【ニューカレドニア】スーパーで安い買い物&食事!ヌメア店舗情報【お土産も】

カレドニア グルメ

ニューカレドニア・ヌメアでは、スーパーマーケットでの買い物&食事がおすすめです!

特に「カジノ」というスーパーは品数豊富で、食材・お土産も安い商品が手に入り使いやすい買い物施設です!

  • ニューカレドニアのスーパーは?
  • ヌメアに2店舗ある?どこ?
  • スーパー「カジノ」のおすすめ商品は?
  • 食材だけでなくお土産にも?

といった情報を、ブログ記事にまとめました。

ニューカレドニア個人旅行中は、1日目から最終日まで、スーパーで食材を買い込むことで、旅費(食費)の節約に繋げました^^

スーパーと合わせて、「朝市(マルシェ)」も使うと、さらに楽しい買い物・お土産探しができます。

今回のブログ記事では、ニューカレドニア・ヌメアのスーパーマーケットについて情報をまとめてご紹介します!

スポンサーリンク

ニューカレドニアのスーパーで買い物!食材もお土産も安い!

物価が高いニューカレドニアでは、スーパーマーケットでの安い買い物がおすすめ!

  • ミネラルウォーター
  • フルーツジュース
  • フランスパン
  • おやつ、お菓子
  • 自炊する食材
  • お土産

などなど、買いたいものはたくさん!

どれも街中にある普通のお店よりも安い値段で買えるので、おすすめ。

 

以下、特に日本人観光客でも簡単に使えるスーパーを紹介しますね。

 

ニューカレドニアの大手スーパー「カジノ」がおすすめ

ヌメアにも複数店舗があるスーパー「カジノ(Casino)」がおすすめです。

ニューカレドニアには、スロットやポーカーなどを楽しめる「カジノ」もあり、少しややこしいですが、スーパーマーケットの名前です。

 

世界中にあるのかな。

ポーランドにもあった気がします!

 

日本で言うところの「イオン」「イトーヨーカドー」「西友」に当たる大手人気スーパーで、

商品は安いですし、品ぞろえも豊富です!

食料品だけでなく、お土産や衣服も買い物できますので、歩いているだけでも楽しい!!

 

また「カジノ」は、プライベートブランド商品を数多く展開しており、同品質のものを他社商品よりも安く購入することができます。

セブンプレミアムのような感じですね。

特に、私が滞在中に食べまくった「リンゴのピューレ」は4つで400CFPほどが相場なのですが、

「カジノ」ブランドのピューレは250CFPくらいだったと記憶しています!

安い!美味しい!また食べたい!!

 

お気に入りのリンゴのピューレについては、エアカランの記事でもしつこく紹介してます^^

▶ニューカレドニアへの飛行機は1人6万!8.5時間!【直行便エアカラン】

 

ニューカレドニアのスーパー「カジノ」はどこ?【ヌメアとアンスバタ】

ニューカレドニアで利用しやすいスーパー「カジノ」は、ヌメア市内とアンスバタの両方にあります!!

 

私にとっては、ニューカレドニア旅行のおすすめ観光スポットです!

スーパー2店舗の情報を順番に紹介しますね^^

 

ヌメア市内のスーパー「カジノ・ジョンストン店」で買い物!お土産!

ニューカレドニアの中心「ヌメア市内」にスーパーカジノがあります。

個の立地なら、ヌメア市内の観光ついでに、スーパーで買い物が出来ちゃいます。

 

ココティエ広場から客船ターミナル方向(西)へ、歩いて5分ほどで、便利です!!

 

店内は広く、品ぞろえも豊富ですから使いやすいスーパーです!

地元の皆さんも多く利用してます!

 

ちなみに、入り口に警備員さんがいて、大きな荷物はロッカーに預けるように言われます。

万引き対策なのだと思います。

20CFPコインで預けることになりますが、コインは返却式ですのでご安心ください!!

 

最初は何だかわからず、静止を無視して入店しようと思ってしまいました^^;

 

営業時間: 7:30~19:30 / 日曜 7:30~12:30

日曜日の営業時間が短い・・・笑

日本のスーパーではありえない営業時間の短さですね。

 

アンスバタのスーパー「カジノ・ポートプレザンス店」で買い物!

アンスバタのスーパー「カジノ」は、シトロン湾のさらに北側のヨットハーバーに位置しています。

 

『ポートプレザンス・ショッピングセンター』というショッピングセンターに入っている形で、

スーパーの他にも、コスメ店・ブティック店・パン屋などが入っています!

 

ホテルが立ち並ぶアンスバタ中心部からは、バスの10番・11番を使うと便利です。

歩いていくのはちょっと、きついですね。

 

このスーパーも品ぞろえが豊富で食材だけでなく、お土産・雑誌・日用品・医薬品までそろっていますよ!

 

営業時間: 7:30~19:30 / 日曜 7:30~12:30

※こちらも日曜日の営業時間には要注意です;

 

ちなみに、このショッピングセンター内には『トリコ・レイエ』というブランドショップが入っています。

 

ニューカレドニア固有種のウミヘビをモチーフにしたキャラクターで、小物から洋服まで取り揃えてあります。

私はお土産に購入してしましました。

こんなキャラクターです、参考までに↓↓

もうひとつ補足をしておくと、

いわゆる「ブランド品」はニューカレドニアで買い物する必要はありません。

高いです。

 

フランス領ではありますが、別にフランスブランドの商品が安いわけでもなく、

逆に物価が高い分、日本のアウトレットなどの方がよっぽど安く買えます。

 

だからニューカレドニアには中国人が少ないのかもしれません^^;

▶ニューカレドニアは中国人がいない国!【中国語より日本語の方が多い理由は?】

 

ニューカレドニアの「シンプリー」「ミニスーパー」で買い物!

ニューカレドニアには、もちろん「カジノ」以外にもスーパーが多数あります。

 

例えばアンスバタの『ホテル・ル・ラゴン』から20分ほど北に歩いていくと、

「シンプリー(Simply)」というスーパーがあります。

 

こちらも大型スーパーですが、食材に特化しており、お土産などは置いてなかったと思います。

また、シンプリーへ向かう途中に、ミニスーパーが2店舗あります。

 

「オセアニア」「マイ・ラン」です。

この2店舗は、アンスバタ中心部から近くて使うことが多いかもしれません!

 

『ヒルトン』や『ル・ラゴン』からだと5分ほど北へ歩けば、右手に見えてきます。

ミニスーパーなので品ぞろえはそこそこ、価格も大型スーパより高いですが、朝食用にパンやフルーツを購入できて便利です!!

 

ニューカレドニアは朝食の料金が高くて困りますからね…

【朝食に!】アンスバタのカフェレストランがおすすめ【ニューカレドニアの朝ごはん】

 

日本のコンビニと違い、19:00頃には閉店しますのでご注意を!

朝も営業していない時があります。

 

スーパーで食費を節約!ニューカレドニア格安旅行のおすすめ食材

ニューカレドニアの物価の高さに対抗するには、スーパーを使って食費の節約を考えるべきです!!

 

私のような貧乏個人旅行ですと、毎食レストランだと破産します。

ニューカレドニアの食費は特に高いので、スーパーの食材を上手に使います。

 

  • 朝食300円
  • ランチも300円
  • ディナーは500円

という感じに、でも楽しく食費を抑えます!

 

是非、何泊かはキッチン付きホテルに宿泊するのがおススメです!!

これはある日の私のブランチです。

右下がスーパーで買った「ラビオリ」です!

 

缶に入ってますので、食器とレンジがあればOK!!

超簡単ですが、超おいしい。

私はカジノブランドを購入しました。

500グラムとたっぷり入って、300CFPくらい!!最高のコスパ!

 

その他、フルーツやヨーグルト、ハムなどもスーパーで購入したものです。

これにフランスパンが100CFPくらいで半日のおやつになります!

 

物価の高いニューカレドニアでも、「流石フランス領!」というべきか、パンは非常に安い。

1日一本食べる勢いで購入していました!

 

パン・ハム・ミネラルウォーターをリュックに忍ばせて、ココティエ広場でピクニックにしたり、

ビーチでピクニックにしたり、そんな時間の過ごし方が素敵でした。

 

【ポケットに入るレジャーシート×スーパーのおやつ】が無敵の楽しみ方^^

 

ラビオリやフランスパン、時にはインスタントラーメンを活用することで、格安旅行の道が見いだせます。

 

東京からの飛行機代が安いですからね、ニューカレドニアは。

▶ニューカレドニアへの飛行機は1人6万!8.5時間!【直行便エアカラン】

▶【ニューカレドニア】旅費の相場を完全公開!ツアーは高い!個人が安い!

 

ニューカレドニアのスーパーでお土産もショッピング!食費節約に

今回のブログ記事では、ニューカレドニアのスーパーマーケット・ミニすーぱ0について情報をまとめました。

いかがだったでしょうか?

 

格安ニューカレドニア旅行の買い物に、スーパーは欠かせません!!

食費を抑えるだけでなく、お土産も調達できますし、

何より地元の生活に触れることができるので、旅行先のスーパーマーケットに行くのは旅の醍醐味だと思っています。

 

もはや旅行中の観光スポットで、1日目から迷わず行きました!

ヌメアのスーパーを利用して楽しくお得な旅行にしましょう♪

どのスーパーも19時ごろにしまってしまうので、閉店時間にはご注意を!

 

※スーパーと合わせて朝市(マルシェ)もチェック!

▶ニューカレドニアの朝市で買い物!【お土産も食材もマルシェ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました