【自己分析】ブログを書く人の心理って?更新の意味や目的は【発信=アウトプット】
▶【年に一度】Amazonプライム先行セールは7月15日まで
雑記ブログで稼ぐ

【自己分析】ブログを書く人の心理って?更新の意味や目的は【発信=アウトプット】

記事内に広告を含む場合があります。

ブログを書く人が、「ブログを書く人の心理」について考えてみました。

  • なんの目的でブログを書くの?
  • どんな気持ちで更新してるの?
  • ブログを毎日書く人の心理状態とは?

結論としては、ブログを書くことは「アウトプットの行為」であり、何かしら自己満足の心理があるように思われます。

 

ブログを書かない人には分からない心理もあると思いますが、分かりやすく考えると、SNSで何かを発信するのと似ていて、そこに収益性がプラスされたものだと思います。

 

ちなみにブロガー歴7年目の筆者は、「収益目的」「人生の学びを記録に残す」「ただ単に文章を書くのが楽しい」という、3つの心理・理由によってブログ更新を続けていますよ♪

【総務省】ブログを書く人のことを何というか?

ブログを書く人のことを何というか?という質問に対して、総務省が公式に回答しています。

ブログという用語は、「Web log」(ホームページの履歴の意味)から派生した言葉であると言われています。

そして、ブログで情報を発信する人のことをブロガー(blogger)と呼んでいます

(引用:総務省「ブログの仕組み」

世間的にも「ブロガー」といえば「ブログを書く人のこと」でしょう。

 

類語として、文筆家/ライター/著作家/アフィリエイターと呼ばれることもありますね。

 

ブログを書く人の心理とは?7つの理由

そもそも、ブロガーがブログを書く心理/理由はどのようなものがあるでしょうか?

 

自分の考え&ネット上の意見をもとにまとめると、おおむね以下の7つが挙げられます。

  • 日記、忘備録
  • ブログ収益を稼ぐため
  • 現実世界ではできない自己表現
  • 他人によく見られたい(承認欲求)
  • 軽度のナルシシズム(自己顕示欲)
  • 文章を書くのが好き
  • 同じ趣味や意見を持つ人との交流
  • ほんの少しの社会貢献

…こんなかんじかな。

 

先に結論を言ってしまうならば、「ブログを書く人の心理」とは、「SNSを更新する人の心理」とほぼ似たようなもので、そこに収益性がプラスされたカンジではないでしょうか。

 

もちろん、7年目ブロガーの私も上記の7つに当てはまっています。

▶【マジ楽しい】雑記ブログの魅力って?何でも書ける=人生のアウトプット&資産化

 

【自己分析】私がブログを書く心理

ここでブログを書く人の例として、私自身の心理状態を書いておこうと思います。

  • ブログ収益を稼ぎたい
  • PV数が増えると嬉しい
  • 日々の学びや気付きを書き留めたい
  • 誰かの役に立つ情報を発信したい
  • 共感や理解を得られると嬉しい
  • 情報交換や交流の場になる
  • ブログのおかげでアウトプットの機会ができる

このような心理だと思います。

 

一番わかりやすいのは、収益目的です。

これには心理も何もありませんね。単純に、ブログで稼げたらいいよな~ということですし、少しは稼げています。

 

しかし、お金目的だけではありません。

やっぱり、ブログ運営は、楽しい。

 

その心は、自分の日々の出来事や脳内の思考を文章としてアウトプットすることで、自分の成長になっているような気がするし、他者からの反応も得られるという「自己満足」。

 

大なり小なり、何かをネット上に発信するということは、自己満足の領域だと認めざるを得ません。

 

▶【5年目】雑記ブログは女性向き?楽しく稼いで継続中【記事ネタ無限】

 

毎日ブログを必死に更新するブロガーの心理

ここで1つ、私も疑問が。

毎日毎日、自分の日常を更新するブロガーさんの心理って、どんなものなのでしょうか?

 

収益目的でもない。

有益な情報の発信でもない。

背伸びした自己表現でもない。

 

そう考えると、「ただ単に、文章を書くのが好き」という心理もあるのかなと思います。

 

昔は、誰かに自分の文章を見てもらえるのは、小説家だけだったのかもしれません。

もしくは、平安貴族。(更級日記とか)

 

ネットが発展した現代では、誰でも気軽に無料で、自分の文章を世界に向けて公開できます。

改めて考えると、これってすごいことですよね。

 

以前なら小説家として、他人からの評価を得なければできなかったことを、今では何の障壁もなくできてしまう。

 

小説家志望のような心理状態で、毎日ブログ更新しているという人も、一定数いるのだと思います。

私も、文章書くの、割と好きです。

 

もともとブログってどんな目的で生まれた?

もともと、ブログって何目的なのでしょうか?

 

ブログ(blog)とは、

ウェブ(Web)+ログ(log)が合わさって省略された言葉です。

 

ネット上に記録することすべてが、ブログ。

とするなら、SNSもネット上に何かを記録しているので、広い意味では「ブログ」です。

 

2000年以前のブログは、個人の日記として日々の出来事を書き綴ることが主目的でした。

 

インターネットやスマホが普及すると、「mixi」などで日記をつける人も登場。

▶【スマホで簡単】無料ブログを日記代わりに!Twitterよりおすすめ

 

稼げる副業としてブログが認知されてきた

2010年頃から、「ブログ飯」という言葉などが登場し、個人アフィリエイターが登場するようになります。

現在では、収益目的のブロガーさんがほとんどで、副業としてのイメージも定着した感じがあります。

 

新型コロナによる「ステイホーム」「リモートワーク」の影響で、ブログ副業人口がさらに増加した感じがありますね。

 

【まとめ】ブログを書く人の心理はSNS更新と同じ

今回のブログ記事では、ブログを書く人の心理や目的について、書いてきました。

 

要点をまとめると、以下の通り。

  • ブログとはWEBにLOGを残すこと
  • ブログを書く人の心理はSNS更新と似ている
  • 色々な目的があるが、何かしらの自己満足
  • 小説家のような心理で毎日更新している人も

こんな感じでしょうか。

 

ブログを書く人の心理って、ブログを書かない人には分からないかな~と思いながら書き始めましたが、考えてみると、Twitterやインスタと同じですよね。

 

手軽さ、気軽さ、流行の面で、SNSが大人気ですが。

 

今後も、少しでも面白いブログ記事を書けるように、頑張ります。

たま~にのぞいてくださると、嬉しいです。