【横田基地】オスプレイ騒音がうるさい…アメリカでは住宅地を飛ばない【自民党の闇】

雑記

米軍横田基地のオスプレイが、最近、特にうるさいと思いませんか?

2018年の正式配備から数年が経過しましたが、夜間飛行も目立ち、正直、うざいです。

 

騒音被害の地域に住む人であれば、一瞬でオスプレイの音だと分かります。

バリバリと響き、振動もすごい。

 

福生市民を中心に、オスプレイ配備・飛行訓練実施の反対運動は起こっていますが、政府に届くはずもありません…

ちなみに、アメリカ国内では、オスプレイの飛行訓練は住宅地を飛びません。

なぜだか、理由が分かりますか?

 

それは、うるさいし、安全性に不安が残るから、です。

びっくりしますが、本当です。

さらに、コウモリの生態系を壊すから、国立公園の上も飛行しません。

 

今回のブログ記事では、オスプレイ騒音被害について考えつつ、日本と米軍の異常な関係性について、事実に基づいてまとめました。

スポンサーリンク

オスプレイの騒音は超うるさい。夜間飛行も最悪

改めて言いますが、オスプレイの騒音は、すごくうるさいです。

 

戦闘機やヘリコプターとは、種類が違います。

「あ、オスプレイが来た」と、すぐに分かります。

 

バリバリバリという音で、振動もあります。

まるで、雷のような感じですかね。

 

ちなみに、上空を飛んでいなくても、軽く数キロ離れていても分かるくらい、うるさい。

 

横田基地の周辺住民は、気持ちよく晴れた昼間に、雷のような騒音を聞かされています。

  • もう慣れた
  • 諦めた
  • 生まれた時からこんなもんだ
  • 気にしない

という住民も多いですが、正直、私はうんざりします。

 

しかも最近は、なんだか夜間飛行も多いんです。

21時とかは当たり前。

子どもがいる家庭では、騒音で起きてしまいます。最悪です。

 

夜間飛行はなるべく行わないという努力義務って、裏を返せば、

「米軍が必要だと判断したら、いつでも何時でも、飛行していい」てことですからね。

 

アメリカ国内ではオスプレイの訓練は住宅地を飛ばない

さて、アメリカ本土では、オスプレイの訓練は住宅地ではできないのをご存知でしょうか?

 

日本国民の住宅地の上空では、バリバリと音を立てて飛んでいるのに、アメリカでは飛行訓練に制限があります。

住宅地の上と、国立公園の上は飛ばないんです。

 

なぜだか、理由がわかりますでしょうか?

それは、

  • 墜落した時にアメリカ国民の生命が危ないから
  • 振動や騒音がコウモリの生態を壊すから

です。

 

いや、信じられないですが、これ、本当です。

 

アメリカは公文書を解禁する国。日本は国民に嘘をつく国

アメリカ軍は、日本人の人権を、コウモリ以下だと考えている。

 

こんなことを言うと、

  • そんなの陰謀論だ
  • 反米過激派の意見だ

とか言う人がいますが、どうか落ち着いてください。

 

冷静に、事実に基づいて、証拠に基づいて、考えましょう。

 

事実として、アメリカ国民は、オスプレイの飛行訓練に対して「NO」を突き付け、アメリカ軍はそれを認めているのです。

そして事実、アメリカ国民が住む住宅地の上空を、オスプレイは飛んでいません。

日本の住宅地の上は、夜でもオスプレイが飛びます。

 

ここで一つ、アメリカと日本と言う国の違いを発表します。

 

アメリカは、公文書を公開する、しっかりとした国家です。

都合が悪い過去の密約も、30年経過したら、なるべく公開する。

 

日本政府(佐藤栄作)が、非核三原則を唱えている間にも、

実は裏側では核兵器を搭載した空母が日本の領空・了解を通過しているんです。

 

こういう事実を、アメリカ側は、はっきりと公文書で認めます。

日本は、文書があるのに、認めません。

 

「実は、過去にこんな悪いことしていました」

と、正直に、証拠を公開するアメリカ。

 

「証拠はあるようだけど、それはただの紙切れです」

と、国民に嘘をつき続ける日本。

 

右翼とか左翼とか置いといて、政府が国民に嘘をついてはダメでしょう。

もしもやむを得ない嘘があったのなら、素直に、「ごめんなさい。30年前に嘘ついてました」と謝ればいいのに。

 

それができないのが、CIAから多額の闇献金を受け取っていた「自民党」なのです。

※アメリカは公文書で、献金の事実を認めています。

>>岸信介とCIAの密接な関係 自民党にも金の流れ?

 

アメリカ軍は日本人の人権を尊重する必要がない【法的に】

なぜ、日本人の人権を損なうような軍事訓練が、日常茶飯事に行われているのでしょうか?

 

それは、法的に問題ないから、です。

 

今時、日本人が、公園でドローンを飛ばすのも禁止です。

なぜなら、航空法という法律があるから。

 

でも、知ってますか?

米軍の軍用機って、日本の航空法のほとんどが適用除外なんです。

 

アメリカ軍は、違法なことをしていないんです。

日本人が一家団欒で夕ご飯を食べている家の上空を、オスプレイがバリバリ騒音をまき散らしながら通過しても、違法ではありません。

 

日本が、アメリカとの間で合意した条約&密約にしたがって、

アメリカ軍は自分たちの法的な権利を、ただ単に行使しているだけなんです。

 

つまり、条約と密約が、最低レベルなんですね。

 

福生市の住民などがオスプレイ反対運動をしても、意味がない

米軍横田基地がある、東京都福生市では、オスプレイ反対運動も根強いです。

 

騒音に悩み、事故に恐怖を抱く人たちが、家族のために諦めずにデモをしたり、意見書を提出したりしています。

 

しかし、意味がない。

悔しいですが、それが事実です。

※反対運動として声を上げることは素晴らしいことだと思います。

 

日本政府はアメリカ軍の動きを制限する権限はないし、

アメリカ軍は日本国民の人権を保障する義務がない、というのが現実です。

 

日本の国土なのに、日本政府のコントロール外というのは、主権の喪失に他なりません。

 

また、「陰謀論だ」という声が聞こえてきそうですが、

そういう人たちは、矢部宏治さんの著作を読んだことがあるのでしょうか?

 

この本では、日米安全保障条約の裏側が、証拠に基づいて、丁寧に分かりやすく、間違いなく、証明されています。

 

日米合同委員会という闇の温床で、多数の密約が結ばれています。

その結果、日本は戦後から一貫して、アメリカ軍の動きを一切、制限できなくなっているんです。

 

今時、かつての極秘文書は、アメリカ国務省のHPで公開されています。

 

しかし、反対運動のデモが無意味だと言っている訳ではありません。

日本人が諦めてしまっては、永久に変わらないですからね。

 

あとは、国民の声を拾い上げてくれる、まともな政府を誕生させなければいけません。

投票で。

 

横田基地のオスプレイがうるさい!政府を変えないと、騒音被害も変わらない

今回のブログ記事では、東京にある横田基地のオスプレイ問題について、意見と情報をまとめました。

 

結論としては、日本政府を変えないと、オスプレイ問題も変わらない、ということだと思います。

 

反対運動のデモは、重要です。

住民の声と意思を、政府や米軍に伝えられるという意義があります。

 

しかし、法的には、米軍は悪いことをしていません。

悪いのは、日本政府です。

 

アメリカ軍部が、過去の密約を持ち出すと、日本の政治家や官僚たちは、何も言えなくなってしまいます。

オスプレイ配備だって、そうです。

 

アメリカが「配備するから」と言ったら、日本は「わかりました」と言うしかないんです。

そういう、法的な権限が、あるんです。

 

アメリカがひどい!

米軍は日本人の人権を守れ!

と言いたい気持ちになりますが、冷静に、日本政府に怒りましょう。

 

私は、岸首相や佐藤首相や安倍首相を、支持しません。

過去の密約について認めて、謝って、現実を見ることができる政治家や政党に、今後も投票していきます。

 

全世界が、日本と米軍の関係性を冷ややかな目で見ています。

オスプレイ問題は、氷山の一角。

 

本当にうるさいですが、変えるためには政治ごと変えないとだめです。

沖縄県民は、長年戦ってきているので、よくご存知だと思いますが。

 

自民党に要望を出しても、無駄なんです。

 

そもそもが、アメリカ従属政党、CIAの闇献金で政権を握った政党なんですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました