海外を住むように個人旅行。旅行ブログで稼ぐ方法も。

【焚き火台】B-GO(B5くん)が超おすすめ!ゆるきゃんはB6くん【サイズ比較】

 

キャンプで活躍する焚き火台の中でも、特におすすめなのが笑’sのB-GOです!

B5サイズに折り畳めて持ち運びに便利なうえ、焚き火台の上でBBQ調理をすることも可能。

アニメ・マンガの「ゆるきゃん」の中では、一回り小さいB6くんという商品が使われていますが、

サイズや重量や使い勝手を比較すると、B6くんやA4くんよりも、B5くんがおすすめです!

今回のブログ記事では、焚き火台B-GOくんの情報をまとめ、おすすめする理由を紹介します!

B-GOを販売する笑’sとはどんな会社?アウトドアブランド

今回紹介するB-GOを企画・製造しているのは笑’sという会社です。

聞きなじみのない会社ですが、製鉄所の2代目がかなりのアウトドア好きで、自らアウトドアグッズを企画・製造・販売しています。

特に今回紹介する商品「焚き火台」は、こだわりの一品で、キャンパーから絶大な人気を獲得しています。

キャンプ漫画の代表作「ゆるキャン」でも、B6くんという商品が登場し、主人公リンちゃんが使用している様子が描かれています^^

 

ゆるキャンにも登場する焚き火台シリーズとは?

キャンプを題材にした人気漫画ゆるキャンにも登場する笑’sの焚き火台は、どんな商品なのでしょうか?

まずはこちらをご覧ください。

ヒロシが紹介しているのはB6サイズのB6くんですが、

見た目・機能・コンセプト、すべてが素晴らしいですね!!

A4くん、B5くん(B-GO)、B6くんの3種類がサイズ違いで展開されており、私はB5サイズを選びました。

これで庭でも焚き火ができます。

直火禁止の場所でも焚き火ができます。

最高ですね。

B5君(B-GO)とA4君・B6君のサイズ比較

今回私がおすすめするのはB5サイズの焚き火台「B-GO」です。

その他にも大きめサイズのA4くん、ゆるきゃんに登場する一人用のB6くんがあります。

この3つのサイズ・重さを比較してみましょう!

A-4くん・・・約292mm×206mm×20mm、約1.9Kg
B-5くん・・・約256mm×176mm×20mm、約1.15Kg
B-6くん・・・約181mm×122mm×18mm、約500g

 

そして私が使っているB-5くんのサイズ感をご覧ください。

大きすぎず、小さすぎず、適度に焼き肉・焼き芋もできますよ。

少人数でのキャンプやバーベキューなどのアウトドアにぴったりです。最高におすすめ!

B-6くんも可愛いのですが、しっかりと焚き火・食事を楽しむためには少し小さすぎるかなという気がしました。

A-4くんは大きくて使いやすそうですが、サイズが一回りしか変わらないのに、B5くんより800グラムも重いです。

そんな理由で、真ん中のサイズ「B-GO」を購入することにしました!

おすすめの焚き火台「B-GO」で焼き肉・焼き芋などの料理をする

この焚き火台シリーズは、ただの台ではなく、上に五徳を組んで料理ができるようになっています。

網を乗せれば焼き肉などのバーベキューに。

炭の中にさつまいもを入れて炭焼き芋に。

フライパンを乗せれば普通に料理ができます。

炭火で調理した物って、どれもおいしく感じます。遠赤外線効果があるのでしょう。

笑sの焚き火台の使い方・準備・片づけ

B5くんなどの焚き火台シリーズは、どのように使うのでしょうか?

使い方は至って簡単です。

 

前後のパネル部品を、上からスライドさせて入れ込むだけです。

接合部に部品がないので、超簡単。

片付けは準備作業の反対です。

説明書が一枚、入っていますので、見ながらやってみましょう。

正直、説明書はなくても大丈夫なレベルですが・・・

焚き火台を買うなら笑’sのBーgoがおすすめ!ゆるキャン御用達のこだわり品質!

アウトドアが好きなあなた、焚き火台を見るなら笑’sのB-GOがおすすめです!

今回のブログ記事では、B5サイズの焚き火台がコンパクトで軽量ながら、料理もできる実用性があるという理由でおすすめしました!

A4くん・B6くんも選択肢として迷いましたが、使ってみた結果を見ると、B5サイズで本当に良かったと感じています。

口コミ・評判でも大人気のB5くんは、開発当初は限定販売で、瞬間完売した経歴があります。

いつ完売になってしまうか分からないほどの人気商品ですから、是非今のうちに手に入れておきましょう^^

Copyright© 天国に一番近い個人旅行 , 2019 All Rights Reserved.