【どっち】タイプミスとミスタイプの違い…日本語英語なの?
雑記

【どっち】タイプミスとミスタイプの違い…日本語英語なの?

記事内に広告を含む場合があります。

キーボードを打ち間違えることを指して、「ミスタイプ」と「タイプミス」という言葉が使われます。

  • タイプミスとミスタイプってどっちが正しい?
  • 正しい英語か、和製英語か?
  • 英語ネイティブの人は打ち間違えのことを何という?

このような情報を、ブログ記事にまとめました。

 

結論から言うと、タイプミスもミスタイプも同じ意味ですし、どっちを使っても問題ありません!

 

日本では「入力ミス」って言うことも多いですね!

ちなみに、海外では「ミスタイプ」の方が一般的な使われ方のようです。

 

今回のブログ記事では、「タイプミスとミスタイプ」の2つの表現について、英語辞典などの情報をもとにしながら解説します。

ミスタイプの意味と使い方

ミスタイプは、英語の「mistype(動詞)」を日本語に翻訳した言葉です。

直訳すると「誤った入力をする」という意味になりますね。

名詞ではなく、動詞なんです!

 

具体的には、キーボードを打つ際に「こんにちは」と入力したいのに、「こにちは」と誤入力してしまうことなどを指します。

 

ミスタイプは、英語で一般的に使われる表現です。

ただ、日本語としても親しみやすさがありますね。例えば…

  • ミスった
  • ミスショット
  • ミスプリント
  • ミスキック
  • ミスキャスト

↑このように、ミス〇〇という言い方は、日本でも日常的に使われています!

 

タイプミスの意味と使い方

タイプミスは、英語の「type miss」をカタカナに翻訳した言葉です。

直訳すると「印刷の誤り」となりますが、キーボード入力においては「誤入力」のことを指します。

 

タイプミスは、英語圏でも正しい表現ではあるようです。

辞典にも掲載されているとか。

 

ただし、どちらかと言うと英語圏では先ほどの「ミスタイプ」の方がよく使われます

日本では、どちらかと言うと「タイプミス」の方が使われませんか!?…多分ですが。

 

ちなみに・・・

  • キャッチミス
  • ニアミス
  • シュートミス
  • パスミス
  • オーダーミス

↑などなど、〇〇ミスという単語も、日常的に使われていますね。

 

そういわれてみると、バスケでは「ミスパス」とか「ミスシュート」とは言いませんね。

 

ミスタイプとタイプミスの例文:英語では前者が使われる?

先ほども少し触れましたが、英語としては、どちらの単語も間違っていません。

英語の辞書にも、しっかり掲載されているようです。

 

ただし、どちらかと言うと「ミスタイプ」の方が使われる傾向にあるとか。

それぞれ、例文を紹介しておきます。

■The student mistyped the math formula and obtained an incorrect result for the calculation.
(その生徒は数式を誤って入力し、正しくない計算結果を得ました。)

■I made a type miss in my homework and accidentally wrote “teh” instead of “the”.
(宿題でタイプミスをしてしまい、「the」の代わりに「teh」と書いてしまいました。)

前者の例文では、「mistype」が誤って入力することを指す「動詞」として使用されています。

 

後者の例文では、「type miss」が間違いや誤植を指す「名詞」として使用されていますね。

 

語順が逆なのに意味が同じ言葉は他にもある

先ほども少し例示しましたが、「語順が逆でも意味が同じ言葉」って割とあります。

  • ミスオーダーと、オーダーミス
  • エラーメールと、メールエラー
  • ノートブックと、ブックノート

このように、単語の順番を入れ替えても同じ意味を持つ言葉を「順序可逆語(Reversible Word)」と呼ぶこともあるみたいですね♪

 

【まとめ】ミスタイプもタイプミスも正しい使い方です!

今回のブログ記事では、「ミスタイプとタイプミス」について解説してきました。

 

ミスタイプは海外でも日本でも広く使われ、親しみやすい表現です。

一方、タイプミスはどちらかと言うと日本で使うことが多い表現です。

 

どちらも英語表現としては正しくて、間違っていません!!

急いでキーボード入力する際には、ミスタイプやタイプミスが発生することは避けられませんよね。(スマホ入力も同じですね…!)

 

※参考記事はこちら↓

▶【悩み】誤字脱字が直らない原因&直し方7つ【タイプミス多すぎ…病気?】

 

今回の記事がなにかの参考になりましたら幸いです☆彡