ダイエットバスケ

【ダイエット】バスケは痩せる…練習&試合で体重減らす@週1でも

ダイエット

バスケットボールをしていると痩せるんですよね。すごく。

  • バスケは痩せるスポーツ?
  • バスケでダイエットする女性も?
  • 体重を減らすのにバスケ練習がおすすめ?
  • 週1回のバスケでも体重が落ちる?

このような情報を、ブログ記事にまとめました。

 

結論としては、バスケはダッシュ&ストップ&ジャンプなどの瞬発的なフットワークが求められるため、かなり痩せるスポーツです。

 

たった週1回のバスケシュート練習でも、体重を落とすことができます。

女性の間では「バスケダイエット」なる減量法も割と一般的なんですよ!

 

瞬発系の筋肉を増やして基礎代謝を上げることで、二の腕もウエストも足も痩せることができます!

りと
りと

ゴールのある公園にボールを持っていけば楽しいですし!

バスケは痩せるスポーツ!

本記事の結論です。

バスケットボールは、数あるスポーツの中でも「最も痩せることができる」と言えるでしょう。

 

ダッシュ・ストップ・ジャンプなどが絶え間なく続き、消費カロリーが多くて「激しいスポーツ」として知られています。

 

サッカーと比較しても、バスケの運動量は多いです。

(意外と、バトミントンも激しいです)

▶【経験者】バスケとサッカーはどっちが体力的にきつい?運動量を比較

 

【体験談】ぽっちゃりの友人がバスケ部で痩せた

私自身、学生時代はずっとバスケ部でした。

中学生の時、ぽっちゃり体型の友人(身長155センチで体重57キロだったらしい)も一緒に入部しました。

 

少し太ってるけど運動神経が良かった彼女。

バスケの練習を続けているうちに、半年で3キロも痩せたそうです。

 

そしてバスケ部を1年続けたときには身長も伸びて、157センチで体重50キロという「標準体型」か「やせ型」にまで体重が落ちたとか。

 

ちなみに食事制限は全然してないし、痩せようという気持ちも別になかったんですって。バスケ部で練習してたら、いつの間にか痩せてたんですね。

りと
りと

最終的には私と一緒にレギュラーになりました!

男子バスケ部の人は「太れない」から悩んでる

男性の場合ですが、バスケ部の人は「太れない」から悩んでいる人も多いです。

 

運動量が多すぎて、ガリガリになってしまうんだとか。

バスケットボールは身体のぶつかり合いで、ポジション取りをするので、ある程度「フィジカル」がないと不利なんですよね。

ガタイの良さ、って言うのでしょうか。

 

バスケの練習をしていると自然と痩せてしまうので、たくさんご飯を食べて太ろうとする選手が多いんですって。

らっこ
らっこ

それほど、バスケは痩せる効果が高いスポーツなんだね!

バスケダイエットのメリット&デメリット

ネット上には「バスケダイエット」という単語もありました。

 

バスケで体重を落とすことを考えたときに、「4つのメリット」と「2つのデメリット」がありますので解説します。

 

メリット

バスケでダイエットするメリットは、以下の4つ。

  • 運動量が多くて激しい
  • 瞬発系の動きが多く、代謝が向上する
  • 足と腕と体幹を全体的に使える
  • チームスポーツとして楽しめる

どれも、重要なポイントです。

 

バスケ(特に試合)は、コート上を行ったり来たりが繰り返されます。

しかも常に素早い動きで、ダッシュやジャンプ、パスやシュートなど、全身の筋肉を総合的に利用することになります。

これが、ものすごい消費カロリーなのですね。

 

重いものを持ち上げるなどの「ボディビル的な筋肉アップ」ではなく、瞬発力を発揮する「陸上選手的な筋力アップ」が望めます。

 

また、ランニングや水泳と比較すると、複数名で楽しむチームスポーツなので楽しみながら続けられる点も魅力的。

もちろん、一人でもボールとゴールがあれば、楽しみながらシュート練習で汗を流すことができますね!

 

デメリット

その一方、バスケダイエットのデメリットは以下2つ。

  • 筋肉が増えすぎて体重が増える
  • 球技に苦手意識があると続かない

バスケは激しい運動ですから、当然ながら筋肉がつきます。

 

最初は余計な脂肪が燃焼して、体重が減ることが多いでしょう。

しかし、バスケを部活などに入って本格的に取り組むようになると、筋肉が付きすぎて体重が増えてくる可能性もあります。

 

ただし、この場合でも「引き締まったスポーティなスタイル」として体重が増えるので、個人的には「メリット」のようにも思います。

(※体重が少ない方が良いなんて、不健康ですよ)

 

また、バスケは球技センスが要求されます。

苦手意識がある場合には、パスやシュートの練習をしていても楽しめないかもしれません。これはデメリットです。

 

バスケのシュート練習でも痩せる?

バスケの練習にも、色々な種類があります。

  • 1人でシュート練習
  • 部活動での練習
  • 試合

もちろん、部活動での練習や本格的な試合だと、かなりエネルギーを消費して痩せます。

 

しかし、実は一人でシュート練習しているだけでも十分に痩せる効果は見込めます。

 

「シュート」→「自分でリバウンド」→「ドリブルしてレイアップ」など、試合を想定しながら色々なシュートを打つことで、自然に全身運動になります。

 

バスケダイエットは、一人でも可能なのです!

 

30分のシュート練習でも120キロカロリーを消費するという試算もありました。

参考:バスケットボールダイエットは消費カロリーをアップする

 

公園でも体育館でも学校でもいいし、自主練でもいい

バスケで痩せるためには、練習できる場所が必要です。

 

さすがに自宅ではバスケできませんからね…。

  • 公園
  • 体育館(地区体育館なら無料が多い)
  • 学校

などのゴールリングを使用すれば、シュート練習や、友人との試合を楽しめます。

  • 家の周りをドリブル練習
  • 近所の壁に向かってパス練習

これだけでも、瞬発系の筋肉を使うので良い運動になります。

 

バスケットボールさえ持っていれば、いつでも近所で楽しみながらダイエットができます。

ボールって2000円もしないで買えますし!

 

バスケ部ではない人でも、運動神経が総合的に上がるのでおすすめですよ。

 

週1回でも週2回でもバスケすれば痩せる

バスケ部に入らなくても、週に1回~2回でも練習をすれば、着実にダイエット効果は出てきます。

 

というのも、社会人になってからはバスケを週に1回しかしませんが、練習日の翌日は必ず1キロ~2キロほど痩せてるんです…。

 

ほんと、恐ろしいくらいの運動量です。苦笑

 

※バスケしてるのに痩せない人へ

逆に、「バスケをしているのに痩せない」という人もいます。

これは体質にもよるので、一概には言えませんが…「食べすぎ」「筋肉が付いてる」という可能性があります。

 

まずは食べすぎ。

痩せるためには「運動2割:食事8割」と言われています。せっかくバスケで良い運動をしていても、飲み物や食べ物が高カロリーだと痩せません…。

 

意外と注意したいのが「ポカリ」「アクエリアス」などのスポーツドリンクの多量摂取。夏場は飲んでもいいのですが、糖質が多いので要注意。

 

個人的にはグリーンダカラのような低糖質のスポドリがおすすめです。

 

また、バスケを本格的に続けていると筋肉量が増えて体重が減らないということも考えられます。

この場合は「痩せない」というよりは「体重が減らない」ということであり、身体は引き締まって健康的になっているのではないでしょうか?

 

ハッキリ言って、モデル・アイドルのような細い体型なんて不要です!

運動ができて健康的な身体の方が、生き生きとして魅力的ではないでしょうか!?

(負け惜しみ…?笑)

 

現役バスケ部でダイエットなんて不要

もう少し言うと、現役バスケ部の人は、ダイエットなんて考えなくてOKです。

練習を続けていれば自然に体力はつきます。

 

体重を落とすのは、むしろ自分の有利な特徴を消すことになってしまうかもしれません…。

というのも、バスケでは体重が重い方が有利な場面も多いからです。

▶【体重必要】バスケは太ってるくらいが良い!デブが有利@バスケ部

 

【まとめ】バスケダイエットって何?体重減らす効果と方法

今回のブログ記事では、バスケ歴20年の筆者が「バスケは痩せる」ということを解説してきました。

 

要点をまとめると、以下の通り。

  • バスケは運動量がスゴイ
  • 練習するだけで自然に痩せる
  • 瞬発系の筋肉がアップして代謝が向上する
  • バスケ部の人は「太れない」ほどに効果が高い
  • 楽しみながらダイエットを続けられる
  • バスケを本格的にやるなら体重を減らす必要ない

いかがだったでしょうか?

 

バスケを続けていると、自然に痩せてしまいます。

これは女性にとっては嬉しいことでもあり、バスケ選手としては悩ましいことでもあります…。

 

ダイエットとしてはバスケは超おすすめですが、もともとバスケをやっている人にとっては、体重を減らしすぎないよう管理することも必要かもしれませんね!

 

また、運動と合わせて、食事にも気をつけることをお忘れなく!

バスケットボールダイエットで、カッコいい引き締まったボディを手に入れましょう!

タイトルとURLをコピーしました