【エイブル退去】解約通知書をなくした…直接取りに行くかダウンロードか【面倒】

雑記

エイブル管理の賃貸住宅を解約する際は、ちょっと手続きが面倒です。

  • エイブルの解約通知書はハガキ?
  • 解約通知書を紛失…なくしたら?
  • 直接の受け渡しも可能?
  • 解約予告期間より前に当社宛てに投函…?

このような情報を、ブログ記事にまとめました。

 

結論から言うと、エイブル物件の解約手続きは、他者とは違って面倒です。

電話連絡ではなく、基本的にハガキでの受付になっているのがやっかい。

 

解約通知書を無くした場合には、直接店舗に取りに行って記入するか、ネット上でダウンロードする必要があります。

 

今回のブログ記事では、実際にエイブル物件を解約した筆者が、解約通知書(ハガキ)について詳しく書いていきます。

エイブルの解約通知書はハガキ?

お住いの都道府県によって違いはありますが、基本的に、エイブル管理物件の解約通知書は「ハガキ」です。

  • 契約書の裏についている
  • 契約時に渡される
  • エイブル宛てとオーナー宛ての2通もらう

といったパターンがあります。

 

契約時にも「解約したいときは、1か月の解約予告期間を見越して、ハガキを投函してください」という説明を受けた記憶があります。

 

解約予告期間ってどんな意味?

解約予告期間とは、「退去日よりも○か月前に連絡ちょうだいね」という意味。

 

明日引っ越したいとか、来週引っ越したいとか、そんな急に解約できないんですね。

これはエイブル物件に限らず、どこの管理会社・仲介会社でも同じ。

 

エイブルの場合は、電話連絡ではなく、ハガキ連絡だから、ややこしい。

 

ハガキが届いてから1か月?消印有効?

基本的に、エイブルの解約通知書は、郵便局による消印日が有効になるようです。

 

ただし、一部の店舗や担当者は、

到着時から1か月以上あとの解約しか認めてくれないケースもあるようなので注意。

 

余計な日割り家賃がかからないよう、注意しましょう。

 

例えば、

6月30日に退去したいな…という場合は、

ハガキは5月31日に出したのでは受理されないかもしれない。

 

できれば5月25日くらいには投函したいところ。

 

ハガキを出した当日に店舗で確認してもらえるとは限らないので…。郵便屋さんも、2日くらいかかることありますからね。

 

エイブルの解約通知書をなくした…紛失した…

さて、エイブルの解約通知はがきを紛失した…なくした…という時はどうすればよいでしょうか?

 

結論から言うと、3通りの解決方法があります。

  • エイブル店舗に直接取りに行く
  • ネット上でダウンロードして投函する
  • FAXか郵送で送ってもらう

 

エイブル店舗に直接取りに行く

解約通知書をなくした場合、一番確実で素早い対応ができるのが、直接店舗に行って受け取り、手渡ししてしまう方法。

 

店が近くにあり、時間がある場合には最も有効。

  • 直接、解約の意思を伝えられる
  • その場で記入し、受領してもらえる
  • 切手代が不要になる
  • 今後の解約手続きの流れを教えてもらえる

といったメリットがあります。

 

しかしながら、エイブルが遠距離の場合や、店に行く時間が取れない多忙な人は、ちょっと困りますね。

 

ネット上でダウンロード、印刷

エイブルの解約通知書は、公式サイト上でダウンロード、印刷することができます。

 

自宅にプリンター環境がある人は、簡単でおすすめの方法。

エイブル保証が絡んでいる場合は、ネット上の解約申込が可能な場合もあるみたいです。

 

FAXや郵送で自宅に送ってもらう

エイブルに電話連絡をして、解約通知書をFAXや郵送で送ってもらうことも可能。

 

一番時間がかかる方法ですが、電話の段階で解約の意向を伝えられるのはメリット。

今どき、FAXを使っている人は少ないかな…。

 

 

【体験談】エイブルの解約方法と、他社の違い

筆者は、エイブル管理の物件に2年間住んでいた経験があります。

 

更新しないで解約することにしたのですが、退去日の1か月前に電話連絡すると「当社宛てにハガキが届いた段階での受付です」と言われました。

 

「そういえば、ハガキなんてあったなあ」と思って、解約通知書を記入。

ただ、既に1か月前ギリギリだったので、ポスト投函しても間に合わないかもと思いました。

 

なので、解約通知はがきを書いたら、直接、店に持っていきました。

「当社宛てはいいですけど、大家さん宛てにも書きましたか?」とエイブル担当者。

 

確かに、エイブル宛てとオーナー宛ての2通がありました。

大家さんにも1か月以上前に到着してないと迷惑なのかな…と思い、今まで一度もあいさつしたこともない大家さんの自宅ポストへも直接投函しておきました。

 

退去日は希望通りに受理され、立ち合いは散々な結果でしたが、なんとか解約できました。

 

実は、退去の立ち合い時に、かなりの高額リフォームを請求されたんです。

詳しくは、以下の記事で書いてます。

▶【体験談】エイブルはひどい・使えない・対応悪い・ぼったくり【仲介手数料半額だが】

 

 

ちなみに、エイブル以外の会社だと、ハガキなんて不要。

電話にて「○月○日に退去したい」と伝えれば、管理会社が率先して手続きを進めてくれます。

 

エイブルは全国展開されている知名度の高い不動産会社ですが、どうも対応には当たりハズレがあってイマイチな印象なんですよね。

 

【まとめ】エイブルの解約通知ハガキを紛失したら直接乗り込んじゃえ

今回のブログ記事では、緑の看板「エイブル」の退去・解約について書いてきました。

 

内容をまとめると、以下の通り。

  • エイブルの解約通知書はハガキ
  • ハガキは契約書や契約時書類に入っている
  • 1か月か2か月の解約予告期間に注意
  • 紛失した場合は、直接店に取りに行くのがおすすめ
  • ダウンロードや郵送も可能
  • 他社さんは電話連絡だけで解約できるのに…

といった内容でしたね。

 

私の場合は、退去時に高額請求されましたし、業者がけっこう細かいので参りました…。

 

エイブルの退去時の口コミを検索すると、私と同様の経験をしている人が多いです。

中には、7万円の物件を数年借りてただけなのに、退去時の清算金が100万円を超えてしまったというケースも…。

 

ここまで来ると、悪徳商法ですが…事実なのでしょうか?

 

いずれにしても、エイブルの解約は面倒くさいです。

今どき、ハガキ連絡っていうのは時代遅れでは?

 

引っ越しを急いでいる人は、早めに退去連絡ができるよう、対策しておいてください。

 

個人的には、直接、お店に行き、その場で記入して提出するのが一番おすすめ。

速いし、確実だし、分かりやすい。

 

何かご不明点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

▶【賃貸】ガスを契約しないのはアリ?プロパン解約はおすすめ【単身節約術】

コメント

タイトルとURLをコピーしました