韓国のコンセントは日本と違うC型【変換プラグと電圧】変圧器は必要?

韓国・大邱(テグ)

韓国旅行をお考えのあなた、Cタイプのコンセント変換プラグは持ち物に入れましたか?

  • コンセント変換プラグ?何それ、必要なの?どこで買えるの?
  • 韓国は何タイプ?何ボルト?
  • C型って日本と違うの?SEタイプってのは何?
  • 電圧って何?普通に充電できないの?

そういった疑問をお持ちの方に向けて、このブログ記事を書きました。

ソウル・プサン・大邱などの現地に到着してからでは、遅いです!出発前に準備を!

 

結論としては、韓国のコンセント変換プラグはC型のタイプを持っていけば大丈夫!これは100均ダイソーやドンキで買えます!

電圧は220Vで日本の100Vと全然違いますので場合によっては変圧器も必要です。

今回のブログ記事では、海外旅行経験数十回以上の私が、韓国旅行に行った時の経験を基に、コンセント・電圧の情報をまとめ、安全に充電する方法を紹介します。

スポンサーリンク

海外旅行の必需品・コンセント変換プラグとは?

そもそも、海外旅行の前に持ち物として注意が必要な「コンセント変換プラグ」とは何でしょうか?

日本では電気を使う時のコンセントの差込口って、縦に2本、平行な棒を差し込む形ですよね?

でもこれって、万国共通ではないんです。

 

例えば韓国だと、平行の棒はコンセントに入りません。

なぜなら穴の形は丸が2つだから。そのままでは差せないのです!

そこで必要なのがコンセント変換プラグと呼ばれる旅行グッズです。

 

旅行前に韓国人の友人にコンセントの形を質問したら「なにそれ?呼び方あるの?丸い棒が二本だよ」と答えてくれました。

日本のコンセントの形がAタイプと呼ばれる規格だなんて、普段意識しませんもんね。

 

韓国のコンセントプラグ・電圧は日本と違う!

韓国 コンセントプラグ

同じアジアの隣国とはいえ、韓国では【Cタイプの変換プラグ】で【電圧220V】という電源規格が主流です!

日本はAタイプのコンセント、電圧は100Vです。全然違うので要注意。

 

ちなみに、「主流」という言い方をしたのは、なぜか韓国ではコンセントが統一規格ではなく、

宿泊するホテルによって、

  • C型コンセントを利用しているホテル
  • SE型(F型とも呼ばれる)を利用しているホテル
  • A型(日本と同じ)コンセントを利用しているホテル

があるのです。さらに、電圧が110Vのホテルもあるのでややこしい。

 

結論としては、100均のダイソーなどで買える「Cタイプ形状の変換プラグ」を持参し、海外電圧対応の電化製品を持っていけば大丈夫ですので、以下、詳細情報を確認してみましょう!

韓国のコンセントプラグはCタイプ!SEタイプとの違いは?

韓国のコンセントプラグはヨーロッパ各国と同じ「Cタイプ」の形状が主流です!

持ち物は「Cタイプ」のプラグのみを持っていけば大丈夫です!

 

でも、、、あれ?

Cタイプが主流なだけで、他のタイプのコンセント種類もあるんでしょ?と思われた方、ご安心ください。

  • SEタイプ・・・Cと同じ丸い形ですが、太さがほんの少し(5mm)違っているだけで、Cタイプでも対応可能(ゆるいけど充電できる)
  • Aタイプ・・・これは日本のコンセントと同じ平型のタイプなので、そのまま差し込むことができる

ということです。

 

日本のA型コンセントを韓国旅行中に使うためには、とにかくCタイプの変換プラグを準備すれば対応できるということです!

韓国に限らず、海外旅行ではスマホ充電が重要ですから、必ずコンセントの形状を確認してから出発しましょうね^^

 

※飛行機移動中や一部の有名ホテルでは、USB差込口で充電できる仕様になっている場所もあります。これならコンセント形状も電圧も気にしないでOK!

 

Cタイプの変換プラグはどこで買える?おすすめは100均ダイソー

韓国旅行に必要なCタイプのコンセント変換プラグは、どこで買えるか知っていますか?

おすすめはずばり、100円均一のダイソーです!

価格は108円!百均すげー!お買い得!(2019年10月から110円に…)

 

私は数年前にヨーロッパへ行く時にダイソーで海外旅行用の変換プラグを買いましたが、いまだに現役で使えているので品質に問題はありません!

(一部、刺さらない・使えないといった不良品に当たってしまった不運な人もいるようですが)

 

百均ダイソーの旅行小物(トラベル)コーナーや、小型家電コーナーに置かれています。

売り場にはCタイプのほかにも、Oタイプも販売していましたよ!

100均のコンセント変換プラグ情報を、以下の関連記事でまとめました!

▶【海外旅行】コンセント変換プラグは100均ダイソーが安いし使える!キャンドゥ・セリアは?

 

そのほかのお店だと、何でも揃う激安ジャングル「ドンキホーテ」でも海外用変換プラグが買えます!

あと、ヤマダ電機・ジョーシン・ビックカメラ・ヨドバシなどの家電量販店や、ホームセンターでも購入できますが、ちょっと割高でおすすめしません。

Amazonならヤザワや、カシムラというメーカーの商品が安いので、旅行までに時間があるときはおすすめ。

 

そして、もし海外旅行に行くことが多いようであれば、今後の旅行用にマルチプラグがおすすめです。


これひとつあれば、今後世界各国どこのコンセントプラグにも対応できる便利製品です!

送料無料で安いし、USBが4つ接続できるし、6個同時充電なんてこともできます。Amazonのお急ぎ便なら明日、到着します!準備は間に合いますか?

 

韓国の電圧は220V!変圧器は必要?iPhone充電は?

コンセント情報に続いて、電圧についてまとめます。

確認しないと感電・火災・故障の恐れもありますので、注意してください!

 

韓国の電圧は【220V】が主流で、場所によって【110V】があります。

日本の電圧は世界的にもめずらしい100Vなので、そのまま使うことができないケースがあります。

韓国の周波数は60Hz(日本は50Hz・60Hz)

 

安全に家電を使用するために、あなたの電化製品のコンセント表示を確認してください!!

これは、私のPC充電器の裏面です↑↑

INPUT:【100-240V】と記載されているのがわかりますか?

これは文字通り、日本のような100Vの電圧でも、カタールのような240Vの電圧でも、ソウルの220Vでも対応できます!ということです。

 

「全世界タイプ」と呼ばれるもので、韓国旅行でもそのまま安全に使えます。

iPhone充電器はもちろん、最近はほとんどのデジカメ・パソコン充電器が「全世界タイプ」が主流になっています。

(この場合、上述したCタイプの変換プラグは必要ですが、変圧器は不要ということです)

 

逆にINPUT(入力):【100V】としか書かれていないコンセントは、韓国では使えません。

私が今まで、全世界タイプでなくて不便に感じたのは、

ニンテンドーDS充電器・髭剃りの充電器・ガラケー充電器・ヘアアイロン・ドライヤーなどです。

特に女性は美容系の家電を持っていきたいと思いますが、日本専用グッズが多いので要注意です。

(※発熱する家電はショートする可能性もあるので危険ですよ)

 

どうしても、電圧100Vの日本の電化製品を韓国で使いたいという方は、アマゾン(amazon)で人気のこちらの変圧器がおすすめです↓↓

コンパクトで荷物にならない変圧器!なのに、USBポートの出口(出力ジャックの数)が多くておすすめです。

本体がたこ足配線の役割になっているので、この変圧器一台で100V-240V、全世界のコンセントプラグ・電圧に対応できる優れもの商品です。これは最高!

 

※変圧器の内部では、韓国の高電圧を日本の定電圧専用家電に下げる処理がなされています。

変圧器にはそれぞれ合計容量があり、それを超えると危険です。

変圧器一台に複数の電気製品をたこ足配線するときは、注意しましょう。

例えば、携帯電話の充電は10Wですが、ドライヤーの消費電力は1200Wにもなります。

 

韓国現地で変圧器をレンタルできる?

韓国のソウル・プサンなどで変圧器をレンタルまたは購入するのは結構難しいです。

サービスがしっかりした大手ホテル以外だと、変圧器のアメニティレンタルは行っていないからです。

日本で事前に準備していくのが確実で、無難です。

 

ちなみに変圧器は韓国語でこのように言うようです。調べてみました。

なんて読むのでしょうか?せっかく検索しましたが、私には発音の仕方がわかりません…

韓国現地でも、変圧器を売っている可能性はありますが、有名ホテルでレンタルした方がよいかな。

ショッピングセンターを見てみましたが、アダプターは売ってなかったです。

 

※韓国で変圧器を売っている場所は?現地調達したい、という質問がありました。

→ソウル駅のロッテマート2階や、ウルサンの電気街に行けば取り扱いがあるようです。

 

韓国のコンセントプラグはCタイプ!電圧220V!100均ダイソーがおすすめ

今回のブログ記事では、韓国のコンセントプラグ・電圧について情報・ポイントをまとめました。

プラグ形状はCタイプ・SEタイプ・Aタイプがありますが、ソウル・プサン・テグどの都市でもCタイプの変換プラグがあれば大丈夫です。

100均ダイソーでC型変換プラグを購入し、iPhone・スマホ・デジカメ・ノートパソコン等の充電もばっちり!

 

また、韓国の電圧は220V・110Vがあり、日本の100Vとは異なります。

全世界対応型の電源でない、日本のみ対応の家電をどうしても韓国旅行・留学・出張に持っていくのであれば、変圧器が必要です。

 

忘れた場合でも、韓国のホテルでは、コンセントプラグや変圧器レンタルのサービスもあるようです。

しかし、ホテル以外の移動中、カフェや空港でも充電できると便利ですし、韓国語でコンセントの会話をするのは困難だと思います。

 

事前に日本の100均「ダイソー」やドンキ・Amazonで準備していきましょう^^

もちろん、マルチコンセントのような便利グッズは一点あるだけで完璧!

海外旅行ではスマホ・携帯電話の充電が重要になりますので、コンセント変換プラグは必需品!しつこいようですが、お忘れなく!

 

 

※あなたの韓国旅行、ツアー代金が高いのでは??

今どき、ツアー代金もネットで一括見積り比較がおすすめです^^

▶【タウンライフ旅さがし】海外旅行プランの見積もりを無料比較!【ネットで一括依頼】

 

その他、韓国旅行におすすめの持ち物もチェックして、忘れ物のない、最高の旅行にしましょう^^

韓国では、インスタ映えする写真がはかどります!

自撮り棒があると便利です^^


お手拭きは使い慣れた安心の日本製が一番です。

韓国の市場・レストランにはお手拭きなんてありませんよ!

 

 

※先日、韓国第三の都市・大邱(テグ)観光に行ってきました!

▶大邱(テグ)旅行の旅費は格安!韓国は物価が安い!【キムチ温麺もタクシーも280円】

▶大邱(テグ)では英語・日本語が通じない!通じるのは韓国語のみ【方言も】

▶大邱(テグ)のおすすめホテルTOP3をブログから予約【格安!一人旅・家族旅行に】

旅行が仕事になったらな… ブログで稼げたらな… 旅行アフィリエイトで月10万円稼ぐ筆者が、ブログでは言いにくい秘密も大公開! もちろん無料ですし、気に入らなかったらワンクリックで解除OK
韓国・大邱(テグ)
スポンサーリンク
天国に一番近い個人旅行

コメント

タイトルとURLをコピーしました