バスケ

【努力】バスケセンスがない/向いてない?下手な人の特徴と上手くなる方法

バスケ

「バスケセンスがない」「向いてない」「私ってバスケ下手くそで迷惑かな」こんな悩みを持つ人は多いです。

  • バスケってセンスが関係ある?
  • バスケが下手な人の特徴とは?
  • バスケに向いてない性格と改善方法
  • 下手くそでも上手くなるにはどうすれば?

このような情報を、ブログ記事にまとめました。

 

結論としては、バスケはセンスだけではありません。

下手くそでも努力次第で上手くなることが可能。自分がバスケに向いてないと決めつけるのは、もったいない。

 

バスケの神様マイケルジョーダンだって、高校生までは全然注目されてなかったんですよ?なんと、スタメン選手でもなかった。

 

今回のブログ記事では、バスケセンスがないけど20年も続けてきた筆者が、下手な人の特徴や、向いてない性格などを紹介しつつ、改善方法を解説します!

りと
りと

結局は、努力&楽しむ気持ちが大事なんです!

バスケットセンスがある?ない?

バスケットセンスがある、ない…これって何の差でしょうか?

 

先に言ってしまうと、バスケセンスがある人は、存在します。

  • 身体能力が高く、スピードやキレがすごい
  • 三次元の空間把握能力が高く、視野が広い
  • ずる賢さがあって、駆け引きが上手
  • ドリブル・パス・シュートがすぐ上手くなる

などなど。

 

逆に「運動神経がない」と言われるような人は、一般的には「バスケセンスがない」ということになるのでしょう。

 

でもセンスって、究極的には変えられるものだと思います。少なくとも「部活動レベル」なら、絶対変えられる。

 

マイケルジョーダンも高校時代はスタメンじゃない普通の人だった

バスケの神様と呼ばれる「マイケルジョーダン」ですが、彼も実は高校生時代はスタメンでもなかったし、特に注目されていなかったんです。

 

つまり「元々バスケセンス抜群」ではなかった。

大学生になってから周囲から注目され、能力が爆発してきたのです。

 

ジョーダンの場合、身体能力はすごかった訳ですが。

その他の能力は「努力&負けん気の強さ」で高めてきたと言えるでしょう。

 

\バッシュが割引される「XEBIO」/

バスケが下手な人の特徴とは?

逆説的ですが、まずは「バスケが下手な人の特徴」を知ることで、成長していくことができます。

  • 相手の動きが予測できない人
  • 視野が狭くてチームプレーができない人
  • 強弱、緩急の感覚が分からない人

これは一つの例に過ぎませんが、大事なポイントです。

 

あえて一言で言うならば、「バスケがどんなスポーツか分かってない人」は、なかなか上手くなりません。

 

「じゃあどんなスポーツなのよ?」と聞かれると、説明するのは難しいのですが…。

相手と駆け引きしながら、味方の動きに合わせられる「考える力」が重要であることは間違いないですね。

 

シュート力・パス・ドリブルのスキルは問題ではありません。

どんなに下手な人でも、練習次第で上手くなるからです。体が覚えてくれます。

 

バスケに向いてない性格とは?

バスケに向いてない性格についても考えてみましょう。

  • 素直ではない(すべて自己流)
  • 真面目すぎる
  • 平和主義すぎる
  • 自信がない

これらの性格に当てはまる人は、少しずつ考え方を変えていくといいかもしれません。

 

素直になってみる

まず、コーチや友人の言うことを聞いてみる。

柔軟で素直な考え方を身に着けて、試行錯誤してみる。

時には上手な選手のマネをしてみる。

 

真面目さを捨ててみる

パスをもらう時はこう。シュートする時はこう。ドリブルする時はこう。

このように頭で真面目に考えていても、バスケは上手になりません。

 

理論ではなく、感覚を大事にしてみましょう。

NBAでも誰一人として同じシュートフォームの人はいません。人それぞれ、打ちやすいフォームは自分で生み出していくしかないのです!

 

闘争心を出せるようにする

平和主義はチームワークという点では、うまく機能するかもしれません。

しかし、バスケの試合中は相手選手に対して「負けないぞ」という気持ちも大事です。

もしくは自分に対して、チームメイトに対しても。

 

根拠のない自信&練習による自信

「シュートを打っても入る気がしない…」こんな気持ちで放つシュートは、入りません。ほんとうです。

自信がない人に「自信を持て」と言っても難しいのですが、練習を積み重ねることで「あれだけ練習してきたんだから」という気持ちになれるかもしれません!

 

もしくは、「今日はなんだか絶好調かもしれない」と根拠なく思ってみるだけでもメンタルは変わります。

 

バスケ下手くそが上手くなるための方法とは?

バスケセンスがない…下手くそ…向いてない…

そんなマイナス状態に陥ってる人が、上手くなるための方法は、ハッキリしています。

  • 練習をすれば追い抜けると思う
  • バスケが上手くなることを楽しむ

この2つだけです。技術は後から付いてくる。

 

練習すれば追い抜けると思う

当たり前のことを言います。

バスケが上手くなるためには、バスケの練習をすることです。

 

ここで言う練習は、シュート練習だけではありませんよ。

日々のフットワークから、体力をつける走り込み、ボールハンドリングなども含めて。

 

人間の身体は「身体で覚える」ということが可能です。

最初は考えながらプレーしていても、努力を重ねれば「身体が勝手に動いた」という状態にすることができます。

 

もしバスケセンスがあるライバルがいたとしても、練習すればするだけ追い付くし、追い抜ける可能性もあります。これは事実。

 

何度も言いますが、マイケルジョーダンだって同じだったんです。

高校生でスタメンでもなかった彼が、世界一のバスケ選手に駆け上がれたのは、練習量と負けず嫌いの精神でしょう。

 

バスケが上手くなることを楽しむ

バスケが上手くなることを楽しむことも重要ですね。

 

「得意な人より好きな人、好きな人より楽しむ人」という言い回しがありますね。論語だったかな。

  • バスケが得意な人
  • バスケが好きな人

これよりも無敵なのが、バスケが楽しめる人です。

 

コーチからやらされてる練習は、脳が自発的ではないので体の芯で覚えようとしません。

 

自分から楽しんで「試合に出れたら楽しそう」「こんなシュートを決められるようになれたらカッコいいな」と思って練習することで、脳に自発性が生まれて強化学習が発生します。

 

これは脳科学者の茂木健一郎さんがよく言ってることですが、ドーパミンが放出されることで、どんどんそれが上手になるという仕組みです。

 

【体験談】バスケセンスがない私が上手くなったワケ

私の体験談なんてちっぽけなものですが、参考に。

もともと、友人に誘われて始めたバスケでしたが、全然センスがありませんでした。

 

レイアップも入らないし、ゴール下も外すし、なかなか活躍できない…。

でも不思議とバスケが楽しかったんですよね。

 

近所の公園でドリブル・パス・シュートの練習をしたし、上手な人のプレーをよく見て真似してみたり。

部活動の練習もサボらないで、楽しみながら声を出して頑張ってました。

 

するとまずは体力がついてきた。フットワークが良くなった。ジャンプ力が上がった。

 

自然に今まで出来なかったプレーも挑戦できて、さらにバスケが楽しくなったんです。ディフェンスも楽しくなってきて、いつの間にか先輩に交じってスタメンになってました。

 

全国のインターハイには出られませんでしたが、惜しいところまで勝ち上がれて、大人になった今でもバスケを楽しく続けてます!

 

個人的には地道に練習を続けたことと、楽しんだことが上手くなる秘訣だと思います!

 

【まとめ】バスケセンスが無くても向いてなくても、上手くなれる!

今回のブログ記事では、バスケセンスが無い…向いてない…と悩むバスケ選手に向けて書いてきました。

 

要点としては、以下の通り。

  • バスケセンスの有無は、確かに差が出る
  • でも才能だけでは上手くならない
  • 下手な人の特徴は「考える力がない」こと
  • 向いてない性格は克服できる
  • 練習して自信を持つと成長する
  • バスケを楽しむと成長する
  • マイケルジョーダンも高校では補欠だった

いかがだったでしょうか?

 

センスが無い人でも、バスケを楽しみながら地道に練習すれば、必ず上手くなります。

練習すればする分だけ、自分の中で自信も出てくるし、技術的にも着実に身につきます。

 

そしてバスケを楽しむ気持ちを忘れなければ、いつの間にかセンスがあるチームメイトを抜かすこともできるでしょう!

 

身体能力や才能は、生まれつきの部分もありますが、実は、バスケ能力のほとんどは練習で習得できるのです!

面白いですよ~色々なプレーができるようになると!笑

タイトルとURLをコピーしました