【最高】公園で仕事する?ノマド・フリーランスにおすすめ!

フリーランス・生き方

ノマドワーカー・フリーランスの人に、公園で仕事するのをおすすめしたいです。

  • 公園で働けるの?
  • 公園で仕事するメリット
  • デメリットや注意点
  • コロナで国立公園を仕事場にする動き?

以上のような情報を、ブログ記事にまとめました。

 

私は近所の公園のデスク&ベンチで仕事をしていますが、かなりおすすめ。

 

「まだカフェで仕事してるの?」という宣伝文句がありますが、コワーキングスペースとかも不要。

 

やっぱり自然に囲まれて太陽を浴びていれば、リフレッシュ気分で働くことができます。

スティーブジョブスも取り入れていた働き方です!

 

3密を避けて、働く場所に困っている人に、見てもらえたらと思います!!

スポンサーリンク

【体験談】公園で働けるの?

フリーランス歴4年の私の体験談ですが、公園は仕事場として最高です。

なぜみんな公園で仕事しないのか、不思議なほど。

 

念のために言っておきますが「公園で働く」というのは、

公園の掃除とか、公園の管理とかの仕事を指しているのではありません。

 

公園でノマドワークしようよ!ということ。

 

ポケットWiFiを利用していたり、スマホのテザリング機能を利用すれば、公園でも快適オフィスに早変わりです。

 

近所の大型公園では、木製の机とベンチがあります。

そこにノートパソコンとスマホを広げて、カタカタと仕事。

 

オフィスよりも気持ちが良いし、カフェよりも爽やかです。

遠足気分で働けるなんて、まさにフリーランス!

 

【コロナ対策】国立公園でテレワークできる動き

新型コロナウイルス対策として、国立公園でテレワークする動きがあります。

 

  • 公園内にWiFi通信環境を整える
  • 机や椅子などの整備
  • 親が公園で仕事している間、子どもが遊べるイベント開催

こんな感じの動きがニュースになっています。

 

キャンプ場なども活用しながら「ワーケーション」とか「青空テレワーク」とか呼ばれているみたいです。

 

団体でやっていると少し滑稽に見えますが、個人的には賛成。

公園で働くの、結構いいですからね。

 

周囲の人に、「公園で仕事をしている」という人はまだいませんが、私は、これからも続けます!

 

▶【本業可能】クラウドワークス歴3年のライターが稼ぐコツを伝授

▶【コロナ】アルバイトがない…働けない…自宅で稼ぐのがおすすめ【感染リスク0】

公園で仕事するメリット

ノマドワーカー・フリーランスの人にとって、公園で働くメリットは何でしょうか?

 

ハッキリ言って、めちゃくちゃメリットあります。

  • 空気が良い
  • 鳥の声や風の音がBGM
  • 周囲の騒音が気にならない
  • 解放感がある
  • コロナ感染リスクなし
  • 太陽光を浴びて健康的

結果的に、仕事がはかどります。

新しいアイデアが生まれやすいです。

疲れにくいです。

 

私は週に一回ほど、天気の良い日に近所の大型公園に出かけてブログ更新やWEBライターの仕事をしています。

 

カフェや図書館とは全然違う心理状態で働くことができて、すっきりします。

しかも、いつもよりもアイデアが出やすいし集中できるんですよね。

 

私だけでしょうか…?

ほんと、公園で周囲を見渡しても、私以外にノートPCを持っている人がいないんですよね。

 

スティーブジョブスもアウトドア仕事をしていた?

Appleの創業者スティーブジョブスも、公園を散歩しながら仕事をしていたそうです。

上記の伝記、面白くておすすめ!

 

特に重要な打合せ、アイデアが煮詰まった時などは、

積極的に公園を歩いていたそうです。

 

MacOSが世の中にリリースされた後、ビルゲイツがWindows95を発表しようとしたとき、ジョブズに許可をもらいに行こうとします。

 

ジョブスは「ビル、歩きながら話そうぜ」と言って、

ビルゲイツと二人きりで3時間も歩きながらアレコレ話し合ったそうです。

 

結果的に、ジョブスはMacOSとは似たものにしないでくれと注文をつけながらもOKを出したそうです。

 

自然を感じながら、公園を歩きながら、仕事をする。

これは世界の超一流企業経営者も行っている働き方革命なんです。

 

大前研一氏も外で働いて怒られていた?

日本の、いや、アジアの思想リーダー大前研一さん。

 

彼も日立製作所時代、アイデアに煮詰まった時はオフィスを出て散歩していたようです。

総務部の人には、「サボッテいるように見えるからやめて」と怒られていたようですが、やはりクリエイティブな仕事をするためには、散歩が重要なのでしょう。

 

単純に考えて、

オフィスに引きこもって良い仕事ができるわけないですよね。

 

だって疲れるし。

明らか脳に良くないです。

人間にとって、オフィス空間って不自然な環境です。

 

公園でPC作業するデメリット・注意点

公園でPCを使って仕事をするには、ちょっとしたデメリットや注意点もあります。

 

  • WiFi通信は自分で用意
  • 机と椅子が少ない
  • 太陽の光が強すぎると画面が見にくい
  • 蚊などの虫が来る
  • 花粉症の人は厳しい
  • 土埃がパソコンに悪影響

デメリットを挙げてみると、青空テレワークに二の足を踏む人の理由も分かりますね^^;

 

確かに、公園で働くときは、天気次第。

雨ならダメだし、強風でもダメだし、花粉の時期もダメだし、蚊が多い時期もダメ。

 

必然的に、秋の時期がベストになりますかね。

私は花粉症じゃないから、春も快適に公園リモートワークしてましたが。

 

脳科学的にも公園で働くのは効率的?

私は脳科学者の茂木さんの本をよく読みます。

(多分20冊以上読みました)

 

脳が作業に集中できるのは短時間。

長くても30分~60分くらいだとか。

 

だからこそ、ちょっとずつ休憩をとることが大事なんですが、公園で働いてればリフレッシュ方法は超簡単。

 

ちょっと立ち上がって水筒の飲み物を飲むだけでリフレッシュ!

ストレッチをしながら空を眺めれば気分爽快!

噴水でも眺めてれば新しいアイデアも生まれてきそう!

 

しかも、自宅には本やテレビやゲームなどの誘惑がありますが、公園にはない。

 

どうでしょうか、茂木さん。

静かでありながら適度に騒音があり、開放的でリラックスできる場所…

個人的には公園で働くのって、とても効率的だと思うんですが。

 

フリーランスなら働く場所は公園でしょ!本気でおすすめ

今回のブログ記事では、ノマド・フリーランス・テレワーカーの人に向けて、公園で仕事することをおすすめしてきました。

 

「まだカフェで仕事してるの?」

という煽り文句がネット上に広がっていますね。

 

カフェは周囲の話し声が気になります。

スタバでAppleのMacBook広げてるのはカッコいいのかもしれないけど、個人的には集中できない。

 

今時、フリーランスが働く場所は、公園!

コーヒーやお茶は持参。

無料で快適で、はかどる。

健康にも良い。

 

もともと人間だって自然とは切っても切り離せない関係性。

ちょっとだけ想像してください。

 

都内の高速道路沿いで深呼吸するのと、

自然に囲まれた公園で深呼吸するのと、

どっちが気持ち良いですか?

 

圧倒的に公園です。

つまり、あなたは公園の空気が快適で気持ち良いことを知っているんです。

 

なのに、なぜ公園はいつも犬の散歩とか、ジョギングとか、子どもの遊び場としてしか使われないのでしょうか?

 

公園で働く。

公園で仕事する。

コロナ禍でなくても、個人的にはおすすめの方法ですよ。

 

みなさんも公園PCデビューしましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました