【牡蠣&海老】アンスバタのシーフードディナーがおすすめ@ニューカレドニア
▶【年に一度】Amazonプライム先行セールは7月15日まで
ニューカレドニア旅行

【牡蠣&海老】アンスバタのシーフードディナーがおすすめ@ニューカレドニア

記事内に広告を含む場合があります。

ニューカレドニアグルメの真骨頂は「新鮮なシーフード」です!

世界最高級の海老「天使のエビ」をはじめ、ダンベア地方の牡蠣、マグロのタルタルなどが有名グルメですよね!!

  • アンスバタでシーフードを食べれるレストランは?
  • 牡蠣や海老などの海鮮系のディナーを食べたい

↑このような情報を、ブログ記事にまとめました。

 

結論から言うと、アンスバタにあるレストラン『ナタリーズ・バー』は、安いディナーができておすすめです!!

(※2023年現在はカフェ&バーに改装されているようですが、相変わらずサンドイッチなどは美味しいとの口コミがありました)

 

今回のブログ記事では、ホテルボーリヴァージュ(Hôtel Beaurivage)の1階に入っているレストランについて紹介します☆彡

アンスバタのレストラン『ナタリーズ・バー』はシトロン湾沿い!

ニューカレドニアの新鮮なシーフードを、コスパ抜群で食べられるレストラン『ナタリーズ・バー』は、アンスバタのシトロン湾(レモン湾)に面しています!!

 

ホテル『ボーリバージュ』の一階に入っているのですが、オープンテラスもあって宿泊客以外でも気軽に入りやすいレストランです。

 

店内は広く、座席十分のため、どの時間帯でも予約なしで入れそうです!

(※口コミ情報によると、朝7時~深夜まで営業しているとか!)

 

雰囲気はBARに近い!

夜は暗めでネオン照明が照らしている、バーのような雰囲気で、正直あまり好きではありませんでした。

バンドの演奏がちょっとうるさかったです(^▽^;)

でもシーフード料理が美味しかったです!

 

アンスバタのメイン通りからは距離がありますので、バスを利用したり、タクシーを利用したりしても良いでしょう!

ヒルトンから歩くと、たぶん30分くらいかかります!

 

アンスバタでシーフード!おすすめディナーを楽しもう!

アンスバタでシーフードディナーを食べるの、いいですよね!

以下、レビューしていきます!

 

(※繰り返しになりますが、2023年現在のメニューは異なっているかもしれません。)

 

ニューカレドニア産のシーフードメニューが充実!!まずは生牡蠣!

レストラン『ナタリーズ・バー』の最大の魅力は、ニューカレドニア産の新鮮シーフードが味わえることです!!

 

写真は、”ニューカレドニア・ダンベア産”の生牡蠣プレート。

日本の牡蠣に比べると、すこし小ぶりで、味わいは…海の味(?)が強いです!

 

日本の牡蠣ってプリプリして、クリーミーな印象。

それに対してニューカレドニアの牡蠣は、「ぎゅっと締まった貝を、海の味そのままにいただく!」という感じでした…!

 

あえてストレートに言うならば「海くささと、貝くささ」を感じます。

ただ、私はワイルドな貝の味わいが素敵だと思いましたので、レモンをかけてペロリと食べられました!!

 

また、脇に添えられたビネガーソースが、最高に合います♪

酸味のあるソースなのですが、ワイルドな牡蠣と相性抜群でした!!

 

ニューカレドニアで必食の「天使のエビ」のパスティス!

世界最高級レベル!ニューカレドニア産の「天使のエビのパスティス」というメニューです。

 

パスティスって何だか、私にはわからないまま注文しましたが「フランスのリキュールの一種」だそうです。フランス料理では、このお酒で味付けすることがあるようですね。

 

私から見ると「最高級の新鮮な天使のエビを、からっと素揚げして、濃厚なソースをかけた料理」です!

贅沢にも8匹もの天使のエビが乗っていて、テンションが上がります!

 

日本では銀座の高級日本料亭などでしか使われないという「天使のエビ」をパスティスすると、本当に美味しい…!

 

サラダとお米でワンプレートになっていて、栄養・ボリュームもばっちりでした!

大満足なディナーになりました!!

 

※天使のエビについては、以下の記事で解説しています!

▶【ニューカレドニア】天使のエビが絶品【世界最高級の海老】

 

美味しいシーフード料理なのにリーズナブル/安い!

アンスバタのレストラン『ナタリーズ・バー』をおすすめする理由のひとつは「価格が安い」ことです!

 

メニューは何と書いてあるか、帰国後の今となっては知る由もないですが笑、新鮮なシーフードディナーが、ボリューム満点で2500~3000CFPほどなのは、リーズナブルな価格です!!

 

他の店では、天使のエビが絡むとどうしても値段が張る印象です。

そして先ほど紹介したダンベア産の生牡蠣プレートは、確か1900CFPでした。

これまた安く感じますね!

 

12ピース?もありましたから、朝市で購入するのと同じくらいの価格です!!

ニューカレドニアの外食費の物価高を考えると、『ナタリーズ・バー』はアリです!!

 

ちなみに、ニューカレドニアの朝市でも、天使のエビと生牡蠣を味わえますよ!!

▶ニューカレドニアの朝市で買い物!【お土産も食材もマルシェ】

 

ニューカレドニア産シーフードでディナー!@アンスバタ

ニューカレドニアでは、リーズナブルなレストランを探すのにも一苦労でした。

特にシーフードを食べようとすると、フランス料理に行くことになりがちで、安さとラフさを求める私では足が向きませんでした。。。

 

しかし!アンスバタの『ナタリーズ・バー』なら、新鮮なニューカレドニア産シーフードを安い価格で美味しく食べられます!

絶品の天使のエビと、生牡蠣を是非お楽しみください!!

 

ディナーが特におすすめですが、ランチでも軽食を提供しているようです!

シトロン湾に面しているので、さわやかなオーシャンビューランチになるかもしれませんね!

 

▶ニューカレドニアの伝統家庭料理は必食!ヌメアのレストラン『ラシェット・ドゥ・カグー』

▶ニューカレドニアでの服装・ファッション【レストランとカジノはドレスコード有】