海外を住むように個人旅行。旅行ブログで稼ぐ方法も。

【マドリッド】プラド美術館を無料鑑賞【入口・見学時間・チケットなど詳細情報】

2018/06/21
 

マドリッドの必見観光スポット「プラド美術館」を無料見学できることを知っていますか?

スペイン王室の美術コレクション約300点を中心に、1819年に開館したヨーロッパの中でも大変歴史ある美術館です。

通常の入場料は大人ひとり15ユーロなのですが、なんと夕方以降に入場することで無料見学ができます!!

このブログ記事では、プラド美術館を実際に無料観光してきた私が、2018年現在最新の入場口・無料開放時間・チケットなどの詳細情報をまとめます。

マドリッドの観光地「プラド美術館」とは?

スペインの首都マドリッド(マドリード)の観光スポットとして外せないのがプラド美術館です。

私は芸術に疎いので恐縮ですが、それでも名前を聞いたことがある「ベラスケス」「ゴヤ」「エル・グレコ」といった巨匠の作品が数多く展示されていました。

世界史の授業で見たことのある作品も、実物を鑑賞することで、何か感じるものがあります。

特に有名な作品はベラスケスの「ラス・メニーナス」/ゴヤの「着衣のマハ」「裸婦のマハ」/エル・グレコの「ある騎士の肖像」などです。

その他、現在の常設展示作品は1400点以上で、敷地も超広いです。

そんな「プラド美術館」は、マドリッド中心地の南東エリアにあります。

地図はこちらです。位置を確認してください。

プラド美術館(Museo Nacional del Plado)

  • 開館時間:平日・・・10~20時/日祝日10~19時
  • 休日:1月1日,5月1日,12月25日
  • 入場料金:大人15ユーロ、65歳以上7.5ユーロ、学割無料
  • アクセス:メトロのアトーチャ駅から徒歩8分。レンフェのアトーチャからだと10分ほど。

 

プラド美術館の無料鑑賞時間とは?フリーチケットを手に入れろ!

プラド美術館はヨーロッパ屈指の美術館ですが、なんと夕方18時以降は無料開放しています。

(日曜・祝日は17時以降なので要注意です)

閉館時間の2時間前からの無料開放なので、行列に並ぶ時間も入れると、鑑賞できる時間は2時間もありません。

もしも、あなたが絵画や彫刻などの芸術をじっくりと鑑賞したいなら、無料ではなく有料で事前予約することをおすすめします。

「プラド美術館に行きたいけど旅費を節約したい人」「とりあえず芸術に触れてみたい人」「目当ての作品が決まっている人」は、是非、美術館のお言葉に甘えて無料で見学しましょう!!

 

プラド美術館にタダで入場するにはチケットが必要?

プラド美術館への無料入場に、特に事前準備するものはありません。

チケットは行列に並んでいれば、0ユーロのものを発券してくれます。

ちなみに、チケットの裏側にはランダムで絵画作品が印刷されています。

あなたは誰のなんという作品でしたか?(私のやつは、何ですか^^;?)

 

【プラド美術館】無料見学の入場口と行列の目安について

プラド美術館には入場口が3つあります。

ゴヤの扉、ヘロニモスの扉、ムリーリョの扉です。

この中で無料入場チケットを入手できるのは「ゴヤ門」の入口です。

18時近くになってくると、大勢の観光客が行列を作るので、わかりやすいと思います。

私は6月中旬月曜日の17時半ごろにプラド美術館北門に到着しましたが、その時にはすでに数十人の行列ができていました。

木陰の芝生エリアで腰掛けながら、18時を待ちます。

iというシャツを着たインフォメーション係の人が数名いますので、行列の最後尾がどこなのか質問してみるといいと思います。

「free tickets?」と聞けば教えてくれます!

少しでも鑑賞時間をとりたい人や、そのあとゲルニカも無料鑑賞したい人など(私です)は、最低でも30分以上前にプラド美術館に行くことをおすすめします。

また、夏休みなどのハイシーズンの場合はもっと余裕をもって並んでおくことをおすすめします!!

 

マドリッドのプラド美術館を無料見学しよう!(情報まとめ)

このブログ情報を参考に、マドリッドの人気観光地「プラド美術館」の無料開放時間を利用しましょう!

平日は18時以降、日曜と祝日は17時以降が無料です。

30分前に列に並べるようにしておくと、スムーズに観光できますよ。

入場口は北側の「ゴヤ門」に向かえば間違いありません。

美術館の中には、カフェ・図書館・お土産ショップもあります。

閉館までの2時間、ヨーロッパ最高峰の美術館を思い思いに楽しみましょう^^

 

※ピカソの『ゲルニカ』を無料鑑賞する方法はこの記事にまとめています↓↓

▶【マドリッド】ピカソのゲルニカを無料鑑賞【見学時間・チケット情報】@ソフィア王妃芸術センター

Copyright© 天国に一番近い個人旅行 , 2018 All Rights Reserved.