【アメニティ】ホテル客室内のボールペンは無料でもらえるor禁止【持ち帰り】

国内の旅

ホテルに宿泊すると、客室内にはメモ帳と一緒に必ずボールペンが置いてありますよね?

あの客室内のボールペンって、無料でもらえるものなのでしょうか?

それともホテルの備品だから持ち帰りはダメ…?

 

私の中では、地味に謎になっていました。

結論としては、ホテルによって違うけど、欲しければ持ち帰っても大丈夫なことが多い!です。

今回のブログ記事では、ホテル客室内のボールペンやアメニティの持ち帰り問題について、情報をまとめて紹介します!

みんなも謎に思ってたと思うので、是非、拡散希望です^^

スポンサーリンク

ホテル客室内の備品・アメニティ

ホテルに宿泊すると、客室内にいくつか備品がありますよね。

  • メモ帳
  • ボールペン
  • アメニティセット
  • お茶
  • 寝具
  • タオル

などなど。

 

このうち、アメニティセットは普通にもらえるものだと思います。

個包装になっているお茶も飲まなかったなら、持って帰ってもよいと思います。

寝具やタオルは、間違いなくホテルの備品。

 

さて、メモ帳やボールペンはどうなのでしょう…?

持ち帰りできる?できない?

…ちょっと迷いません?

私だけ?

 

ホテルのオリジナルボールペンが欲しい

ホテルにおいてあるボールペンは、特注のオリジナルデザインになっていることが多いです。

あれってお土産の一つにちょうど良くないですか?

 

特に海外旅行などで気に入ったホテルがあると、

「このホテルのオリジナルボールペン、記念に欲しいな」と感じます。

割とデザインが凝っていて可愛かったり、使い心地がよかったり。

 

しかしホテルの注意書きを読んでも、

  • ボールペンはご自由にどうぞ
  • ボールペンは持ち帰らないでください

といった文章は見たことがありません。

 

わざわざフロントに聞くほどでもないし。

そんな感じで永遠の謎になりながらも、特に気にしていなかったのですが、ブログのネタを考えている時、急に「調べてみよう」と思い立ったのです。

 

ちなみに海外の一流ホテルでは、タオルの持ち出し禁止が書かれていたことはありました。

高級ホテルのタオルってフワフワで質がいいから、持って帰っちゃう人がいるのかもしれませんね。

 

ホテルのボールペンはタダでもらえる?プレゼントで宣伝効果

ホテル客室内のボールペンは、ただでもらえるプレゼントなのでしょうか?

それとも、ホテルの備品だから持ち出し禁止なのでしょうか?

 

調べてみたところ、基本的にはOKだけど、NGのホテルもあるということです。

持って帰ってもいいんだ…!

 

どうしても欲しかったらフロントに聞いてみるのが一番確実。

あとは常識の範囲内で考えてみれば大丈夫かと。

 

実際にホテル業界に勤務している友人に聞いてみると、

「明確なルールはなくて、お客さんの自由ってことになってる。室内で使えるように置いてあるけど、持って帰りたければプレゼント。広告効果もあるし」

という回答でした。

 

なるほど。

ホテルの名前が入ったボールペンを持って帰ってもらうことで、わずかながら広告効果もあるのですね。

ノベルティグッズとしての役割。

 

確かに、自宅にホテルのボールペンがあったら、何か書いている時にそのホテルのことを思い出すかもしれません。

友人にペンを貸してと言われた時に、ホテルの話題になるかもしれません。

これは宣伝効果だ。納得。

 

「記念に、お土産に、欲しいな」と思っていた私の気持ちは、

ホテル側としてもありがたいことだったのですね。

 

逆に、そのホテルに興味のない人はボールペンにも興味がないだろうから、

持ち帰られなければ備品コストの節約になりますもんね。

 

あえてルールをあいまいにすることで、

  • 興味ある人は広告に使ってもらう
  • 興味ない人は持ち帰らないからコスト削減

という戦略が出来上がっているのかもしれません。

 

考えすぎか?と思いましたが、多分、そこまで考えられているのだと思います。

 

ホテル・ニューオータニの公式サイトには、消耗品としてボールペンも含まれています。

このように詳しく書いてあるホテルはなかなかないですが、持ち帰りOKというホテル側の公式見解のひとつの証拠ですね^^

 

メモ帳やメモ帳スタンドやボードはもらえる?

室内に置いてあるメモ帳は「ご自由にどうぞ」だけど、

メモ帳を挟むスタンドやボードとかは、持って帰らないでほしいもの(備品)なんだそうです。

そりゃそうだ。

 

まあ、感覚的にわかるけど、ちょっとややこしいですね^^;

  • 持って帰ってもよいもの
  • 持って帰ってはいけないもの

とか客室内に書いてあったら、それはそれで不快に思う人もいるでしょうし。

 

基本的にはお客さんの好きなようにくつろいでください、というスタンスなのだと思います。

そういえば、チェックインの時に色々と注意点を説明されることも少なくなった気がします。

 

もしかしたら持ち出し禁止のホテルもある?

私が調べた限り、そして友人に聞いた限りでは、

ボールペンもメモ帳もノベルティ扱いで、ご自由にお持ちくださいという結論でした。

 

しかし、もしかしたら一部のホテルでは完全に客室の備品として管理しているかもしれません。

それならそうと書かれているかもしれませんが、一応気を付けましょう。

 

私の予想だと、

  • 超格安のビジネスホテル
  • 共同で使うペンション
  • 超高級ホテルの万年筆みたいなペン

といった場合だと、持ち帰るのは遠慮した方が良い気がします。

 

念のために。

価値観はいろいろですし、ルールもいろいろです。

 

アメニティの持ち帰りにもエコの視点を

ホテルのアメニティの持ち帰りについて記事を書いている私ですが、

実はかなりエコには気を使っています。

 

だから気に入ったアメニティや、必要な個包装のものは持ち帰ることがありますが、

基本的に使わなかったアメニティはそのまま部屋に残します。

歯ブラシ・カミソリ・くし・ヘアゴムなんて、自分のものがありますから、わざわざ新品のものを開封してプラスチックごみにする必要はありません…

 

ホテル宿泊を最大限に楽しみつつ、無駄なゴミは出さないように心掛けたいですね。

 

ホテルのボールペンはノベルティとして持ち帰りOK!無料でもらえる

今回のブログ記事では、ホテル客室内のボールペンについて情報をまとめました。

 

結論としては、ボールペンは宣伝効果を狙ったノベルティでもあるから、お客さんの自由で持ち帰りもOKということでした。

厳格なルールにすると、全員が持って帰っちゃったり、全員が持って帰らなかったり、ホテル側も運営が難しいところなのかもしれません。

 

私のブログ記事を読んで「タダでもらえるなら、ホテルのボールペンもらっとこう」という気持ちで持ち帰る人が増えるかもしれません。

でもそれはそれで宣伝効果の一部ですよね?

 

あなたが使うボールペンを見て、ホテルの存在を知る人もいるかもしれませんから。

 

「小さい、くだらない」と思う人もいるかもしれませんが、私にとっては永遠の謎だったのですっきりしました!!

他にも気になっている人がいると思うので、是非SNSなどでお友達にも教えてあげてください!

拡散希望です!

 

私も、今後は気に入ったホテルのボールペンはフロントに聞いてから心置きなく持って帰ろうと思います^^

ご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました