【韓国】コンセントプラグはCタイプ!電圧は220V【必要な持ち物は】

韓国・大邱(テグ)

韓国旅行をお考えのあなた、Cタイプのコンセント変換プラグは持ち物に入れましたか?

  • 韓国のコンセント形状は?
  • Cタイプって日本と違う?SEタイプって?
  • 電圧も日本と違う?
  • 必要な持ち物はあるの?

このような疑問をお持ちの方に向けて、ブログ記事に情報をまとめました。

 

結論としては、韓国のコンセント変換プラグはCタイプで、電圧は220Vです!

変換プラグは忘れずに、でも、変圧器はいらない人がほとんどでしょう。

 

今回のブログ記事では、ソウル・プサン・大邱など、韓国旅行に行った時の経験を基に、コンセント・電圧の情報をまとめました。

スポンサーリンク

海外旅行の必需品・コンセント変換プラグとは?

そもそも、海外旅行の前に持ち物として注意が必要な「コンセント変換プラグ」とは何でしょうか?

 

日本では電気を使う時のコンセントの差込口って、縦に2本、平行な棒を差し込む形ですよね?

これはAタイプと呼ばれますが、万国共通ではないんです。

 

例えば韓国だと、平行の棒はコンセントに入りません。

なぜなら穴の形は丸が2つだから。

 

そのままでは差せない・入らないのです!

そこで必要なのがコンセント変換プラグと呼ばれる旅行グッズ。

 

韓国のコンセントプラグはCタイプ

韓国 コンセントプラグ

同じアジアの隣国とはいえ、韓国では【Cタイプの変換プラグ】主流です!

日本はAタイプのコンセントで、全然違うので要注意。

 

ちなみに、「主流」という言い方をしたのは、なぜか韓国ではコンセントが統一規格ではなく、宿泊するホテルによって違います。

  • C型コンセントを利用しているホテル
  • SE型(F型とも呼ばれる)を利用しているホテル
  • A型(日本と同じ)コンセントを利用しているホテル

があるのです。

 

しかし、結論としては、100均のダイソーなどで買える「Cタイプ形状の変換プラグ」を持参すれば大丈夫です。

 

以下、詳細情報を確認してみましょう!

 

CタイプとSEタイプの違いは?

韓国のコンセントプラグはヨーロッパ各国と同じ「Cタイプ」の形状が主流です!

まれにSEタイプのコンセントもありますが、安心してください。

 

SEタイプとは、Cと同じ丸いピンが二本で、太さがほんの少し(5mm)細いだけの違い。

実は、Cタイプでも対応可能なんです。

(ゆるいけど充電できる)

 

日本のA型コンセントを韓国旅行中に使うためには、とにかくCタイプの変換プラグを準備すれば対応できるということです!

 

※飛行機移動中や一部の有名ホテルでは、コンセントではなく、USB差込口で充電できる仕様になっている場所もあります。

これならコンセント形状も電圧も気にしないでOK!

▶【海外旅行】USB端子で直接充電して大丈夫?電圧・電流について【変圧器不要】

 

【韓国旅行】Cタイプの変換プラグは100均ダイソーで買える

韓国旅行に必要なCタイプのコンセント変換プラグは、どこで買えるか知っていますか?

 

おすすめはずばり、100円均一のダイソーです!

 

数年前にダイソーで買ったCタイプの海外プラグ、先日の韓国旅行でも普通に使えました!

100円なのに、安心して使えてます。

▶【海外旅行】コンセント変換プラグは100均ダイソーが安いし使える!キャンドゥ・セリアは?

 

そのほかのお店だと、何でも揃う激安ジャングル「ドンキホーテ」でも海外用変換プラグが買えます!

  • ヤマダ電機
  • ジョーシン
  • ビックカメラ
  • ヨドバシ

などの家電量販店や、ホームセンターでも購入できますが、ちょっと割高でおすすめしません。

 

Amazonならヤザワや、カシムラというメーカーの商品が安いので、旅行までに時間があるときはおすすめ。

 

韓国のプラグを現地でレンタルできる?

Cタイプの変換プラグを忘れてしまった場合、

韓国のホテルでレンタルすることはできるでしょうか?

 

ソウルなど、日本人観光客が多いホテルであれば、

変換プラグを無料レンタルできると思います。

 

しかし、郊外のホテルやゲストハウスでは、置いていない可能性も高いです。

フロントの人に売っている場所を尋ねるしかないと思います。

 

スマホ充電が無くなると、大騒ぎになります。

トラブルにならないよう、日本で必ず用意していきたいですね。

 

韓国の電圧は220V!日本と違うので注意

コンセント情報に続いて、韓国の電圧について紹介します。

よく確認しないと感電・火災・故障の恐れもありますので、注意してください!

 

韓国の電圧は【220V】で、周波数は60Hzが主流です。

※場所によって【110V】があります。

 

日本の電圧は100V。

日本の家電を韓国で使うためには、基本的には「変圧器」と呼ばれる1000円以上する機械を持っていかなければなりません。

 

でも、変圧器ってかさばるし高いし、私は今までの海外旅行で、一度も使ったことがありません。

実は、多くの場合、変圧器を使わなくても大丈夫なんです。

 

韓国旅行で変圧器は必要ない?

なぜ電圧が違うのに、韓国旅行に変圧器が必要ないのでしょうか?

それは、全世界対応型の家電が増えているからです。

 

特に、

  • スマホ(iPhoneもAndroidも)
  • ノートパソコン
  • デジタルカメラ
  • USBコネクタ

などの充電機器は、世界中の電圧に対応しています。

 

コンセントに小さく書かれている表示を見てください。

入力(INPUT)が【100-240V】と記載されていませんか?

 

これは文字通り、

日本の100Vの電圧でも、韓国の220Vでも対応できます!という意味。

 

韓国旅行でもそのまま安全に使えます。

 

日本専用の家電を韓国で使うなら変圧器が必要

逆に、INPUT(入力):【100V】としか書かれていない家電もあります。

 

日本専用の家電なので、韓国ではそのまま使うことはできません。

変圧器が必要です。

 

特に美容系の家電は日本専用の商品が多いので要注意。

ドライヤーやヘアアイロンなど、普段使い慣れたものを持っていきたい女性は多いですからね。

(※発熱する家電はショートする可能性もあるので危険)

 

どうしても、電圧100Vの日本の電化製品を韓国で使いたい方は、Amazonで人気の変圧器がおすすめ↓↓

 

USBポートの出口(出力ジャックの数)が多くておすすめです。

 

本体がたこ足配線の役割になっている優れもの商品です。

これは最高!

 

韓国現地で変圧器をレンタルできる?

韓国のソウル・プサンなどで変圧器をレンタルまたは購入するのは結構難しいです。

 

サービスがしっかりした大手ホテル以外だと、変圧器のアメニティレンタルは行っていないからです。

日本で事前に準備していくのが確実で、無難です。

 

ちなみに変圧器は韓国語でこのように言うようです。

調べてみました。

なんて読むのでしょうか?

せっかく検索しましたが、私には発音の仕方がわかりません…

 

韓国現地でも、変圧器を売っている可能性はありますが、有名ホテルでレンタルした方が確実。

 

韓国で変圧器を売っている場所はについて調べると、

  • ソウル駅のロッテマート2階
  • ウルサンの電気街

に行けば取り扱いがあるようです。

 

いずれにしても、現地で変圧器を買うのは大変なので気を付けてください。

 

韓国のコンセントプラグはCタイプ!電圧220V!

今回のブログ記事では、韓国のコンセントプラグ・電圧について情報・ポイントをまとめました。

 

プラグ形状はCタイプ・SEタイプ・Aタイプ。

ソウル・プサン・テグ、どの都市でもCタイプの変換プラグがあれば大丈夫です。

 

また、韓国の電圧は220V・110Vがあり、日本の100Vとは異なります。

全世界対応型の電源でない、日本のみ対応の家電をどうしても韓国旅行・留学・出張に持っていくのであれば、変圧器が必要です。

 

事前に日本の100均「ダイソー」やドンキ・Amazonで準備していきましょう^^

もちろん、マルチコンセントのような便利グッズは一点あるだけで完璧!

 

トラブルなく、何度も韓国旅行の経験がありますので、

どうぞお気軽に質問してくださいね。

 

 

※あなたの韓国旅行、ツアー代金が高いのでは??

今どき、ツアー代金もネットで一括見積り比較がおすすめです^^

▶【タウンライフ旅さがし】海外旅行プランの見積もりを無料比較!【ネットで一括依頼】

コメント

タイトルとURLをコピーしました