ニュージーランドのコンセントはOタイプ!【プラグと電圧】

   

ニュージーランドのコンセントプラグ・電圧は日本とは違います!

海外旅行で気になるプラグ形状と電圧ですが、

ニュージーランドでは【Oタイプのプラグ】で【230・240V】という規格です。

旅行中に欠かせないスマホ・カメラ・パソコンの充電のためにも、事前にOプラグを用意しておきましょう!

この記事では、ニュージーランドのコンセントと電圧についてまとめます。

ニュージーランドのコンセントプラグはOタイプ!

前述の通り、ニュージーランドのコンセントプラグはOタイプです。

ハの字型になっていて、差込む穴は3つあるのですが、上2つだけでOKです。

(下の穴はアース線だそうです)

ニュージーランドでは、このO型のコンセントを指した後、ボタンでON・OFFの操作をしないと通電しません!

コンセントを差し込んで充電した気になっていたけど、朝起きてみたら通電していなかったときは、結構焦ります。

 

O型のコンセントプラグとは?ニュージーランド以外で使える国。

O型のコンセントプラグとは、これ↑のことです。

私は複数個使いたかったので、ダイソーで2つ購入しました^^

100均をなめてはいけません。今まで何個も買ってますが、壊れたり使えなかったりしたことは一度もありません!

もちろん、海外旅行が好きなら、マルチプラグがあった方がいいです^^

ちなみに、Oタイプのプラグはニュージーランドの他に、

オーストラリア・中国・フィジー・フィリピンなどで利用できます!!

 

ニュージーランドの電圧は230/240V

ニュージーランドの電圧は「230-240V」となっています!

日本は世界的にも珍しい100Vですから、日本の電化製品をニュージーランドで使うには、変圧器が必要となります。

しかし、最近の日本の家電は【100-240V】と、幅広い電圧に対応できる仕様になってきています。

例えば、私のPC充電器にも書かれています↓↓

このような家電であれば、ニュージーランドでも変圧器なしで利用することができます!!

 

変圧器を利用してまで使いたい日本の家電を、私はまだ持っていないのですが、

もしどうしても!という時は、こちらの変圧器がおすすめです^^

ニュージーランドの電源・コンセント・電圧について(まとめ)

ニュージーランドの電源コンセントは「Oプラグ」「O型」と呼ばれているものです。

そして電圧は「230-240V」です。

海外旅行でこの確認と準備を怠ると、かなりのハプニングになってしまいます。

スマホが使えないと、カメラはもちろん、航空券のEチケットやホテルの予約ナンバーなども、確認できなくなってしまうからです。

電源なしでの旅行はあり得ないと思いますので、もし変換プラグを忘れたら現地で購入することになると思いますが、

高くてかさばるものばかりです。

(オークランドにダイソーがあるようですが、250円均一らしい)

 

是非この記事を参考に、ニュージーランドの電源・コンセントプラグ・電圧について確認・準備をしましょう^^

 - ニュージーランド