【万里の長城】服装・持ち物は何が必要?北京市内より寒いので注意【気温・気候】

北京

中国・北京の超有名な世界遺産「万里の長城」には、どんな服装・持ち物・装備で行ったらよいのでしょうか?

  • 万里の長城の気温・気候は?
  • 山の上だから寒い?
  • 服装・持ち物のおすすめは?

万里の長城は、北京郊外の山の上にあります。

なので「北京市内よりも気温にすると5度~10度寒い」と言われています。

しかし、実際に行ってみると、体感温度は極寒というわけではなく、むしろハイキングしている分、汗をかきました。

今回のブログ記事では、万里の長城を観光するときの服装・ファッション・装備について、情報をまとめておすすめを紹介します。

スポンサーリンク

万里の長城は寒い!冬は気温何度くらい?

万里の長城は、山の上にあるので当然寒いです。

 

中国の首都北京ですが、標高は1000メートル前後のところが多いです。

日本だと軽井沢とか?普通に山の上で気温は低いです。

気温は北京市内よりもマイナス5度~10度くらい。

 

特に冬は、北京市内の平均気温が0度前後ですから、万里の長城の気温は氷点下10度くらいになってきます。

それは寒いですね…

 

ところが、実際に私は冬に万里の長城に行きましたが、意外と寒くない。

乾燥しているから雪も降らないし。

雪が降る北海道の寒さとは全然種類が違います。

 

万里の長城は春夏秋冬いつ観光するのがおすすめ?

冬の万里の長城は寒い。

それでは春夏秋冬いつの時期に観光するのがベストでしょうか?

 

冬は気温が低くて寒いですが、逆に夏は暑いです!

観光客も多いし、強い太陽を直接浴びるような形で汗をかきます。

あまりおすすめしません。

 

万里の長城を観光するなら、春か秋のシーズンがおすすめと言われます。

旅行のベストシーズンともずれるので、観光客は多くないですし、気温もちょうどいいです。

歴史を感じながら、ゆっくりと眺望を楽しみながら観光することができます。

 

※私はシーズンオフの冬に観光してきましたが、さらに人が少なくて意外とおすすめ。

ダウンジャケットを羽織っていれば、歩いているうちに汗をかいてくるぐらい。

 

雪山よりも体感温度は暖かく、想像していたよりも過酷ではありませんでした。

 

万里の長城での服装は?@冬の時期

北京市内よりもかなり寒い万里の長城ですが、服装はどのようなコーディネートがおすすめでしょうか?

  • 春は長袖長ズボンに羽織れる上着を一枚
  • 夏は長袖半ズボンでもいいかも
  • 秋は日本の冬の格好に上着を一枚プラス
  • 冬はヒートテックの下着にダウンジャケットも装備

といった服装がおすすめ!

 

マイナス10度と聞くと超寒そうですが、湿気がなく乾燥しているので、意外と寒さを感じませんよ!

  • ニット帽
  • マフラー
  • ヒートテック
  • Tシャツ
  • シャツ
  • セーターやフリース
  • ダウンジャケット
  • ヒートテックのタイツ
  • 暖かいズボン
  • ヒートテックの靴下
  • 歩きやすいスニーカー

といった服装をしていけば、冬の万里の長城も怖くない!

 

以下、冬に万里の長城に挑むときに、特におすすめの服装・装備品を紹介!

 

厚手のヒートテック靴下がおすすめ!暖かいのに履き心地が良い!

もしも冬に万里の長城へ行くのであれば、ヒートテックの靴下がおすすめ。

末端冷え性の私は、足元から冷えました。

本家ユニクロよりも安い商品がAmazonや楽天で購入できます。

アウターよりインナーが大事!ヒートテック素材は必須持ち物!

冬の万里の長城は気温が低いです。

自分の体温を使って発熱するヒートテックインナーが必須持ち物。

ユニクロでは毎年、品質改良されていて、今では3種類のヒートテックが販売されています。

【ユニクロ】ヒートテックが3種類?極暖・超極暖おすすめは?暖かさの違い【評判・レビュー】

 

東レなどなど、各社がヒートテックと同じ機能の吸湿発熱インナーで価格競争しています。

個人的には、本家ユニクロが一番品質がいいと信じて購入しています。

 

下半身のヒートテックタイツ(ももひき)も必要!

氷点下になるほどの寒さなので、下半身のズボンの下にもヒートテックのタイツを履いておくと最高!

暖かいズボンだけだと、冷たい風がしみ込んできます。

 

タイツまで装備して観光していると、途中で少し汗をかくくらい暑くなりますが、寒くて凍えるよりは、暑くて汗をかく方がマシですよね!?

 

万里の長城を観光するとき必要な持ち物・装備品は?

万里の長城を観光するときに必要な持ち物・装備品として、

  • ハイキングシューズ
  • 日焼け止め
  • マスク

がおすすめです!

 

万里の長城は足場の悪い石畳になっています。

靴は履き慣れたスニーカーや、ハイキングシューズがおすすめです。

 

特に女性の方、パンプスやサンダルだと足が痛くて楽しめないかもしれません!

要注意です。

また、万里の長城は太陽が出ていなくても紫外線が強いです。

日焼け止めを持ち物に加えておくことをおすすめします。

最後にマスクです。

湿気対策・防寒対策としても有効ですし、PM2.5やスモッグからも身を守ってくれます。

日本製のマスクが一番品質がいい!

中国人が使っている姿も見かけました。

 

万里の長城は寒い!服装・持ち物での注意点と対策(まとめ)

今回のブログ記事では、万里の長城を観光・見学するときに必要な服装・持ち物について情報を紹介しました。

  • 万里の長城は標高1000メートル以上で寒い
  • 北京市内より5度~10度も寒いので対策が必要
  • 夏は暑い、冬は寒いので、春秋がおすすめ観光時期
  • 冬の服装はヒートテックに登山用の格好
  • サンダルやヒール・パンプスでは無理
  • スニーカー・日焼け止め・マスクを持ち物に

といったポイントでしたね。いかがだったでしょうか?

 

服装は、低気温の割に寒くないので、怖がりすぎることはありません^^

羽織れる物が一枚あると歩いて汗をかいても大丈夫なので重宝します。

アウトドアにも海外旅行にも、日本のモンベルは品質が良いのでおすすめです^^

ついつい買っちゃうんですよね、モンベル製品!!

 

▶【コスパ高い】モンベルの中型バックパック「グラナイトパック」がおすすめ【ロールアップ・防水】

▶【超おすすめ】モンベル・トレールワレットは14gの超軽量&コンパクト&耐久性【アウトドア財布】

忘れがちですが、万里の長城は紫外線が強いので、日焼け止めが合った方が良いです!

持ち物に入れましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました