【賃貸】ガスを契約しないのはアリ?プロパン解約はおすすめ【単身節約術】

雑記

賃貸アパートに住んでいる人の悩みの種は、プロパンガスの料金が高いこと…

個人的に、ガスは契約しない・解約する、という方法は、かなりおすすめ。

  • プロパンガスはなぜ高い?
  • ガス契約って任意?
  • 契約しないってアリ?違法?
  • 契約しない方法、解約の方法

といった内容を、紹介していきます。

 

ファミリーで住んでいるとさすがにガスなし生活は厳しいかもしれませんが、身軽な単身生活なら、ガスなんて必要ないです。

カセットコンロ&銭湯や水シャワーで、普通に生活できます。

 

今回のブログ記事では、一年以上、プロパンガスと契約しないで生活した経験のある筆者が、ガス代金の究極の節約術を紹介します。

スポンサーリンク

プロパンガス料金が高すぎる…賃貸アパートの悩み

賃貸アパートに住んでいるあなた、プロパンガス料金が高すぎると思いませんか?

 

都市ガスを利用した経験がある人なら、その料金の差に驚くはずです。

特に冬場は最悪。

 

料理はそこそこ、お風呂は毎日、といった単身世帯でも、冬のガス代が月に5千円とか1万円とかかかるのは、高すぎる。

 

マンションならほとんど都市ガス。

一戸建てなら自分で選ぶこともできる。

でも、賃貸アパートだとプロパンガスしか選択肢がない…

 

それでなくても家計が苦しいのに、光熱費が痛い出費なんですよね。

 

なぜプロパンガス料金は高い?ほぼ悪徳商売…

なぜプロパンガスって、こんなに料金が高いのでしょうか?

 

その理由は簡単。

入居者はガス会社を選べず、独占市場が形成されているから。

 

大家さんが、ガス会社と契約をしていますので、

その物件に住むことを決めた以上、入居者がガス会社を変更することはできません。

 

どんなに料金が高くても、他の選択肢がないのですから、そこには市場の競争原理がありません。

 

「高くても、ウチのガスを使わないと、暮らせないっしょ」

という姿勢で、割高価格のLPガスを売りつけてきます。

言い方を悪くすると、悪徳商売…

 

※良心的な、優しいプロパンガス会社もあります。

 

もちろん、値下げ交渉はできますし、成功する人もいます。

それでも都市ガス並みに安いプロパンガス会社は、ないです。

 

プロパンガス料金の二部料金制って何?

プロパンガス会社は、二部料金制を採用しています。

 

要するに、

  • 基本料金
  • 従量料金

が、毎月請求されるというわけですね。

 

基本料金と言うのは、毎月、ガスを使おうが使わまいが、必ずかかる料金です。

相場は1500円~2000円ほど。

 

従量料金と言うのは、ガスを使用した分だけかかる料金です。

従量単価が300円~400円程度なら、相場。

 

もしも、ガス1㎥当たりの料金が400円~500円以上だったら、ちょっと高いです。

ひどいガス会社だと、700円~1000円くらいの会社もあるとか。

 

ここまで来ると、完全にぼったくり。

完全に、悪徳商売です。

 

プロパンガスを契約しない・解約するのがおすすめ!

今回のブログ記事の結論です。

プロパンガス会社とは契約しない・解約する、のがおすすめの方法です!

 

どんなに卓上IHコンロを使ったり、お風呂の湯量を減らしたり、設定温度を低くしたり、そういう「ガス代節約の工夫」をしても、高いもんは高い。

 

そもそも、悪徳ガス会社に料金を払い続けるのは、精神的にも嫌ですよね。

 

思い切って、プロパンガスを解約しましょう。

そもそも、契約しないで暮らしましょう。

 

これが、究極のガス代節約方法。

特に単身者には、おすすめです。

 

もちろん、違法でも何でもありません。

ガス会社との契約は、任意です。

 

入居後に、入居者が、開栓の手続きをしなければいいだけの話。

もしくは、閉栓してもらって、そのままにしておけばOK。

 

契約していないわけですから、

当然、基本料金も払う必要もありません。

 

ガスを使わない生活ってできる?

とは言っても、ガスを一切使わない生活ってできるのでしょうか?

 

私は、できています。

 

暮らしの中でガスを使う場面は、大きく2種類。

  • ガスコンロ
  • 給湯(お風呂)

ですよね。

 

電気なしで暮らす自信はないけれど、ガスなしで暮らすことは可能です。

 

ガスコンロは、カセットコンロを使えば問題なし。

お風呂は、水シャワーや銭湯やスポーツジムを使えば問題なし。

 

家族数人で住んでいる場合は難しい面もあるかもしれませんが、身軽な単身者なら、余裕です。

もう少し、詳しく見てみましょうか。

 

ガスコンロなんて不要!カセットコンロ+ボンベ&炊飯器

料理の際のガスコンロは、カセットコンロ+ボンベ&炊飯器で代用可能です。

 

私は一日三食、しっかり自炊する派ですが、問題ありません。

ガスボンベは安いものだと一本100円ほどで、5日くらい持ちます。

安いです。

 

煮込み料理は、炊飯器を使えばいいのです。

炊飯器レシピって結構たくさんありますので、そんなに不自由なく料理が楽しめますよ。

 

以前は3口ガスコンロを使い倒していましたので、しばらく慣れませんでした。

でも、慣れてみれば全く問題なしです。

 

お風呂が沸かせないなら銭湯に行けばいいのに

ガスを使わない生活をするなかで、最も困るのはお湯が出ないこと。

もっと言うと、お風呂が沸かせないことです。

 

でも、私の場合は、

  • 夏場は水シャワー
  • 冬場は銭湯やスポーツジム

という方法で、乗り切りました。

 

友人の家や実家で借りるのも、一つの手ですね。

 

とは言っても、

「精神的にも肉体的にも、毎日の自宅でのお風呂の時間が大事」と言う人には、

電気でお風呂を沸かす方法もあるんです。

 

「バスヒーター」「風呂バンス」「電気 お風呂」とかで検索すると、出てきますよ。

2万円前後する高級品なので、私は買いませんでしたが、ガス代の高さを考えれば元が取れると思います。

 

ガスがなくても、風呂に入る方法はありますよ。

 

ガスを契約しないで生活できる!単身アパート暮らしの節約方法

今回のブログ記事では、賃貸アパートのプロパンガスを契約しないで暮らす方法について、情報をまとめました。

  • プロパンは言い値で支払わされる
  • ガスの開栓、契約は任意
  • ガス利用なんて料理と風呂だけ

といった情報を紹介してきました。

 

結論としては、工夫すれば、ガスなしで生活できる!と言えます。

というか、解約したまま一年以上、暮らせましたよ。

究極の光熱費節約術です。

 

家族暮らしだと、料理もお風呂も、ガスなし生活が難しくなる場合もあるかと思います。

でも、単身者なら、異常に高いプロパンガス料金を支払って、悔しい想いをするよりも、よっぽど満足度が高い生活ができます^^

 

昔の人って、自宅に風呂がない人も多かったんですよね。

近所の銭湯に通ったり、川で水浴びをしたり…

ちょっと話は逸れましたが、自宅でお風呂に入るのが当たり前っていうのを無くしてみて、それから工夫の方法を考えればいいんです。

 

悪徳ガス会社の言い値で、我慢することはありません。

拒絶して、解約して、契約しないで、悠々自適に節約生活を楽しみましょう。

 

料理は何の問題もなし。

お風呂は、工夫次第で何とかなります。

 

ガス料金の交渉はストレスも溜まりますし、結局都市ガス並みに安くなることはないです。

都市ガス物件に引っ越すのもいいですが、その前に解約しちゃうのもおすすめ!

 

気持ちも家計も、楽になりますよ^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました