【アンスバタ】ニューカレドニア旅行の拠点を観光【アンスバタビーチ・水族館】

カレドニア 観光

ニューカレドニアの首都「ヌメア」の中でも、さらに旅行者の拠点となるのが「アンスバタ」エリアです。

  • ニューカレドニアの中心地アンスバタとは?
  • アンスバタの観光スポットは?
  • アンスバタビーチとシトロンビーチで泳ぐ?
  • アンスバタからフェリーで離島へアクセス?

といった情報を、ブログ記事にまとめました。

 

ニューカレドニア本島の南の端の方に位置する「アンスバタ」はビーチが広がっており、

海岸線には多くのホテルやショッピング施設やレストランが立ち並んでいる、ニューカレドニア最大の観光地です!

 

ヌメア市内」と同様、観光スポットがたくさんあります!

離島に行かずとも、十分にその大自然を感じられるのがニューカレドニアであり、「アンスバタ」の街の魅力です。

今回のブログ記事では、アンスバタの魅力を詳細に解説していきます!!

スポンサーリンク

アンスバタ(アンス・ヴァタ)とは?ヌメアと違うの?

アンスバタは、ニューカレドニア最大の観光地です!

 

ニューカレドニアの首都は「ヌメア」ですが、ヌメアエリアの中でも「ヌメア市内」と「アンスバタ」に分けることができます。

ややこしいですね!

グーグル先生的に言うと「アンス・ヴァタ」です^^

 

ざっくり紹介すると「ヌメア市内」は、

  • ココティエ広場
  • 朝市(マルシェ)
  • FOLの丘
  • セントジョセフ大聖堂

など、いわゆる観光スポットが充実しています。

お土産屋さんも多いです。

しかし、ホテルは数えるほどしかありません。

 

その一方、「アンスバタ」には、ホテルもレストランも数多くあります。

ニューカレドニアツアーの宿泊ホテルはほぼ100%、アンスバタにあるホテルのどれかです。

 

観光スポットは、

  • ニューカレドニア・ラグーン水族館
  • アンスバタビーチ
  • シトロンビーチ(レモン湾)
  • カジノ
  • ウアントロの丘

といった場所が挙げられます。

 

アンスバタビーチは、ニューカレドニアの中でも一番人通りが多い道路のすぐ目の前。

現地の人々は日焼けを楽しんだり、読書をしていたり、穏やかな時間を過ごしています。

そんな中でも、シュノーケリングすると熱帯魚がいます!

 

水族館もおすすめですよ!

また、アンスバタビーチからはカナール島・メトル島へのタクシーボートが出ています。

 

アンスバタビーチとシトロンビーチ【シュノーケリング可能】

アンスバタエリアには二種類のビーチがあります。

  • アンスバタビーチ
  • シトロンビーチ(レモン湾)

です。

 

ニューカレドニアで最もにぎわうアンスバタエリアですが、どちらのビーチもシュノーケリングを楽しめるほどきれいです!

 

アンスバタビーチは観光のど真ん中

アンスバタビーチはロジェ・ラロック・プロムナードというニューカレドニアで一番賑やかな通りに面しています。

 

ホテル・レストラン・ショッピング施設も、すべてが海沿い!!

まさにニューカレドニア観光のど真ん中です!

(おすすめホテルやレストランは↓↓記事で詳細に)

▶『ストーングリル』でニューカレドニア産牛肉を食べる!【ヌメアのおすすめレストラン】

▶【ニューカレドニア】おすすめホテル『ヌバタ』が格安で人気!【口コミ・評判】

 

アンスバタビーチでは、

  • 日焼けを楽しむ旅行者
  • 木陰で涼む地元の人
  • 犬と海で遊ぶ地元のファミリー
  • フランスの遊び「ペタンク」をするおじいちゃん達

など、皆さん思い思いに楽しんでいました。

 

海で泳ぐ人もいますが、ウインドサーフィンやスタンドアップパドルも流行っているようです。

観光客用にマリンアクティビティを貸し出しているトラックのような店がいくつもありますので、数千円で手軽に楽しめますよ!

 

先ほども言いましたが、

アンスバタビーチからはカナール島やメトル島への水上タクシーの発着点が2か所あるのも特徴。

 

シトロンビーチ(レモン湾)はシュノーケリングスポット

「アンスバタ」のもうひとつのビーチが、この↑↑「シトロンビーチ」です。

レモン湾とも呼ばれています。

ビーチの形がレモンのようだからという理由で間違いないでしょう。。

こちらのビーチは「アンスバタビーチ」に比べると、ホテル数が少ないです。

 

しかし、シトロン湾ショッピングセンターや、ポートプレザンスショッピングセンター等のショッピング施設は多く、人通りは少なくありません。

 

そしてこのビーチは、気軽に、かつ魚が多い場所なので、個人的にはシュノーケリングの穴場スポットだと思います!

 

離島のビーチと比べれば、もちろん透明度やビーチの白さは劣ります。

しかし、人々が飛び込んだりするための浮島が2つあるのですが、その下はお魚天国です!!!

 

浮島を固定するための鎖が海底から伸びているのですが、

そこを巣にするかのように、大小さまざまな魚がウヨウヨしています!!

興奮します!!

 

ニューカレドニア「アンスバタ」の観光スポット

ニューカレドニアの中心地・アンスバタエリアのおすすめ観光スポットはビーチだけではないです!

  • ニューカレドニア・ラグーン水族館
  • ウアントロの丘

という2つの観光スポットも紹介しておきます!

 

ニューカレドニア・ラグーン水族館は雨の日の観光に抜群!

アンスバタエリアの目玉観光スポットは、「ニューカレドニア・ラグーン水族館」です。

 

1956年から営業している老舗水族館ですが、非常にきれいです。

水槽の海水は当然ですが、ニューカレドニアの海から取り入れているようです!

 

特に面白かったのは、

  • ウミガメの水槽
  • ノーチラス
  • サメの赤ちゃん
  • 光るサンゴ
  • ナポレオンフィッシュのいる巨大水槽

です。見どころ盛りだくさん。

 

この水族館はおすすめなので、別記事で改めて紹介しております!

▶【ニューカレドニア・ラグーン水族館】5億年前から同じ姿「ノーチラス」

 

アンスバタ南西にある「ウアントロの丘」


ウアントロの丘 (トリップアドバイザー提供)

「ウアントロの丘」は、アンスバタビーチの東端にある小高い丘です!

 

快晴の日はアメデ島の方まで気持ちよいビューが広がります。

アンスバタエリアも一望できますし、特に夕日の絶景スポットとして有名です。

晴れた日の夕方には観光客でにぎわいます。

 

ただ、登り道は意外と長く、頂上まで20分ほどかかりますので、ハイキング気分で臨んだ方がよさそうです^^

 

ニューカレドニア旅行の中心「アンスバタ」を観光!ビーチと水族館!

ニューカレドニア旅行の拠点となる「アンスバタ」について紹介しました!

 

ヌメア市内や離島観光はもちろんですが、このアンスバタも侮れず、

観光地で旅行者が多いのに、ローカルな雰囲気も残して、さらに大自然を感じられるのです!

 

私のアンスバタエリア大満喫コースを紹介。

  • ル・ファレ』でクロックマダム朝食
  • 水上ボートで「カナール島」観光
  • 昼食は『クイック』でハンバーガー
  • アンスバタビーチでのんびり
  • お土産屋さんでショッピング
  • 夕飯は『ストーングリル』でニューカレドニア産ステーキ

という優雅な一日を過ごしました!!

 

思い出しただけで我ながら羨ましいです。

観光都市なのに自然と一体になっている。

素敵です、アンスバタ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました