うりずんとは何?意味は?沖縄の方言で穏やかな季節・時期【語源・使い方】

石垣

沖縄旅行のガイドブックに書かれていた「うりずん」って何?どういう意味だかわかりますか?

  • うりずんの意味は?
  • いつのこと?何月ごろがうりずんの季節?
  • 語源や使い方は?

といった情報を、ブログ記事にまとめました。

 

結論としては、うりずんとは、沖縄の方言で「春分から梅雨(立夏)までの時期」という意味。

暖かくなってくると同時に、雨で植物が潤う季節を表す言葉なんだそうです。

語源は「潤い初め」。

今回のブログ記事では、沖縄の方言「うりずん」の意味や語源、どんな気候なのか情報をまとめ、紹介します。

スポンサーリンク

うりずんとは何?意味は?沖縄の方言

うりずんという聞きなれない言葉の意味を初めて知りました。

 

うりずんとは、春分から梅雨(立夏)までの時期を意味する沖縄の方言。

暖かくなってくると同時に、雨で植物が潤う季節という意味です。

 

沖縄地方で使われる方言です。

3月4月5月あたりの石垣島旅行の気候を調べているときに、ガイドブックに「うりずんのシーズン」と書いてあり、気になっていました。

 

沖縄の人でもあまり使わなくなっている言葉のようです。

 

ちなみに、石垣島に行ってみると、驚くほど皆さん標準語でおもしろくない!

観光業が盛んだから、方言よりも標準語が自然に身につくのだとか。

ちょっと残念ですね。

 

うりずんの気候・天気・気温は?沖縄の何月?

沖縄の2月~5月あたりの穏やかな気候・天気のことを「うりずん」と呼びます。

春分から梅雨(立夏)の間の時期ということですから、

  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月

くらいの時期を、うりずんと呼ぶのだと思います。

(※沖縄の梅雨入りが早い時は、4月までかな?)

 

実際に3月~4月に石垣島旅行に行ってきましたが、穏やかで過ごしやすい天気でした。

暑いと感じる手前くらいで、太陽は力強くて気持ちがよいです^^

 

気温にするとだいたい20度くらいの快適な気候でした。

 

うりずんの語源は?

沖縄の方言「うりずん」ですが、語源は「潤い初め(うるおいぞめ)」とされています。

 

乾燥した冬の時期から、潤い始める春の季節に切り替わったころですね。

なんだか明るくてきれいな言葉ですね^^

 

実際、国立国会図書館のデータベースでも、

春分と立夏の間ごろのいい季節(『琉球語辞典』大学書林)

という意味で紹介していました。

>>沖縄の方言で「うりずん」とはどういう意味か?

 

うりずんって沖縄の人は使う言葉?使わない方言?

石垣島旅行に行ったとき、一度も「うりずん」という言葉に出会いませんでした。

 

現地の人も使わない方言なのだと思います。

沖縄出身のお笑い芸人に「ウリズン桜」というコンビがいるようですが、有名ではないですし;

他にも、店名やお酒の名前に使われているみたいです。

 

しかし、うりずんに限らず、石垣島の人は方言を使わないで、標準語を使うのに驚きました。

地元の人同士だと少し方言や訛が出るそうですが、関東の人が聞き取れないほどのすごい方言を使うことはないんですって。

 

観光事業で発展してきた石垣島の人にとっては、標準語での会話が普通になってきたのかもしれません。

 

家庭でも標準語を使うなんて、なんか残念に思うのは外の人の勝手な感想でしょうか…?

方言バリバリで聞き取れないくらいの方が、観光としてもプラスだと思うんだけどな…もったいない。

 

うりずんとは何?沖縄の方言で「潤い始める春の時期」の意味!

今回のブログ記事では、沖縄の方言「うりずん」について、意味や語源を調べてまとめました。

うりずんとは「春分から立夏までの季節の穏やかな時期」という意味です。

 

寒い冬の時期を乗り越えて、植物たちが潤いながら暖かい春を待っている…

そんな詩的な意味が込められた素敵な方言でした。

 

実際に石垣島は穏やかで過ごしやすい快適な気候・気温でした^^

 

しかし、うりずんに限らず、石垣島の人々は方言を使わず、標準語ばかり使うのです・・・

方言だって独自の文化ですから、是非おじい・おばあから親へ、そして孫へ、伝承していただきたいなと思ってしまいました。

 

旅は、言葉が通じないくらいがちょうど良い!

そこに面白さがありますからね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました