googleアナリティクスでアクティブユーザーの動向を見ることができます。

 

トップページにもグラフ表示されますが、

左メニューの「オーディエンス」「アクティブユーザー」を選択して見ることができます。

  • 1日のアクティブユーザー数(DAU)
  • 7日間のアクティブユーザー数(WAU)
  • 14日間のアクティブユーザー数
  • 30日間のアクティブユーザー数(MAU)

を選択して確認することができます!

 

コホート分析とは?AUのリピート率を確認!

Googleアナリティクスでアクティブユーザーを確認できたら、コホート分析もしてみましょう!

コホート分析とは、アクティブユーザーがその後、再訪問(リピート)してくれたかどうかを確認する方法です。

 

確認方法は左メニューから「オーディエンス」「コホート分析」を選択。

ユーザー定着率を選択すると、グラフと表が出力されます。

 

ある日に急にユーザー維持率が増えていたら、その日のブログ記事にリピートさせる魅力があったのかもしれませんね^^

 

私はあまり確認しない指標ですが、たまに見てみると面白い発見があるかも。

ブログ運営は何年やってても、まだまだ知らないことばかりです…

コホートってなんだろう…

 

アクティブユーザーの動向の使い方・分析方法

アクティブユーザーの動向は、どのような使い方・分析方法があるでしょうか?

ブログ運営で言うと、

  • テーマ変更した意味はあったか
  • 内部リンクを整理した効果はあったか
  • 力作の新規記事の集客効果はどうか
  • キャンペーンでユーザーを呼べたか
  • ブログ全体の調子はどうか

といった効果測定に活用できます。

 

14日や30日のアクティブユーザーの動向を確認すれば、おおよその反響が見えてくるかもしれません。

また、MAUが減少しているブログは、何らかの対策が必要です。

(※はい、私です)

 

アクティブユーザーを増やす方法

 

ブログ運営者にとって、アクティブユーザーを増やす方法は、アクセス数を増やす方法と同じような意味ですよね。

ただ、セッション数・PV数を増やすための回遊率やリピーター獲得だけでなく、

じり貧にならないためのアクティブユーザー数の向上も視野に入れておくべきだと思います!

 

見る人が多いブログは、人気ブログですから。

そのために必要なのは、

  • オーガニック検索(検索流入)を増やす
  • SNSでの拡散を増やす

の2つの方法が効果的です。

 

SEO対策をした良質なコンテンツを投稿することで、ドメイン力を高めつつ検索流入を増やします。

検索流入(Organic)は、基本的に新規ユーザーの獲得につながります。

とにもかくにも、ブログ記事を書いて、リライトして、検索順位を上げるのがブロガーの仕事ですね!!

 

SNS(Social)の利用で、ブログ記事を宣伝・拡散することで、アクティブユーザーを流入させるのも忘れてはいけません。

自分から「いいね」「フォロー」を行い、積極的に交流していくのも方法の一つです。

 

アクティブユーザーの動向とは?グラフの意味と使い方

今回のブログ記事では、アクティブユーザーについて情報をまとめました。

いかがだったでしょうか?

 

単純に何人に見られているかという人気度を表す指標です。

Googleアナリティクスのトップページに動向のグラフがありますが、

ブログ内でキャンペーンやデザイン変更をした時の効果測定に使えます。

 

右肩上がりなら成功、右肩下がりなら失敗です。

 

アクセス数(PV数)ばかりに目を取られるのがブロガーですが、アクティブユーザーの動向を追うことで見えてくる新発見もあると思います。

 

今回のブログ記事が何かの参考になれば幸いです。

ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました