アフィリエイトブログが嫌い/うざい→なぜ嫌われるのか【3つの理由】
▶【年に一度】Amazonプライム先行セールは7月15日まで
雑記ブログで稼ぐ

アフィリエイトブログが嫌い/うざい→なぜ嫌われるのか【3つの理由】

記事内に広告を含む場合があります。

私はブログを書く人ですが…どうも一部の人に嫌われているらしいんです。

 

アフィカス」とか「アフィリエイター気持ち悪い」とか言われる理由は…3つありそうです。

  • アフィリエイトブログが嫌い?
  • アフィリエイターは気持ち悪い!うざい!
  • 有益で面白いアフィリエイトブログもあるよ?

このような情報を、ブログ記事にまとめました。

 

結論から言うと、【SEO対策・収益対策】ばかりのアフィリエイトブログが多すぎて、「嫌い」「ウザい」「邪魔」と思われているようです。

 

確かに、アフィリエイト広告がたくさん貼られているわりに、内容は薄っぺらくて、書いている人の存在感が全くない記事も多いですからね。

ブログを書く人としては、やはり面白くて有益な記事を書くことが大事。

 

今回のブログ記事では、アフィリエイトブログはなぜ嫌われるのか…その3つの理由について考えてみました。

アフィリエイトブログが嫌い。ウザい。

ネット上には、「アフィリエイトブログって嫌い。ウザい」という意見を持っている人がいます。

 

特に、専業アフィリエイターと呼ばれる存在は、嫌われてます。

ネット上では「アフィカス」とも言われます。。

アフィリエイトブログを書いて、お金を稼いでいるような人たちですね。

(私も半分は当てはまるかな…。)

 

ブロガー・アフィリエイターって?

ブログを書く人の中にも、呼び方がありますよね。

 

ブロガーって、一般的には、個人的な経験や考えを、半分「日記のように」ブログ記事にする人のこと。

 

一方、アフィリエイターとは、商品やサービスの情報をまとめて、広告を貼り、収益を稼ごうとする人のこと。(一般的には。)

ブログに限らず、ミニサイト運営をする人も多いです。

 

アフィリエイトブログが嫌われる理由3つ

ブログを書く人が嫌われる理由は、大きく3つあるように思います。

  • SEO集客を意識しすぎて内容がつまらない
  • アフィリエイト収益を意識しすぎて根拠が薄い
  • 自由に稼いで自由な生活してます~というキラキラ演出

↑3つ目は人によりますが…

それぞれ、もう少し深掘りしていきます。

 

①SEO集客を意識しすぎて内容がつまらない

アフィリエイトブログが嫌われる理由は、ブログ記事の内容がつまらないからです。

読んでて、何も面白くない記事も多いです(;´・ω・)

 

もちろん、「悩みが解決した」「有益だった」という情報価値があれば、存在価値があると思いますけどね!

 

個人的な洞察や意見を書かずに、SEOキーワードばかりに気を取られているアフィリエイトブログ。

 

また、書いている人の顔が見えないブログも、つまらないと思われます。

独自の視点とか、語り口とか、そのブロガーの人柄が感じられた方が、面白いですよね。

 

②収益性を意識しすぎて内容がひどい

アフィリエイトブログで収益性を追求しすぎて、内容がひどいものがあります。

  • ランキング1位の商品が明らか恣意的
  • おすすめの根拠が薄すぎる
  • アフィリエイト収益が高いサービスばかり押してくる
  • 買わなきゃ損!みたいな売り文句ばかり

収益のことばかり考えてアフィリ記事を書いていると、当然、読者は置いてけぼりになります。

 

読んでいて面白くないばかりか、記事内容を信じて購入した人が「あれ?あっちの商品の方が良かったじゃん…」となってしまうと、信用もガタオチです…。

 

もっと激しく言うなら、「自分のアフィリ収益のためにウソ情報を書いてる」というケースもあります。

 

③キラキラ生活演出系アフィリエイター

自慢話や自己顕示欲丸出しのブログも、嫌われます。

自慢ばかりの人は、現実世界でも嫌われますから、ネット上でも同じです。

 

なのになぜか、ネット上だと見栄を張る人が多い。

  • 私はこんな幸せな生活をしてます!
  • 年商1億円を突破しました!
  • ほったらかしブログで1000万円!

などなど。

 

自慢話ばかりでも、内容が伴っていれば面白い。

でもブログ書く人の中には、自分のことを、とにかく褒めてもらいたい人も多いんですよね。

 

自分のためにブログを書くのは悪い事ではないのですが、あまりにも「私を見て。すごいでしょ」って感じだと、ウザいと思われても仕方ないかな。

 

 

アフィリエイトブログは邪魔でウザいだけじゃない

アフィリエイトブログが、Googleに上位表示されるようになると「ウザい」「邪魔すぎる」という意見が出てきます。

 

気持ちはわかりますが、公式サイトだけでは分からない情報をアフィリエイトブログで収集して、背中を押されて、ハッピーになってる人の存在も多いはず…!

 

そっち側の「アフィリエイトブログのおかげで助かった」みたいな意見はなかなか練って上にも出てきにくいですから…。

 

個人のアフィリブログが役に立っている人もいるはずですからね。

 

アフィリエイトブログ書く人の中には面白くて好かれる人も多数

ブログ書く人が嫌い!という意見は多いですが、その一方で、「ブログ書く人って面白くて好き」という人もいます。

 

私も、どちらかというと好きです。

(自分もブロガーですし)

 

ただ単純に文章が面白いブロガーや、経歴が面白いブロガーや、役に立つ情報を徹底的に深掘りしてくれるブロガーなどなど…いっぱいいます!

 

私はどれにも当てはまりませんが、ブログ書く人のひとりとして、好かれるように、応援されるように、頑張ります。

 

【まとめ】収益追求アフィリエイトブログはうざいけど、違うブログも多いよ

今回の記事では、アフィリエイトブログを書く人が嫌い・ウザいという意見について、書いてきました。

 

改めてポイントをまとめると、嫌われる理由は「読者目線が足りていないから」です。

  • SEO対策された内容がつまらない
  • 収益性追求で案件のごり押しがうざい
  • 自慢話や承認欲求のかたまり

などなど。

 

つまらないブログ記事を量産していれば、それは嫌われます。

ウザがられます。

 

ブログを書く人は、やっぱりGoogleを意識しつつも、あくまでも読者にとって有益な記事になってるかどうかを考えるべきですね。

 

もっと突き抜けた人だと、自分の書きたいことを書いているだけで面白い、って領域になるのだと思います。

 

それは既に、小説家レベルだけどね☆彡