雑記

【謎】ヨドバシドットコムは送料無料…なぜ?赤字でしょ?有料化の噂は

雑記

ネット通販の「ヨドバシドットコム」は一部のユーザーに大人気。

Amazonにも楽天にも負けないポイントは「全品送料無料」という驚きのサービス…!

  • ヨドバシは本当に全品送料無料?
  • ヨドバシが送料無料なのはなぜ?
  • 100円の文房具を無料で配達したら赤字でしょ?
  • 送料が有料化することはある?いつまで無料?

このような情報を、ブログ記事にまとめました。

 

結論としては、ヨドバシ・ドット・コムは「送料無料」で顧客囲い込み&宣伝広告をしているということでしょう。

 

ひとつ100円のペンを送料無料で届けたら、圧倒的に赤字。

それでもリピーターが次に大型家電を買ってくれたり、Amazonよりヨドバシ使おうと思ってもらったり、総合的な経営判断として、送料無料にしているという訳ですね。

 

ヨドバシエクストリーム便という自社配送も活用し、「速いし丁寧なのに無料」という素晴らしい口コミ・評判・評価を得ているヨドバシについて、徹底解説します!

 

★ヨドバシ最強説についても、合わせて読まれています!

▶【凄い】ヨドバシドットコムが最強!驚きの特徴&お得な使い方

ヨドバシドットコムは全品送料無料?

→はい。

ヨドバシドットコムは、本当に全品送料無料です!

  • ペンなどの文房具
  • 洗剤など日用品
  • サプリメントやコスメ
  • 食品やお酒
  • ペット用品

などなど、家電以外の取り扱いも多いのに、送料は0円。

 

【1品でも日本全国配達料金無料でお届け】と、堂々と宣言しています。

 

昔々はAmazonも送料無料でしたが、今では「2000円以上の注文金額」が条件になってたりしますよね。

ヨドバシは無条件…スゴイ!!

 

ヨドバシエクストリーム便とは?

ヨドバシエクストリーム便とは、ヨドバシが自社運営する配送サービス。

ヤマトとか佐川に依存せず、自社の配達網を持っているのがヨドバシの強みです!

 

首都圏や都市部の「地域限定」ではありますが、ヨドバシが自社配送していて「最短当日受け取り」という速さも売り。

正社員が直接自宅まで届けて、「お買い上げありがとうございました」と挨拶してくれるという徹底っぷり。

 

もちろん、ヨドバシエクストリーム便の対象外エリアでも送料は無料ですし、発送が遅いわけではありませんよ☆彡

 

ヨドバシドットコムが送料無料なのはなぜ?

ヨドバシドットコムが、100円の商品でも送料無料で配達してくれるのは、なぜでしょうか?

ちゃんとした理由がないと、赤字になってしまいますよね><

  • 顧客の囲い込み、リピーター狙いで
  • 広告宣伝費の代わりに
  • Amazonに対抗するため

ビジネス的な観点から見ると、上記3つの理由で、送料無料を実施しているのだと思われます。

 

少し詳しく見てみましょう。

 

送料無料をきっかけに顧客囲い込み

送料無料にできる理由の1つ目は、顧客囲い込み戦略にもとづいていると思われます。

 

例えば、100円の文房具をネット通販で買いたいとき。

  • Amazon:100円+送料
  • 楽天:100円+送料
  • ヨドバシ:100円(送料無料)

だったら、誰でもヨドバシドットコムを利用したくなりますよね!

 

ユーザー情報を取得して、メールアドレスなどをリスト登録できるのは、企業側の大きなメリットになります。

 

また、ユーザーとしても「ヨドバシって安いんだ」という好印象を持ちます。

次に家電を買う時も、「ヨドバシなら安いしポイントも使えるぞ」というように、リピーターになってくれるかもしれませんね!

 

このように、送料無料をきっかけにして、顧客囲い込みをしているわけですね。

 

広告宣伝費の代わり

ヨドバシが送料無料を採用している2つ目の理由は、広告宣伝費の代わりになるから。

 

ネット通販は、ネット上の広告に大きなお金がかかるそうです。

しかしヨドバシのように「全品、完全に送料無料」というのがネット上で自然に話題になれば、すごい広告になります。

 

実際に、TwitterなどのSNSでも「ヨドバシはすごい」「ヨドバシが最強だ」「Amazonよりも日本企業のヨドバシを応援」など、好意的なコメントが多いです。

 

「送料無料」をきっかけに、口コミ・評判で利用者が増えていくという算段ですね☆彡

 

Amazonに対抗するため

ヨドバシカメラ自体、Amazonが競合他社になっています。

「家電量販店で実物を確認したら、その製品をAmazonで注文する」という消費者って、少なくないですからね><

 

ヨドバシカメラとしても、ヨドバシドットコムとしても、Amazonはライバル。

「Amazonが2000円以上で送料無料なら、ウチは無料で勝負じゃあ!」ということですね。

 

ちなみに、個人的にはヨドバシがAmazonに買ってるのは送料だけではないと思ってます☆彡

 

詳しくは、別の記事で解説します。

▶【ひどい】Amazon二度と使わない/もう利用しない…信用できない理由8つ

 

送料無料で赤字にならない?

全国に100円のペンを無料で届けていると聞くと、ヨドバシドットコムは赤字にならないの…?と心配になります。

(完全なるおせっかいですが…)

 

しかし!結論から言うと、ヨドバシの売上は伸びていて、利益も出ています!

 

EC部門の売上高は、全社の30%。

ヨドバシカメラ店舗の売上も好調だし、不動産収入も大きいらしいですね!

 

つまり、「送料無料」の戦略が功を奏して、着実にお客さんから選ばれているということなのでしょう。

 

100円のペンを配送料無料で届ける。

この取引だけで考えれば、完全に、超絶に、赤字に違いありません…。

 

しかし、ヨドバシは総合的に、長期的に、経営戦略を捉えているのだと思います!

 

ヨドバシの送料無料はいつまで?有料化はありえる?

ヨドバシ・ドット・コムにおいて、現在のところ「送料無料がいつまで」という期限はありません。

 

「ヨドバシ=送料無料」という優良なイメージが浸透してきてますし、業績も悪くないため、送料無料は今後も継続するだろうと考えています。

 

しかし、同業者のビックカメラは、途中で「送料が有料化した」そうですね。

ヨドバシは有料化しないで欲しいところ…。

(多分、やめないはず。信じてます。)

 

▶【凄い】ヨドバシドットコムが最強!驚きの特徴&お得な使い方

【まとめ】ヨドバシが送料無料なのはなぜ?その理由・戦略

今回のブログ記事では、日本のネット通販「ヨドバシ・ドット・コム」が、全品・全国・送料無料にしている点について解説しました。

 

要点をまとめると、以下の通り。

  • ヨドバシは全国、本当に全品送料無料が続いてる
  • 自社配送「ヨドバシエクストリーム便」がすごい
  • 送料無料で顧客囲い込み&リピーター戦略
  • 送料無料を話題にして、広告宣伝にする戦略
  • アマゾンに対抗する作戦
  • ひとつの取引で見れば赤字でも、総合的には業績好調
  • 有料化の可能性は(今のところ)低い

いかがだったでしょうか?

 

個人的にも、ヨドバシドットコムは大好きです。

今回は「送料無料」に焦点を当てましたが、ヨドバシの魅力はそれだけではありません!

 

ポイント10%還元とか、配達の丁寧さとか、もっと色々あるんです。

 

…もちろんですが、私はヨドバシの回し者ではありません(笑)

単純に、日本の企業を応援したいし、サービスや考え方が好きなんです☆彡

 

今後も、私はヨドバシドットコムをお得に利用させてもらいます!

タイトルとURLをコピーしました