【割と田舎】釜山って日本でいうとどこ?韓国の大阪?→方言は関西弁に似てる

韓国・大邱(テグ)

韓国第二の都市・釜山(プサン)は、知名度の高い人気旅行先です。

  • 釜山ってどんな場所?
  • 釜山は日本でいうとどこに近い?
  • プサンの方言(慶尚南道方言)は関西弁に似てる?

このような情報を、ブログ記事にまとめました。

 

結論としては、釜山は日本でいうと「大阪」の立ち位置です。方言も関西弁に似ている要素があります。

 

ただし、都市としては釜山と大阪は全然違う部分も多く、日本でいうとどこの都市なのかをハッキリ示すことは難しいですね。

 

今回のブログ記事では、実際にプサン旅行へ行ったことのある筆者が、日本でいうとどこに似ているのか、解説してみます。

韓国第二の都市・釜山(プサン)とは?

釜山は、韓国第二の都市です。

 

日本人観光客からも人気ですが、どんな町でしょうか?

  • 日本から2時間で近い
  • ソウルよりも物価が安い
  • 港町で海産物がおいしい
  • 市場でカニを食べ歩きできる
  • 海水浴できるビーチリゾートでもある
  • 釜山水族館、釜山港ターミナルなどの観光地
  • 甘川文化村(カムチョンムナマウル)などオシャレ観光地がある

 

初めての韓国旅行では首都ソウルを観光するのが定番ですが、2回目、3回目の韓国旅行で釜山を訪れる人も多いようです。

 

ハッキリ言うと、「ちょっと洗練された都市だけど、田舎」という雰囲気。

都市リゾート的な部分と、アットホームな部分の両方を味わうことができます。

 

※個人的には、釜山よりも大邱(テグ)の方がさらにアットホームで、好きです。

▶【方言もある】大邱(テグ)って日本でいうとどこ?→韓国の名古屋って感じ

 

釜山は日本でいうとどこ?→第二の都市・大阪に近いと言われるが

そんな釜山は、日本でいうとどこに近いでしょうか?

 

よく言われているのは「釜山を日本に例えると、大阪に近いのではないか」という意見。

確かに、人口的には第二の都市ですからね。

 

都市機能もあるし、海の香りもするし、少し首都とは違うアットホームさもある。

大阪の特徴とも似ています。

 

さらに大きなポイントは、方言。

後ほど詳細に見ていきますが、釜山の方言は、日本でいうと大阪弁に近い特徴を持っているんです。

 

※釜山は大阪と言われるけど、結構田舎です

釜山は韓国第二の都市なので、日本でいえば大阪と紹介したばかりですが、実は、結構違います。笑

 

確かに、釜山中心部は巨大な埠頭・大きなブリッジ・駅や港・繁華街・リゾートホテルなどが立ち並んでにぎやかなエリアがあります。

 

しかし、少し中心部を離れれば、かなり田舎です。素朴な住宅街とか、なんでもない空地とか、自然も多い。

 

大阪は東京なしでもやっていける都市力があります。

まさに、大阪都構想。京都大学、大阪大学も力があります。

 

でも、釜山はソウルなしではパワーが足りません。その素朴さが魅力ではありますが、なんとも中途半端感は否めないんですよね。

 

釜山は名古屋にも近い?

ネット上には、釜山は名古屋に近い、といった意見もあります。

 

大阪は言い過ぎでしょ、という見解だと思いますが、それを言うと、名古屋でも言い過ぎかもしれません。

日本でいうとどこ?って例えは、結構難しいんですね。

 

釜山の方言は日本でいうと関西弁に似てる?


韓国・釜山には方言・訛りがあります。

「プサンマル(부산말)」と呼ばれ、語気が強くて低いトーンが特徴的。

 

釜山方言(慶尚南道方言)は、イントネーションが可愛い・個性があると言われています。

その点、日本でいうと関西弁(大阪弁)に似ています。

  • 直接的な表現が多い
  • イントネーションが低くて強い
  • 日本から来た言葉もある

 

韓国映画や韓国ドラマなども、釜山方言を日本語翻訳するときは、関西弁になっていることもあります。

 

ソウルの標準語を話す韓国人が釜山方言を聞くと、日本語(特に大阪弁)を話していると勘違いすることもあるほど、だいぶイントネーションが違うみたいです。

 

ソウル標準語とプサン方言の違い

もう少し、ソウルで使われる標準語と、プサン方言の違いを見てみましょう。

 

「こんにちは」を例にとると、

標準語→アンニョンハセヨ(안녕하세요)

釜山方言→アンニョンハシンギョ(안녕하싱교 )

 

アンニョンハセヨはイントネーションが一定ですが、アンニョンハシンギョは、「シン」に強いアクセントを置いて、「ギョ」はトーンを下げて発音するようです。

 

釜山方言は一文字で違う意味を表現するので面白い

釜山の方言で有名なのが、「가가가가?(カガガガ?)」という表現。

 

同じ文字が4文字並んでいる、不思議な感じですが、意味が通るんです。

「その子が言ってたあの子?」という意味。

 

1つ目の「가」は、その子を意味し、2つ目は助詞の「が」。

3つ目はあの子。4つ目は疑問文の語尾。

 

日本語でいうと「ああああ」で意味が成立しているような感じ。不思議で面白い。

 

【まとめ】釜山は日本でいうと大阪に似ているけど、田舎です

今回のブログ記事では、観光第二の都市・釜山は、日本でいうとどこの町に近いのか、紹介してきました。

 

結論としては、日本に例えると「大阪」なのですが、都市開発されているのは中心部だけで、結構田舎に感じるかもしれません。

 

ソウルだけが超大都市で、ソウル以外はそれなりなのが、韓国の都市事情。

 

釜山の方言は、関西弁に似ている要素があって面白いですね。

ちなみに、爪切りのことを、釜山では「スメキリ」と言うんだとか。近いからこその文化交流。

 

ソウルもいいですが、2度目の韓国旅行なら釜山や大邱も候補に入れてみてはいかがでしょうか?

 

▶大邱(テグ)旅行の旅費は格安!韓国は物価が安い!【キムチ温麺もタクシーも280円】

▶韓国で人気!いちご飴の失敗しない作り方&渋谷の専門店【簡単レシピ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました