【アクションカメラ】レンズの傷は修理できない?ぼやける・影が入る・かすむ時の対処法

キャンプ・アウトドア

ゴープロをはじめとする「アクションカメラ」のレンズに傷が入ると、写真や映像がぼやけて、影が入るようになります。

 

何とか修理したいところですが、傷を直す方法はあるのでしょうか?

  • アクションカメラとは何?
  • アクションカメラのレンズに傷が入ると?
  • 傷や汚れでぼやける・影が入る?
  • レンズの修理方法・対処法は?

といった情報を、ブログ記事に情報をまとめました。

 

結論から言うと、アクションカメラのレンズの傷を修理するのは至難の業です。

修理に出すか、自力でパーツ交換をする選択肢もありますが、格安アクションカメラなら諦めて新しい機種を購入するのが一番の方法です。

 

今回のブログ記事では、旅行やスポーツでアクションカメラを2年間愛用していた筆者が、レンズに傷が入った写真・映像に対処する方法を紹介します。

スポンサーリンク

アクションカメラとは何?海外旅行におすすめ

アクションカメラって何?という人は少なくなってきました。

 

数年前までは一部のガジェット好きが「Go-Pro(ゴープロ)」に熱中しているだけでしたが、

中国製の中華格安アクションカメラが流通するようになり、さらに一般的に!

 

  • スマホカメラの画質で十分!
  • デジカメは不要!
  • 高いし重いし写真はスマホ!
  • ビデオカメラもスマホで十分!

といった人は多いですが、アクションカメラを持つ人は増えています。

 

主な特徴とおすすめのポイントは、

  • 小型・コンパクトサイズ
  • 広角レンズで170度撮影
  • 画質がきれい(4K)
  • 動画・ムービーの手ブレ補正
  • 防水ケースに入れて水中撮影
  • 車内カメラとしても優秀
  • 5000円~1万円と、値段が安い

といったところです。

 

海外旅行好きの私としては、

きれいな海でシュノーケリングするときの水中撮影や、大きな建物と一緒に自撮りする時にも便利でおすすめ。

ハワイではウミガメと至近距離で水中撮影。

スペインでは広大なひまわり畑を広角撮影。

おすすめです。

 

※ちなみにApeman A80を使っていました。

 

アクションカメラのレンズに傷がつくとぼやける・影が入る・かすむ・くもる

アクションカメラのレンズに傷がつくと、映像・写真に悪影響が出てきます。

 

上の写真は、実際にレンズの傷によるぼやけが出てる…

  • ぼやける
  • 白っぽい影が入る
  • かすむ
  • くもる

といった症状が出てきたら、レンズの傷が原因かも。

 

最初は「ちょっとくもってるな」「若干ぼやけてるかな」といった感じで、原因不明でした。

写真の半分ほどが白いぼやけ・影になってくると、「こりゃもうだめだ。傷が入ってたんだ」と手遅れだということに気が付きました。

 

小型サイズが魅力なので普段はケースもつけずに、裸で持ち歩いていました。

そのまま鞄に入れておいたり、ポケットから取り出したり、落としたりしているうちに、レンズの傷が大きくなっていたのです…

 

アクションカメラのレンズに傷が入ると、動画も、写真も、撮影角度を変えても、ぼやけます。

 

せっかくの高画質なカメラが台無し。

レンズに傷が入らないように、気を付けましょう。

 

レンズの傷を修理する方法・対処法は?

アクションカメラのレンズに傷が入った場合、修理する方法・対処法はあるのでしょうか?

 

結論としては、

新しい製品に交換した方が早いし確実、です。

 

しかし暇だし、何となく気が向いた私は、

  • レンズの傷を磨き上げて修理する方法
  • レンズのパーツを交換する方法

の2つを試してみました。

 

アクションカメラのレンズの傷を研磨して(磨いて)直す方法

アクションカメラのレンズを見ると、表面に傷が入っており、ざらざらしています。

このザラザラした部分が、映像のぼやけ・かすみになっているのですね。

 

それなら、レンズの表面を研磨してツルツルにすれば直るのでは?

 

そう思い、まずは眼鏡拭きで…そりゃ無理だ。

続いて、目の細かい紙やすりで…効果あり!

 

紙やすりで研磨すると、レンズの表面のザラザラがなくなったように感じました。

しかし、撮影してみると、映像のぼやけ・かすみは減りません。

むしろ悪化。

 

カメラに詳しくない素人なので大目に見てください。

詳しい人からすると、レンズというのは光を取扱う、非常にデリケートなものらしいです。

 

通常は、特殊なコーティングにより、少し落としたくらいでは致命的な傷はつきません。

しかし、私みたいに悪い使い方をしているとだめですね。

 

レンズのパーツだけをネット注文して交換する方法

アクションカメラのレンズだけのパーツが、ネットに売ってます。

※ほんと、何でも売ってる…

 

傷がついた後、表面をすべて削ってしまい使い物にならなくなったレンズは諦めます。

そして数日後、数百円で買えたレンズのパーツに交換してみました。

 

結果は、最悪の故障。笑

 

電源が付かなくなってしまいました。

詳細な作業中の写真を撮影し忘れてしまいましたが、レンズと本体が繋がっているケーブルを切断し、新しいレンズに繋ぎなおしたのですが、どうやらダメだったようです。

 

メカニックに詳しくないし、分解なんて初めての体験なので仕方ないか。

それか中国製のカメラは最初から修理する気がない…?

 

ゴープロのようなしっかりとした製品なら、保証や交換も対応してくれると思います。

格安アクションカメラですから、仕方ない。

 

つまり、格安アクションカメラのレンズに傷が入ったら、おとなしく諦めて新製品を購入するのが一番早いし、安いし、確実です。

 

※参考記事

アクションカム・Crosstour CT9500 のレンズが傷ついたのでレンズ交換してみました

 

格安アクションカメラも進化!新製品に買い替えよう

ちなみに、中華格安アクションカメラも、性能が大きく進化しています。

それに伴い、数年前に発売された製品は激安価格になっています。

 

みなさん、買いましょう。

結構ガチで面白くておすすめですよ。

 

今回、レンズに傷がついたことで買い替えをしたわけですが、

2020年現在、特におすすめしたい最新アクションカメラは以下の2製品。

これらはAmazonのアクションカメラ部門でもトップ。

 

安いので、遊び感覚で購入する人もいますが、

その本格的な画質の良さと、動画の手ブレ補正に驚く人も多いです。

 

ゴープロの偽物として、安かろう悪かろうという感じでしたが、

価格も1万円前後する代わりに、限りなくゴープロレベルに近づいてきた製品に仕上がってます。

 

最新の格安アクションカメラ、注目です。

 

アクションカメラのレンズの傷に注意!ぼやけ・かすみは修復できない

今回のブログ記事では、アクションカメラのレンズの傷について、情報をまとめました。

 

傷がつくと、写真がぼやけて、かすみが出てきます。

 

磨いたり交換したり、修理しようとしても難しい。

傷ついてしまったら、新しい格安アクションカメラに買い替えるのがおすすめです。

 

最近はレンズに傷がつかないよう、

普段持ち歩くときは防水カバーに入れて傷を防いでいます。

 

コンパクト感が薄れて邪魔くさいですが、仕方ない。

レンズも大事にしないと。

 

5000円~1万円ほどで購入できるのに、性能は高い。

中国製のアクションカメラを舐めてはいけませんよ!

おすすめです。

 

皆さんも、レンズの傷に気を付けて、大事に扱いましょう。

ご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました