【ホラー】よつばと!が怖いと噂に…何が?【12巻・13巻】

漫画&アニメ

よつばとがネット上で「怖い」「ホラーだ」と言われています。

 

特に2chで噂になっているようです。

  • よつばと!が怖いと言われるのはなぜ?
  • 都市伝説にしたがる人のうわさ?
  • 12巻・13巻の怖さは「秋だから」

といった情報を、ブログ記事にまとめました。

 

結論としては、よつばとの12巻・13巻・14巻を読み直してみましたが、全然怖くないです。

ひとりのファンの意見ですが、どんな作品でも「都市伝説」と結びつけようとする人が「怖い」「ホラー」と吹聴しているのだと思います。

 

世界的な人気漫画ですから、これからもネット上の噂話が付きまとう運命です…

スポンサーリンク

よつばと12巻・13巻が怖いと言われるのはなぜ?

よつばとのコミックス12巻・13巻は、一部の読者から「怖い」という感想があります。

なぜ怖い・ホラーと言われてるのでしょうか?

 

12巻のどこが怖い?

よつばと12巻では、

  • 風景、背景が寂しい
  • よつばがいないのに写真がたくさん
  • 最後の「きょうは何してあそぶ?」というセリフ

が怖いと言われています。

 

個人的には、まったく怖くないです。

秋の物寂しい雰囲気や、キャンプ場での広々とした中に自分一人だけがいる感覚が表現されていると思います。

 

写真の描写は、とーちゃんの「夢オチ」を思わせるとか…。

つまり、よつばがいなくなったことを回想するような悲しいシーンに見えるらしいです。

 

最後のよつばのセリフは、最終回を思わせるので、少しびっくりしましたけどね。

何度も読み直していますが、正直、何が怖いのか、分かりません。

 

★参考記事

▶【よつばと】最終回・最終話の予想が面白い!どんな結末に…

 

13巻も何が怖いのか分からない…

よつばとのコミックス13巻の感想として、

  • ばーちゃんとの別れが寂しい
  • 風景が寂しい
  • くろいおばけが怖い
  • 画力が下がっている

といったものがありました。

 

画力については、確かに私も感じることがあります。

連載開始の頃と比較すると、デジタル化されているというか…手書きの描き込み感が薄いというか…

よつば自身も、ちょっと元気ない感じです。

 

でも…怖さは感じません。

ばーちゃんとの出会いと別れに寂しさがあるのは、子どもの頃の「日常」ですよね。

私もじいちゃん・ばあちゃんの家から、自宅に帰りたくなかった記憶があります。

 

よつばとの季節が秋になって悲しく寂しい雰囲気に?

よつばと!は、夏から始まりました。

夏の時期が長く、晩夏になり、ようやく11巻・12巻あたりから秋の季節が描かれています。

 

夏の暑い時期って、景色も人々も、明るい雰囲気になりますよね。

  • プール
  • 夏祭り
  • 花火
  • かき氷
  • スイカ割り

などなど、夏のイベントってやっぱり明るいイメージ。

 

その一方、秋のイメージって、

  • 紅葉
  • お月見
  • 落ち葉
  • 焚き火
  • 焼き芋

など、どことなく哀愁がある感じ。

 

これは、よつばとに限らず、日本に住んでいる人なら誰もが感じるイメージです。

 

あずま先生は、風景や背景の描き込みと、日常で出会うちょっとしたストーリーを重視する方です。

秋の風景や出来事をリアルに描き出すことで、絵にもストーリーにも哀愁が漂うのは、当然です。

 

怖いとかホラーとか、そういうことではなく、

「秋の物寂しい雰囲気がよく表現されている」ということではないでしょうか?

 

漫画やアニメを都市伝説・オカルトにする人たちがいる

ネット上には、漫画やアニメをすぐに「都市伝説」や「オカルト」と関連付けようとする人たちがいます。

 

俗にいう、2ちゃんねらーですかね。

 

事実無根のこじつけでも、何となく面白いというか、興味持っちゃうんですよね。

 

私も、都市伝説を見るのは好きです。

「名探偵コナンの黒づくめのボスが、アガサ博士だ」みたいなやつ。

考察している人の考えとか見ていると、「面白いなあ」と思います。

 

でも、よつばとの場合は、ちょっと無理矢理すぎるというか「それ、秋だからやん」とツッコみたくなります。

最新刊15巻を待ちわびていますが、そろそろ冬の季節もやってくる頃です。

 

「よつばとが怖い」と言っている人が、次はどんなこじつけで、よつばとをホラー化するのか、ある意味で楽しみです。

 

よつばとは怖くない。アンチも多いけど大好きです

今回のブログ記事では、漫画よつばと!が「怖い」「ホラー」と言われていることについて、考察しました。

 

結論としては、怖い描写はないですし、特に不可解なオカルトはありません。

いつも通り、秋のよつばの日常を描いた作品です。

 

世界的に大人気のコミックなので、アンチも多くなるのは自然なこと。

  • よつばは障害者だ
  • イライラする
  • うざい
  • 悲しい
  • きもい

とか言っている人は、読まなければいいのです。

▶【よつばと】よつばの生い立ち・出身・母親は?ファンタジー的魅力【謎のまま】

 

とはいうものの、

個人的にも、13巻と14巻の内容は、あまり面白くないという感想でした。

面白さが半減したというか、題材があまりにも俗受けしすぎているというか…

 

初期のころのように、等身大の、何でもない「ただのよつばの日常」がストーリーになっていると面白いのですが。

 

カメラもキャンプもスマホもヨガも、何となく、現実世界での流行を取り入れたような感じがして、ちょっとつまらないです。

 

15巻以降で、また面白い日常漫画になってくるといいなと願っています^^

 

いずれにしても、「怖い」「ホラーだ」と言われるような描写はないので、

引き続き、秋から冬のよつばを楽しみにしています!

 

▶【よつばと】なぜTVアニメ化されない?可能性は低いが実はNHK Eテレで制作済!

▶【2020年】よつばと!最新刊15巻の発売日はいつ?連載状況&休載&ネタバレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました