【半衿】幅や長さは何センチあれば使える?半襟を手作り・ハンドメイドする方法

手芸

着物・和装では「半衿」で首回りを装飾しますよね。

この半衿(半襟)の長さは何センチあれば使えるでしょうか?

  • 半衿とは何?
  • 半衿の幅や長さは?
  • 手作り・ハンドメイドの方法は?

といった情報を、ブログ記事にまとめました。

 

結論としては、半衿の幅は15センチから20センチ前後、長さは100センチから180センチ前後の長さが目安になります。

今回のブログ記事では、着物の半衿を手作りした経験のあるきもの大好きの筆者が、情報をまとめました。

スポンサーリンク

半衿・半襟とは何?使い方は?

半衿とは何?使い方も分からない、という方もいるかもしれません。

 

漢字では「半衿」とも「半襟」とも書きます。

どちらも同じ意味で、書き方が2種類あるだけです。

 

着物の下に着る長襦袢の襟元に付けることで、首元をオシャレにします。

  • 白無地
  • 刺繍襟
  • 色柄物
  • ビーズ

など、デザインも豊富。

 

改まった席では白色の半衿が無難ですが、

カジュアルな着物であれば、豪華で派手な色合いの半衿で、おしゃれなコーディネートができます。

 

また、長襦袢の襟に汚れが付かないようにガードする役割もあります。

 

参考記事

【コーデ】浴衣にも半衿を付ける?さりげないオシャレで可愛い着物風に@夏の和装

 

半衿の幅×長さは何センチなら使える?

半衿の幅と長さは、何センチ以上あれば使えるでしょうか?

 

結論としては、

  • 幅は15センチ~20センチ前後
  • 長さは100センチ~180センチ前後

であれば使えます。

 

着物屋・呉服屋で販売されている半衿も、だいたいこのくらいです。

 

個人的に、一番使いやすいのは、

20センチ×長さ150センチ程度です。

 

長すぎたり、幅が大きすぎると、若干使いにくいんですよね。

 

逆に、一番短い半衿だと、

10センチ×長さ90センチのものを使った経験もあります。

 

短すぎて大変だったし、きっちりと正装するのは無理です。

ただ、浴衣とか、気軽なお着物だったら、短くても十分に半衿の役目は果たしてくれます。

 

もちろん、体格によっても個人差がありますけどね。

 

半襟と重ね襟(伊達襟)の違いとは?

半襟と似たようなものに、「伊達襟(重ね襟)」というものがあります。

違いは何でしょうか?

 

半襟が、長襦袢の襟に付ける、一枚の布であるのに対して、

重ね襟は、着物の襟に重ね、裏地付きで厚みがあります。

 

派手な色合いで、表面に光沢があるものが多いです。

 

首に近いところから、

  • 半襟
  • 伊達襟
  • 着物の襟

という順番で見えるわけです。

伊達襟について・山善小林

 

半衿をハンドメイドするのが面白い!方法は?

私は、半衿をハンドメイド(手作り)して楽しんでいます。

 

もちろん、ちょっと面白半分で着物を着るときだけですけどね。

※正装の時は、生絹の半衿を付けます。

 

半衿を手作りする方法ですが、

適度な長さの布の端を、処理するだけです。

 

ロックミシンなどでほつれないようにしてあげれば、半衿としての役割は果たしてくれます。

 

着物に合う、和風の布を探す方が難しいかもしれませんね。

 

着物の半衿の幅と長さは何センチ必要?みんな着物や浴衣を着よう

今回のブログ記事では、着物・和装に欠かせない「半衿」について、情報をまとめました。

いかがだったでしょうか?

 

半衿をハンドメイドする際には、

  • 15センチから20センチ
  • 長さ100センチから180センチ

を目安にしてみましょう。

 

個人的には、幅20センチ×長さ150センチくらいの半衿が一番使いやすいと実感しています。

 

半衿で、着物姿におしゃれなファッション要素を加えてみると、面白いです。

和服を着るには暑い時期になりましたが、夏祭りは浴衣があります。

 

浴衣にも半衿を付けると、センス抜群!かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました