【なぜ?】突然ブログをやめる人…更新されなくなったり削除されてる【突然閉鎖の謎】

旅行ブログ運営

お気に入りのブログに訪問すると、ある日突然閉鎖されていた…意外とよくある話です。

  • 突然ブログをやめるの、やめて!
  • なぜ削除してしまうのか?
  • 突然閉鎖してしまう理由は?
  • 突然更新されなくなったブログのその後

このような情報を、ブログ記事にまとめました。

 

結論から言うと、ブログを突然やめるブロガーは多く、その理由の多くは「個人的なやる気」と「運営上の問題」が関係しています。

健康問題・炎上・身バレ・やる気低下など…。

 

突然更新されなくなったブログも、一年後にのぞいてみると、復活しているケースもあるから、不思議なものです。

 

今回のブログ記事では、突然ブログをやめること(突然閉鎖)について、考えていきます。

スポンサーリンク

突然ブログをやめる人が多い…

他人のブログを見るのが「ライフワーク」でもある私にとって、突然ブログをやめる人は、かなり頻繁に遭遇します。

  • ブログやめます宣言をする人
  • ブログ引っ越し宣言をしてから削除する人
  • 何も言わずに更新がストップしている人
  • 何も言わずに削除する人(突然閉鎖)
  • などなど…

ブログの辞め方には、いくつかのパターンがあります。

 

その中でも、最も悲しくてショックで切なくて心配になるのが、「ブログの突然閉鎖」です。

ある日、何も言わずに、やめます宣言もせずに、URLが存在しなくなるパターンが、1番悲しい。

 

もう二度と、あのブロガーの文章を読むことはできないのだ…

ファンだったのにな…

 

筆者の肌感覚では、ブログをやめる人は、突然やめることが多い。

「あと1か月でブログをやめようと思います」と事前告知しているブロガーなんて、いません。

 

始める人が多く、突然やめる人が多い。

それがブログの世界なのです。

 

【なぜ?】ブログを突然閉鎖する理由。更新されなくなった理由。

人気ブログでも、突然閉鎖することがあるのは、なぜでしょうか?

ある日突然更新されなくなった理由は、何でしょうか?

 

ブロガーあるあるとして、調べてみました。

 

削除・閉鎖・退会…突然消えた原因は?

まずは、ブログ全体が消えたケースから。

  • URL全体の削除
  • 記事の全削除
  • ブログ閉鎖
  • アカウントごと退会

これらの理由は、なぜなのでしょうか?

 

  • 有料ブログの支払い忘れ
  • サーバー利用料の支払い忘れ
  • ドメイン有効期限の更新忘れ
  • 身バレして、消さないとマズい
  • ネットストーカーに付きまとわれる
  • 荒らしや炎上対策

人が、突然ブログを削除する理由って、このくらいでしょうか。

 

ブログを閉鎖するということは、運営者の意思が絡んできていると考えるのが妥当です。

 

支払いミスは、数日程度の遅れなら「削除前の警告」が来るようになっています。

何日か支払期限を過ぎても、ブログ全体が突然削除されることはありませんからね。

 

最近はネットリテラシーも高まった印象はありますが、まだまだ「荒らし」「炎上」「ネットストーカー」「身バレ」「本人特定」など、悪質な場合は、突然ブログをやめても仕方ないかなと思います。

 

更新されなくなった・途絶えた・放置…突然いなくなった理由

ブログ自体が消えていなかったとしても、記事の更新が途絶えたブログも、多く見かけます。

 

毎日のように更新されてたブログが、ぱったりと更新されなくなったら、心配だし残念。

読者としては、再開を待つしかない。

 

突然ブログ更新が途絶えてしまう理由は、以下の通り。

  • 入院している
  • 刑務所に入っている
  • 亡くなられた(死亡説)
  • 飽きてしまった
  • アクセス0で挫折した
  • 他の夢ができた
  • 特化ブログのネタが尽きた
  • TwitterなどのSNSに注力
  • ユーチューバーに転身

などが、主な理由でしょうか。

 

健康的な原因も多いみたいです。

運営者が死んでしまったとして、ブログ運営って特殊な行為ですから、身内の中から「後継者」が出てくる可能性は極めて低い。

 

もっと多い原因は、「やる気がなくなった」「飽きた」「挫折した」という個人的なモチベーションの問題。

 

でもブログって、誰かにお願いされて始めるわけではないので、辞めるときも「個人の勝手な気分」で止めていいと思いますよ。私は。

 

それに、削除されていないのであれば、いつか再び「復活」「再開」する可能性が残っている訳です。

 

実際、私がよく見に行っていたブログは、半年以上更新されなくなってました。

「もうブログやめちゃったんだ、残念」と思ってたところ、たまたま「お気に入り」フォルダの整理をしていたら、なんと、復活していました!!

 

よくぞカムバックしてくれた!もう消えないで!と、思わずコメントしてしまいますよね。

 

【体験談】ブログ更新を突然やめてしまった理由

実は、私も2か月間、ブログ更新をやめてしまった時期がありました。

 

その時は、家族の健康上の理由、でした。

家族が入院と通院を繰り返すようになり、私もバタバタ忙しくなり、ブログの更新をしている余裕がなくなってしまったのです。

(肉体疲労的にも、精神疲労的にも)

 

心に余裕がないと、ブログ更新を楽しめません。

楽しくないと続かないし、内容もツマラナイ。

つまらない内容だと、読者も集まらない。

PV数が少ないと、さらにやる気がなくなる。

…ブロガーあるあるです。

 

しかし、私の場合、2か月後には状況が落ち着いてきたので、見事(?)ブログ復帰を果たしたわけです。

現在は4年以上のブログ歴。

 

更新を途絶えさせてしまった時期はありましたが、閉鎖・削除をしなくてよかったです。

 

ちなみに、もしも私がブログをやめるとしたら、何の前触れもなく停止はしないかなと思います。

読んでくれているファンの方が(ごく少数)いらっしゃるみたいだし、せっかく積み上げてきた5年間500記事ですから、もったいない。

 

引っ越しするにしても、必ず転送先URLを残すと思います。

だから、何も言わずに突然閉鎖するブロガーの事情は、よほど込み入っているのだと思いますよ。

 

【まとめ】ブログを突然やめる理由は人それぞれ【再開を待つのみ】

 

今回のブログ記事では、ブログを突然やめる人、突然更新されなくなることが多いことについて、考えをまとめてみました。

 

当たり前の結論ですが、

ブログをやめる理由、更新しなくなった理由は、人それぞれ。

 

読者としては「今までありがとう。またどこかで」という気持ちで、そっとしといてあげることしかできません。

 

ブロガー死亡説を唱えてみても、もう消えたブログは返ってきません。

あれこれと理由を邪推しても、更新は再開されません。

読者は、ブログ再開を願って待つのみです。

 

ブロガー側は、大変な状況に陥っているのかもしれませんからね。

寂しい気持ちはわかりますが、突然ブログが消えることは、よくあるんです。

 

どうしても大好きなブログ記事は、オフラインで読めるように保存しておくのもおすすめ。

突然消えてからでは、対応が遅いです。

 

今回のブログ記事はどうでもいいと思いますが、私のブログでも、どれか1記事、お気に入りを保存してもらえると嬉しいです。笑

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました