【アドセンス】エンゲージメント単価・CPMとは?【クリック数0なのに見積もり収益】

稼ぐ旅行ブログの作り方

Googleアドセンス初心者の頃、「なぜクリック数が0なのに、1円の見積もり収益が発生しているのだろう?」と毎日疑問に思いながら過ごしていました。

アドセンスのことを「クリックされることで(のみ)、収益をあげられる広告」だと認識していましたが、

実はクリックされなくても、ユーザーに見られる(インプレッション)だけで収益・報酬を獲得する方法があるのだと気付きました!!

このブログ記事では、その中でも特に聞きなれないアドセンス用語の「エンゲージメント単価」「CPM」について、詳細情報をまとめます。

私のような初心者アフィリエイター・初心者アドセンサーに、少しでも参考になりますように。

※この記事を最初に書いてから2年・・・アドセンス収益はどうなった?

>>グーグルアドセンスの収入とPV数平均目安【初心者がやっと10万円稼ぐまで】仕組み解説

スポンサーリンク

【アドセンス】見積り収益発生の方法は4種類もある!?

初心者の私は、グーグルアドセンス広告は、クリックされることで収益が生まれるシステムだと思っていました。

だってクリック報酬型って聞いてたものですから・・・

しかし!アドセンス収益をあげる方法はクリック報酬型以外にも、全部で4種類あります!!

それぞれ意味・概要・収益化の方法を紹介します。

 

アドセンス収益の基本「クリック単価」(CPC)クリック数で収益

Googleアドセンスと言えば「クリック報酬型」ですよね。

CPCとは「1クリック当たりの報酬単価」のことです。クリック単価と呼ばれます。

アドセンスは単価制を採用しており、広告主は広告枠をオークションしています。

アフィリエイターは、だいたい1クリックで20~50円ほどの収益を獲得できます。

 

海外旅行ブログを運営している私のCPC(Cost per Click)は39円となっています。

1クリックで平均39円の収益をあげているということですね。ありがたいことです。

当然ながら、クリックされればされるほど収益が高くなりますので、稼ぐためにはPV数を稼ぐ必要があります!

▶【検索流入が増えないブログへ】良質なSEOコンテンツの書き方でアクセスを増やす!

▶ブログ記事の添削・診断サービス受付中!SEOライティングを習得せよ!

 

それと同時に、報酬を増やすためにはクリック率も重要です!

アドセンスのクリック率平均は0.1%だと言われますが、アドセンス収益を中心にしたブログの場合は、2%以上が目標数値になるかと思います。

※私は3%以上を記録しています^^

▶【アドセンス】クリック率の平均は0.1%~0.2%?10倍に上げる方法【ページCTR】

 

アドセンスのインプレッション単価(CPM)とは?

インプレッション収益(CPM)とは、広告が1000回表示されたときの単価のことです。

表示されたときの単価?

つまり、クリックされなくても表示されるだけで収益が発生しているのです!!

 

ただし、クリック型広告を配信しているのか、インプレッション型広告を配信しているのかは、

Google先生が自動的に選択しているため、ブロガーには設定するすべがありません。

逆に、インプレッション広告として表示されている広告については、クリックされても収益にならないことになります。

 

まあ、これはグーグル様にお任せするしかありません。

クリック数が安定するまでは、インプレッション収益だけが毎日1円~3円ほどを稼いでいました^^

 

※2018年1月現在、私のインプレッション収益単価(CPM)は93円です。

1000回見られると、93円。

今週は2500回見られたので、231円だそうです。

 

※ページRPMという指標もあります。

これは1000PVあたりの見積もり収益額想定金額です。

ややこしいけど、上げる努力は惜しまない!!

 

「アクティブビューのインプレッション単価」なんて入札も

Googleアドセンスには「アクティブビューのインプレッション単価」という項目もあります。

これは上記「インプレッション単価」の中でも、広告の少なくとも半分が1秒以上見られているという条件があります。

企業としては、広告が表示されているだけでなく、「しっかりと」見てほしいわけですから、このような入札スタイルもあるようです!

収益額としては一日数円です。これまた広告配信設定はグーグル様にお任せです。

 

アドセンスのエンゲージメント単価とは?意味は?

アドセンスの収益の中でも特に不可解なのが「エンゲージメント単価」です。

エンゲージメント単価とは「広告の上にマウスが2秒以上乗っているなどの、閲覧者の積極性が見られるとき」に収益が発生します。

先週は、アドセンスの管理画面に「エンゲージメント単価」という表記を初めて見ることができました。

 

これもグーグルが勝手に判断して表示させるのですが、

この海外旅行ブログでは9月中で1729回、エンゲージメント単価の広告が出ています。

クリック型の広告は21222回表示されてますから、エンゲージメント単価の広告はそんなに入札が多くないようです。

 

アドセンス収益化と一言にいいますが、実は収益発生の方法はいくつもあるんですね。

CPMとは?エンゲージメント単価とは?アドセンスの稼ぎ方は奥が深い!

今回のブログ記事では、GoogleAdsenseの収益発生方法について、初心者なりにまとめました。

アドセンス収益を得るためには「クリック型」「インプレッション型」があり、

その中でも一秒以上見られる「アクティブビューのインプレッション単価」や、2秒以上静止する「エンゲージメント単価」など条件付けがされています。

 

クリック数が0でも収益があがる仕組みはご理解できましたでしょうか?

ちなみに、もし理解できても、「どこどこの広告をインプレッションに設定する」なんて出来ません。

いずれにしてもPV数を増やすことがすべての基本になってきますので、真面目にコツコツやるしかないですね^^;

SEO対策を学び、検索流入によるアクセス数を増やすとともに、

Twitter広告・Facebook広告・YouTube動画広告などSNSも絡めてPV数を獲得していく人もいるみたいです。

 

★私の目指す自由な暮らし↓↓

▶『アフィリエイトで 1 億円稼いで自由になった元皿洗いのブログ』

コメント

  1. […] きの単価 エンゲージメント単価: 広告の上にマウスが2秒以上乗っているなどの、閲覧者の積極性が見られるときの単価 だそうです。 こちらのページを参考にさせていただきました。 […]

タイトルとURLをコピーしました