【自作】バナナケチャップの作り方・レシピは?手作り調味料の材料を紹介!

フィリピン・セブ島

バナナケチャップを手作りしたい人に見てほしい記事です。

手作り・自作のオリジナル調味料って、流行ってるみたいですね。

 

今回は、トマトを使わない、フィリピンで定番のバナナケチャップを自作するレシピを紹介していきます。

バナナの甘みと、スパイスの辛さがクセになる独特の味わいを求めて。

 

普通にトマトケチャップの方が好きで美味しいんですが、なぜか嫌いにはなれないし、面白半分で食べたくなる味なんですよね。

※結局、好きなんです…

スポンサーリンク

バナナケチャップとは何?

一応、バナナケチャップについて簡単に紹介しておきます。

 

これは、主にフィリピンで使われる調味料。

トマトケチャップとは違い、主原料はバナナです。

フィリピンの名産!

 

戦時中に、トマトが不足し、大量に余っているバナナを利用したのがきっかけだとか。

最初にバナナをケチャップにしようとしたフィリピン人は、天才なのでしょう。

 

フィリピンのジョリビーというファーストフードで食べた時、最初「まずい」「変な味」と思いました。

バナナの味はあんまりしない。

でも、確かに甘い。

トマトの方が、美味しい…

 

実際、バナナケチャップが苦手な日本人は多いです。

 

でも、お土産に購入して帰国すると、

ジワジワとバナナケチャップ独特の甘辛い味わいにハマってきました。

 

クセになるというのはこういうこと。

オムレツやパスタに、バナナケチャップの甘ったるい感じが、結構いけるんです。

 

世界的には知名度はそこそこあり、フィリピンの他にも、東南アジア各国や香港などでも、家庭の調味料に入り込んでいるそうです。

▶バナナケチャップとは何?味はまずい?使い道と日本で使えるレシピ【フィリピン】

 

【手作り】バナナケチャップの材料・原料は何?

バナナケチャップを手作りするとき、一番大事なのは材料・原料です。

 

バナナが主原料なのは分かりますが、その他は何でしょうか?

ここはフィリピンで有名な「UFC」という企業のバナナケチャップの原材料を確認します。

  • シロップ
  • バナナ
  • 食塩
  • パプリカ
  • 玉ねぎ
  • 香辛料
  • 酸味料
  • 人工着色料

といった原材料表示。

 

赤色は人工着色料なので、使わなければ白っぽいような、茶色っぽいようなケチャップになります。

 

香辛料とか酸味料って、具体的には何かというと、

  • にんにく
  • オールスパイス
  • ワインビネガー(お酢)

があれば、良いようです。

 

レーズンが必要って書いてあるレシピもありますが、個人的には不要。

シロップは、黒糖でも代用可能。

 

白ワインビネガー

 

★参考記事

▶ケチャップ=トマトの概念をうち破る?「バナナケチャップ」を自作してみたら、謎の甘ウマ調味料が誕生した

 

自作バナナケチャップの作り方・レシピを紹介!

材料がそろったら、バナナケチャップの作り方・レシピを紹介します。

 

  • 完熟バナナ4本をスライス
  • 玉ねぎ1/3個をみじん切り
  • にんにくチューブ少し
  • 白ワインビネガー200ミリリットル

を、ミキサーにかけます。

 

この時点で、黄色いバナナケチャップにはならないことが判明します。

なぜなら、かなり茶色っぽくなるからです。

でも…諦めないで。

 

  • 黒砂糖90グラム
  • 水720ミリリットル
  • 塩少々

を加えて、鍋で煮込みます。

 

最初は強火で沸騰させ、中火にして約1時間。

かきまぜながら、煮詰めていきます。

 

  • オールスパイス小さじ2
  • パプリカ少々

などのスパイスをお好みで入れて、さらに煮込む。

 

この時に、あまりにも固まっていたら、普段のトマトケチャップの固さを思い出しながら、水を足す。

 

さて、もう15分、弱火で見つめればバナナケチャップの完成。

 

レシピを試した他の人も言っていますが、

見た目やニオイは、全然おいしそうじゃありません。

 

でも、なぜか最終的には結構おいしいんですよね。

 

【裏技の作り方】トマトケチャップにバナナを入れるのもアリ!

バナナケチャップを自分で作るときに、

トマトケチャップに、バナナを混ぜて煮込むのも、アリです。

 

これは、裏技ですね。

もはや手作り、自作調味料とは言えないと思います…

 

しかし、ミキサーにかけたバナナと、トマトケチャップを混ぜて煮込み、少し塩気や酸味を足してやると、立派なバナナケチャップが完成します。

 

見た目も赤いし、甘辛い感じが最高。

1時間以上、かなり大変な思いをして手作りバナナケチャップを作るよりも、手軽に簡単に、バナナケチャップを作るのがおすすめ。

 

フィリピンの味を思い出せますよ。

 

手作りバナナケチャップを何に使う?合うメニューは?

手作りバナナケチャップが完成したところで、何に使えば相性が良いでしょうか?

 

私のおすすめは、

  • バナナケチャップパスタ
  • オムレツにバナナケチャップ

という2つのメニューです。

 

※2つしか、合うものがありません笑

 

パスタの作り方は簡単。

ソースを作るとき、トマトケチャップの代わりに、バナナケチャップを使うだけ。

甘くするつもりはなくても、勝手にナポリタン風の甘い味になって美味しいです。

 

オムレツにも、合います。

卵って、甘くても美味しいですもんね。

バナナケチャップがイイ感じに活かされます!

 

消費期限は約1カ月で便利な調味料になる!

お手製のバナナケチャップが完成したら、瓶に詰めて保存可能です。

 

消費期限は、冷蔵庫で約1か月。

トマトケチャップの代わりに積極的に使用すれば、一気に食卓はフィリピン気分。

 

3日~1週間ほどで使うように書いてあるサイトもありますが、

清潔な瓶に詰めて、冷蔵保存しておけばそんな簡単には痛みません。

 

赤くないケチャップだが、黄色いケチャップにはならない

最後に、バナナケチャップの色ですが、赤色でも黄色でもありません。

 

はっきり言って、茶色です。

チョコレートのような、味噌のような、濃い色をしています。

 

トマトを使っていないし、人工着色料も不使用なので、バナナの黄色が出れば素敵なのですが…

 

残念ながら、バナナは煮込むと黄色じゃなくて、茶色っぽくなりますからね。

黒糖も加えるし、黄色いケチャップからは遠ざかるばかり。

 

でも、美味しいですから。

黄色いケチャップが出来たら、確かにテンションは上がりますが、バナナを主原料にしている以上は諦めなくてはいけませんね。

 

バナナケチャップを自分で作る方法【原材料とレシピ】

今回のブログ記事では、フィリピンで有名なバナナケチャップを、自宅で手作りする方法について情報をまとめました。

 

結論としては、

バナナや玉ねぎや調味料を1時間以上、煮詰めて作る。

もしくは、

トマトケチャップに、バナナを入れて煮込む。

 

のどちらかで、バナナケチャップは自分で作ることができます。

 

甘辛い独特な味わいは健在。

フィリピンで売ってたバナナケチャップは、もっと甘さと酸味とスパイシーさがあった気がしますが、まあいいでしょう。

 

原材料とレシピは【バナナケチャップ 作り方】と検索すると、いくつか出てきます。

私はそれらのレシピ情報を参考にしながら、自己流で簡単に作れるようにしました。

 

何度も味見をしてたどり着いたのが、今回のシンプルなレシピ。

フィリピン好きの人、在日フィリピン人の方、バナナケチャップを食べたことがない人など、是非簡単なので試してみてください。

 

カルディとかの輸入食品を取扱う店なら、市販のバナナケチャップも売ってると思います。

しかし、割高ですし、不健康な人工着色料がばっちり入ってます。

 

今回のブログ記事を参考に、

あなたが美味しいバナナケチャップを作ることが出来たら、幸いです。

 

原材料とレシピは自己流なので、好みに合わせて足し算・引き算してやってください。

とにかく大事なのは、バナナとスパイスと酸味です。

そして、辛抱強く、煮詰めること。

 

ご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

▶バナナケチャップとは何?味はまずい?使い道と日本で使えるレシピ【フィリピン】

▶【ジョリビー】フィリピンの人気ファストフードはまずい?日本上陸情報@セブ島旅行

コメント

タイトルとURLをコピーしました