【沖縄】うめーしとは何?方言で「お箸」の意味【赤と黄色の伝統的な竹箸】

雑記

沖縄・石垣島のレストランで「うめーし」と書かれた袋に割り箸が入っていました。

うめーしって何?どういう意味?と思い、検索してみると沖縄の方言で「箸」の意味でした。

特に、赤色と黄色が鮮やかな箸のことを指すこともあるのだとか。伝統的な竹の箸です。

普段は「おてもと」と書かれている割り箸の袋ですが、方言で書かれていると面白いですね^^

今回のブログ記事では、「ウメージ(うめーし)」という沖縄の方言について情報をまとめ、「おてもと」の意味・由来についても調べてみました^^

スポンサーリンク

うめーしとは何?沖縄の方言で箸の意味!

今回の石垣島旅行中、「うめーし」という言葉が書かれた割り箸袋を見かけました。

どういう意味だろう?と思って検索してみると、沖縄の方言で「箸」という意味でした。

納得。箸入れに「箸」と書いてあるのは普通ですね^^

うめーしって、何だか言いたくなるし覚えやすい単語ですね。

 

食べ物が「うまい」というニュアンスも含まれている感じがして、なんだか一発で覚えてしまいました。

 

沖縄のウメーシは、伝統的な赤と黄色の竹を使った高級箸!?

ウメーシとは、沖縄の方言で「お箸」という意味の言葉ですが、

特に赤と黄色の伝統的な箸のことを指すこともあるようです!

 

昔は沖縄の家庭では、この箸ばかりだったそうですが、今では沖縄料理屋・沖縄そばの店などでしか見なくなったとか。寂しい・・・

(とはいえ、石垣島旅行中には何度か見かけました。沖縄では少ないのかな)

琉球王朝時代に中国から伝わってきた由緒正しいお箸で、木ではなく「竹」を使っています。

そういえば、「箸」という漢字は、たけかんむりですね。

 

そして黄色い部分はウコンで着色、赤色の部分は漆で着色。

機能的にも優れた高級お箸なんですね!!

 

【おてもと】って何?どういう意味?由来は手元箸!

割り箸入れというのか、割り箸袋というのか、よくわかりませんが、定番は「おてもと」と書いてありますよね?

おてもとって、何?どういう意味?よくわからなかったので調べてみました!

 

そもそも「おてもと」とは、「手もと箸」を丁寧に呼んだもの。

懐石料理など、日本料理には普通「取り箸」が添えられます。「取り箸」に対して、自分が使う箸を「手もと箸」と言います。

それがいつしか「おてもと」と呼ばれるようになったらしいですよ^^

 

割りばしの箸袋は「おてもと」が定番になっていますが、「御手元」と感じにしたり、崩し字にしたり、お店ごとに色々なデザインを利用しているみたいです。

これはもう、日本の文化ですね!

沖縄のうめーしもよろしくお願いします。

 

うめーしとは沖縄の方言で箸の意味!おてもとの意味は?

今回のブログ記事では、沖縄の方言「うめーし」について調べた情報をまとめました。

そして割り箸入れ・割り箸袋に書かれている「おてもと」という言葉についても意味・由来を調べてみました。

 

「うめーし」は沖縄の伝統的な赤と黄色の高級な箸。

「おてもと」は手元箸の意味。

 

みなさんも、旅行の時には割り箸袋に注目してみると面白いかもしれません!(そうでもないか)

旅行が仕事になったらな… ブログで稼げたらな… 旅行アフィリエイトで月10万円稼ぐ筆者が、ブログでは言いにくい秘密も大公開! もちろん無料ですし、気に入らなかったらワンクリックで解除OK
雑記
スポンサーリンク
天国に一番近い個人旅行

コメント

タイトルとURLをコピーしました