海外を住むように個人旅行。旅行ブログで稼ぐ方法も。

【ニュージーランド】中国人が多い理由は?観光客も留学生も。

2018/02/04
 

ニュージーランドには、中国人が多くいました。

14日間の滞在中、その姿を見かけない日はなかったかもしれません;

ニュージーランドの主要な観光地には、大型バスで中国人観光客がわんさか来ていました!

大きな声で、中国語で、叫ぶように話している姿を見ると、パワーを感じずにはいられません^^;

この記事では、ニュージーランドに中国人が多い理由を考えます。

ニュージーランドには中国人観光客が多い!その人気の理由は?

ニュージーランドでは、毎日のように中国人を見かけました。

移民の街オークランドでは留学生と見られるアジア人の若者が本当に多かったし、

観光地ロトルアでは大型バスで温泉に入りに来ていたし、

テカポ湖でも大型バスで『善き羊飼いの教会』に来ていたし、

ミルフォードサウンドでは中国語のアナウンスも流れていたし、

クライストチャーチの動物園にも中国人が多く来ていました。

 

まあ中国人は、14億人もいるのですから、世界中どこにでもいますよね^^

それにしてもニュージーランドでは、日本と同じくらい見かけたので、少し驚きました!なぜでしょうか?

人気の理由1.中国人にとってニュージーランドは身近な英語圏で、四季がある

ニュージーランドに中国人が多い理由として、

他の英語圏よりも近いこと・四季があることが考えられます。

中国でも英語を学ぶことが重要視されており、イギリス・アメリカ・カナダなどへ留学する中国人も増えているようです。

しかし上記の英語圏の国よりも、オーストラリアやニュージーランドの方が距離が近く、時差も少ないです。

また、中国と同じようにニュージーランドにも四季があるので、過ごしやすいのかもしれません。

 

人気の理由2.ニュージーランドの大自然と、おおらかなニュージーランド人

ニュージーランドには、中国とは一味も二味も違う大自然が広がっています。

大陸続きの中国に対して、小さな島国のニュージーランドは、ダイナミックで感動的なだけでなく、

空気や水がきれいで、当然PM2.5?などの環境汚染とも無縁です。

そのうえ、ニュージーランド人は観光客や留学生を歓迎してもてなす文化があるようで、

日本人の私にも過剰なくらいお世話をしてくれました。

バス停で待っているだけで「どこまで行くんだい?」と声をかけてくれたり、

道を尋ねるとわざわざ歩いて近くまで連れて行ってくれたりします^^

そのあたりも、中国人がニュージーランドを選ぶ理由なのかもしれません。

 

人気の理由3.ニュージーランドと中国の経済協力や観光ビザの優遇

あまり知らなかったのですが、

中国とニュージーランドは外交的に結びつきが強いようです。

中国の一帯一路構想に、先進国で初めて同意したのがニュージーランド。

毎年2桁で成長している中国人観光客からの観光収入が、経済成長の基盤になっているのでしょう。

以前までは爆買いのイメージが強かった中国人観光客も、現在は体験を求める旅行にシフトしているそうです!!

 

そんな中、ニュージーランドは中国人に対して特別に5年間有効なマルチビザを発行しています。

日本人に対しては通常の3か月のビザですから、優遇がスゴイですね!

これによって中国人は期限を気にせず、ニュージーランドに5年間住むこともできてしまいます。

世界各国が移民・ビザ・永住権などに慎重な対応を見せる中での異例の好待遇ですから、

中国人の富裕層にとっては嬉しいでしょうね^^

私も5年間、ニュージーランドに住みたいです。※お金はありませんが。

ニュージーランドに中国人観光客・留学生が多い理由(まとめ)

ニュージーランドの全観光地に、中国人観光客の姿がありましたので、その理由をまとめてみました。

おそらく「英語圏の中では近くて過ごしやすい」「大自然と穏やかな人々」「経済協力とマルチビザ」が主な理由なのかなと思います。

 

ちなみにロトルアのB&Bのおばちゃんは、

「以前は欧米人が多かったけど、ここ数年はすっかり中国人が増えた。

色々な個性ある人々と触れ合えて、こんなに楽しいことはない」と言っていました。

時代の移ろいを楽しむ余裕があるようでした^^

 

その隣で朝食を一緒に食べたドイツ人夫婦は、

「どこに行っても中国人だらけ。昨日の温泉では大声で話してて、まったくうるさかったよ」

的なことを言っていました^^;

確かにうるさいけど、悪い人たちではないですよね。個性が強いんです。笑

 

※同じく南太平洋「ニューカレドニア」には、中国人が全然いませんでした。対照的!!

▶ニューカレドニアに中国人がいない。少ない理由は?【日本語の方が多い】

Copyright© 天国に一番近い個人旅行 , 2018 All Rights Reserved.