【文章】一時間で何文字書ける?平均値は?考えながら書く練習をすれば2000字!

稼ぐ旅行ブログの作り方

文章をパソコンで書く場合、あなたは一時間で何文字程度書けるでしょうか?

  • 平均、一時間で何文字書ける?
  • どのくらい書ければすごいか?
  • 文字起こしと考えながら書くことの違い
  • どうやったら早く書けるようになる?

といった情報を、ブログ記事にまとめました。

 

ブロガーやライターは文章を書くことが仕事ですし、学生だってレポートの提出があります。

二万字以上で論文を書け、と言われると、結構大変ですよね。

 

先に私の実力を紹介すると、一時間で2500文字程度です。

ちょっとだけ早いレベルです。

 

しかし、ブログを始めたばかりの頃は、一時間で1000文字書くのがやっとでした。

それを考えると、練習次第で何倍ものスピードに成長できるわけですね。

 

平均目安としては1時間800文字~1000文字。

 

脳科学者の茂木先生は、自身の著書で一時間で5000文字くらいのペースで文章を書いていると言っていました。

週刊誌の連載・2000文字程度なら、約20分ですね。早い…

 

今回のブログ記事では、一時間で文章を何文字くらい書けるのか、どのくらい書ければ早いのか、情報と経験談をまとめてみました。

スポンサーリンク

文章やレポートを書くための順序・準備?【いきなり本文派】

そもそも、文章やレポートを書くための順序・準備は人それぞれだと思います。

 

多くの人は、

先に見出しを考え、全体の構成を決めてから本文を書くのがおすすめ

と言います。

 

ブロガーとして成功している人も、見出しから考える方法をとっている人が多いです。

学生の教授なんかは、「構成が大事だ」と何度も言うはずです。

 

いきなり本文を書くよりも、文章全体にまとまりが出て、書き漏れや書きすぎを防ぐ効果が期待できます。

 

しかし、私はいきなり本文を書き始めるタイプ。

※このブログ記事も、タイトルを考えるところからここまで、一気に来ています。

※今のところ、10分ほど経過。笑

 

賛否両論があると思いますが、構成を考えていると、なんとなく勢いがなくなるというか、やる気がなくなるというか…思いついたままにダーッと書いていった方が、書きやすいんです。

 

構成が変だったり、書きすぎや書き忘れがあったら、後からリライトすればいいじゃん、と思います。

 

ブログ記事だって、卒論やレポートだって、同じだと思いますよ。

準備も大事だけど、自分の意見を書くときは、あまり気にしすぎずにまずアウトプットしてみるのもおすすめです。

 

一時間で何文字書けるのが平均目安か?

それでは、1時間で何文字くらい書けるのが平均目安値でしょうか?

 

実体験&独自調査によると、

1時間で800文字~1000文字書ければ、平均的です。

 

しかしこれは、パソコンは普通に使えるけど日常的に文章を書くわけではない人の平均。

 

学生や社会人の中でも、日常的に文章を書いている場合は、

1時間で1500文字~2000文字くらい書けるのが平均目安です。

 

特にブロガーやライターは書くのが早いですね。

 

私は気が付くと3000文字以上書いていることが多いです。

ブログを始めた時は、一記事2000文字を書くのが長くて、とてもしんどかったのを覚えています。

 

一応、何年もブログを書いているので、平均以上には成長できたのかな…?

 

どれくらい書けると早い?すごい?

文章は、早く書くことだけが能力ではないですが、すごい人だと何文字くらい書けるのか、気になりますよね。

 

私は、茂木健一郎先生(脳科学者)の著書をよく読みます。

その中で、茂木先生の文章作成時間についての記述がありました。

 

茂木先生は、2000文字程度の週刊誌の連載は、20分~25分で書けるそうです。

タクシー移動中に書いてしまうこともあるんだとか。

 

つまり、1時間では5000文字程度の文章を書けるスピード感になります。

これは、早い。すごいです。

 

茂木先生よりも、もっと文章を書くことだけを仕事にしている人もいます。

ウェブライターとか、ブロガーとか。

 

そういう人たちだと、1時間で6000文字とか書いちゃう人もいるんでしょうね。

ただし、さっき言ったように、文章はスピードよりも中身・内容の方が大事なのは言うまでもありません。

 

茂木先生は、日常的にアイデアの棚が脳内にあって、文章を書くときにはそれを引き出しながら書いているから、早いのに内容が濃いんでしょう。

 

さすが、一流です。

 

文字起こしと文章作成の違いもある

1時間に何文字、という話になると、タイピングの能力の問題のような気がしますよね。

 

でもそれだけではありません。

タイピングのスピードを競うのであれば、文字起こしをする人なんかは、1時間に1万字も2万字も打ててしまうのだと思います。

 

驚異的なブラインドタッチで、あっという間に文章が完成していくので、尊敬します。

 

ただし、ブログ記事の作成やレポートや論文の作成は、文字起こしと比較してはいけません。

 

要するに、考えながら書く能力、です。

 

自分なりの考え・意見を交えながら、考えたことを文章にしていく能力って、文字起こしやタイピングの能力とは全然違います。

 

文章を書くためには情報や知識(インプット)の蓄積が必要ですし、それを文章として表現する(アウトプット)必要がありますからね。

 

小中学校でも、読書感想文とか作文の宿題ってありましたが、

やっぱり他の教科の勉強とは一味違う能力が必要になるのだと思います。

 

※この記事で私が言っている「1時間で何文字書けるか」というのは、全て「考えながら文章を作成する」という意味です。

 

どうすれば早く文章が作れるようになる?練習方法は?

どうすれば文章を書くのが早くなるでしょうか?

 

練習方法としては、文章を書くことです。

 

すみません、当たり前のこと言い過ぎました…

でも、正直、これしかないです。

 

野球のバッティングがうまくなるためには、イチローの書いたバッティング理論の本を読むことも大事ですが、やっぱりそれを実践しないと意味ないですよね。

 

インプットした情報を、自分の身体でアウトプットしてみる。

それが、練習方法です。

 

だから、文章を書くことについても、文章の書き方やタイピングが早くなるコツを、学ぶだけでは意味がない。

実際に、考えながら自分なりの文章を書くことで、早くなります。

 

茂木先生もおすすめしているのが、ブログというツール。

スマホのフリック入力が驚くほど速い若者はいますが、やはりパソコン入力のスピードには敵いません。

 

パソコンを使って、文章を書く。

 

これが、唯一にして最高の練習方法です。

 

1時間で何文字書けるか知っておくと予定・目標を管理できる

もしもあなたが、ブロガー・ライターなら、1時間で何文字書けるかを知っておくとメリットがあります。

 

今日はすきま時間が30分あるな…

それなら1000文字くらい書けるぞ!

 

明日までに3000文字のレポートか…

だいたい2時間必要だから、夜に書いちゃおう!

 

などなど、自分の能力に合わせて予定・目標をコントロールすることができます。

 

もっと細分化すると、

10分だけでも集中すれば、400文字は書けるかもしれません。

 

スマホだと、フリック入力が早い人でも文字数は半分以下でしょうか。

やっぱり文章作成には、パソコンが一番です。

 

1時間で文章を何文字書ける?3000文字から成長するために必要なこと

今回のブログ記事では、一時間に何文字の文章を書けるのか、平均値や練習法などをまとめてみました。

 

1時間で1000文字書ければ平均的です。

 

私のように、文章を書くのを仕事にしているなら、

1時間で2500文字というのは平均的か、少し早い方のレベル。

 

実際、このブログ記事を一つ書くのに、約60分。

今回の記事は約3000文字。

 

私の現時点での能力では、こんなもんです。

 

ここから成長するためには、文章をもっと書き続けるしかありません。

 

ただ、私はタイピングの勉強をしたことがないので、結構変な指を使っていると思います。

独自のタイピングなので、そこを改善させれば、もしかしたらもう少し早くなったりして。

 

茂木健一郎先生のように、1時間で内容の濃い文章を5000文字くらい書けるようになったら、ブロガーとしても一人前かもしれません。

 

これからも、頑張ってみます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました