日本が世界に誇る「敬老の日」、海外では?【ポーランドの祖父母の日】

      2017/10/20

2017年は、9月18日(月)が「敬老の日」です!

この日は高齢者を敬い、日頃の感謝を伝える日として、プレゼントを贈ったり、メッセージを伝えたりして、心温まる国民の祝日になってますね^^

さて、日本で言う敬老の日は、海外には存在するのでしょうか?

調べてみたところ、私の大好きなポーランドには、祖父母の日・祖父の日というものがあるようなので、この記事でじっくり紹介します!!

海外でも「敬老の日」はあるの?祝日?(ポーランド以外)

日本で言う「敬老の日」は、海外にも存在しますが、日本のように国民の休日にはなっていないことが多いようです!

 

例えば、アメリカ、イギリス、フランス、イタリア、台湾などでは、「祖父母の日」が秋に設定されていますが、祝日にはなっていません。また、高齢者という枠ではなく、孫がいる祖父・祖母に対して、感謝を伝える日になっています。少しだけ違いが見られますね。

 

また、家族関係の強い中国では、「重陽節(敬老節)」が9月にあります。これも祝日ではなく、先祖供養や長寿祈願を行う日となっているようです。

 

ポーランドの「祖父母の日」については、次に詳しく解説しますが、こちらも休日にはなっていないようです。

 

日本ではもともと、9月15日が敬老の日でしたが、2003年の「ハッピーマンデー制度」により、9月の第3月曜日に改められ、国民の祝日になっています。

このように休日になっているのは世界でも日本が特別で、国民の祝日として高齢者を敬う「敬老の日」については、外国人から見ると好感を持つ方も多いようです!!

 

ポーランドは「祖母の日」「祖父の日」がわかれている!?

私の大好きなポーランドには、「敬老の日」にあたる祝日があります!

1月21日が「祖母の日」、1月22日が「祖父の日」で、祝日ではあるのですが、国民の休日にはなっておらず、通常通り会社や学校があるのが日本と違うところです。

おじいちゃん・おばあちゃんを別の日でお祝いするのも面白いですが、レディーファーストのヨーロッパらしく、祖母の日が先に来ているのも、さらに面白いポイントですね^^

 

「敬老の日」当日の過ごし方・お祝い方法は?

日本では「敬老の日」は大きなイベントになっています。

祖父・祖母に限らず、高齢者を敬うイベントが全国各地で開催されますので、家族で外にお出かけなんて流行っているようです!!

デパートでは専用の売り場があって、プレゼントを渡したり、手紙を書いたりして、感謝を伝えることが多いですよね。私が小さかったころは祝日ではなかったので、よく祖母に電話をかけて感謝を伝えていました^^

 

ポーランドの「祖母の日」「祖父の日」も、休日ではないため大きなイベントにはなっていないようです。

しかもポーランド人は家族単位・夫婦単位での行動が非常に多いため、外へ出てイベントに参加するよりも、家族で集まって食事をし、ケーキをみんなで食べ、孫から祖父母に感謝の手紙を渡す、といったお祝いの仕方になっているようです^^

手紙を書いて感謝の気持ちを伝えるのは、世界共通なのかもしれませんね!

 

日本の「敬老の日」と、ポーランドの「祖父母の日」(まとめ)

日本のように「敬老の日」が国民の祝日になっているのは、大変珍しいんですね!なんか嬉しいです。

海外では、ポーランドに「祖母の日」「祖父の日」があり、家族のきずなを改めて確認する日になっているようです。

特に高齢化社会の進む日本だからこそ、高齢者への感謝を忘れずに温かくて平和な社会をつくりたいものです^^

日本が世界に誇る「敬老の日」はもうすぐです!皆さんもお祝いの準備を!

 

こんなギフトショップで、世界に一つだけの名前入りプレゼントを探してみてもいいですね^^


 - ポーランド, 雑記