ニューカレドニアの服装・ファッション【レストランとカジノはドレスコード有】

カレドニア 基本情報

年間を通して温暖なニューカレドニアですが、服装はどのようなものがものが良いかドレスコードがあるのか、考えてしまいますよね。

  • ニューカレドニアで快適に過ごす服装とは?
  • 季節ごとの寒さは?上着は必要?
  • レストランやカジノでドレスコードはある?

といった疑問をお持ちの方に向けて、ブログ記事に情報をまとめました。

基本的には日本の夏と同じ服装に、ビーチサンダル・マリンシューズを持っていけばバッチリです!

ただし、フレンチレストランやカジノへ行く場合は、ドレスコードがあります。

男性なら襟付きシャツに長ズボン、女性ならワンピースがおすすめです!!

この記事では、そんなニューカレドニアの服装・ファッション・ドレスコードについて、解説していきます!

スポンサーリンク

【ニューカレドニアの服装】カジュアルなビーチファッションが基本!

ニューカレドニア旅行を考えている皆さん、服装は決まりましたか?

 

ニューカレドニアは亜熱帯地域で、年間を通して、だいたい25~30℃前後の日が多いですから、服装は夏服です。

日本の夏と違い、カラッとしており、さわやかな暑さです!!

この空気の良さが、ニューカレドニアの最大の魅力と言っても過言ではありません。

 

シーズンごとの気候・気温についてはこちら↓を参照ください。

▶ニューカレドニアの気候と旅行のベストシーズン【おすすめ時期は9月~12月だけじゃない】

 

ニューカレドニアでの服装は「カジュアルなビーチスタイル」が基本です!!

つまり、【Tシャツ&短パン&スニーカー】が基本のファッションです!

女性の方は、薄手のワンピースでバッチリです^^

 

現地の皆さんも、南国を感じられるラフな服装でいらっしゃいますので、こちらも気にせずラフな夏ファッションで観光しましょう。

ビーチに行くときは、ビーチサンダルで町中を歩いていても全く浮かないですし、

カフェやスーパーくらいなら、ビーサンのまま行けます。

 

周りのみんなと、同じですから、気にする必要はありません!

メラネシアンの方は、ゆったりとした色味が強いワンピースを着ている人が多かったです。

民族衣装的な雰囲気もありました。

 

ニューカレドニアの朝市(マルシェ)などで安く売ってますので、お土産にどうでしょうか?

 

ニューカレドニアは時期によって上着が必要?

 

ニューカレドニアは南国リゾートのイメージですが、朝晩は冷え込むことがあります。

特に5月~10月くらいの秋・冬シーズンにニューカレドニア旅行へ行く方は、上着を持っていくのがおすすめです。

シャツも半袖と長袖の両方があるとGOODです!

 

私は3月のニューカレドニア旅行でしたが、ユニクロの、ペラペラ上着を持っていきました。

しかし、実は一度も使いませんでした。笑

夏の時期に旅行される方は、あまり心配せず、もしも寒かった時のために念のため長袖があった方がいいかな、という感覚でOKだと思います。

 

靴はマリンシューズがおすすめ!ニューカレドニアの必需品?

男性も女性も、ニューカレドニアでの靴は、

「マリンシューズが必需品だ!」とおすすめしておきます。

 

もちろん靴はスニーカーを履いていきましたが、

シュノーケリングしたい日や、雨が降っている日など、マリンシューズが重宝します。

シュノーケリング時は裸足だとサンゴを踏んで痛いし、ビーチサンダルを履いて泳ぐと煩わしいです。

 

そしてさらに、

マリンシューズのまま街を歩いても、ビーチサンダルよりは服装として成り立ちます!

 

シャツ・ズボン・マリンシューズという服装でも、カジュアルなレストランならOKです!!

さすがに高級フレンチにいくようなときは、マリンシューズだと厳しいですが。。。

 

Amazonで安く買うことができます!

ドン・キホーテよりも安いですね^^

カラーバリエーションが豊富で、自分のファッションに合わせて選べるのが素晴らしい!

日本帰国後も、BBQの時などに大活躍!

 

ビーサンって川で泳いでいても、海で泳いでいても、流されちゃうでしょう。

頼れるマリンシューズを持っていると、ニューカレドニア旅行が楽ちんになります。

個人的には必需品です。

 

【ニューカレドニア】レストランとカジノの服装【ドレスコード】

ニューカレドニアの服装で唯一注意が必要なのが、

高級レストランやカジノを訪れるときは、準正装が求められることです。

 

旅行中は基本的には夏の服装ばかりが必要ですが、

せめて1着は襟付きシャツと長ズボン、女性ならワンピースを持っていくことをおすすめします。

 

ただし、ネクタイは不要・革靴も不要・シャツもポロシャツで十分です。

女性は多少、上品なワンピースを着ていれば問題ありません!

つまり、ドレスコードとは言いますが、ラフ過ぎない服装で行けばOK。

 

正装を求められるドレスコードではなく、決まった服装はありません。

ただ、カジノで短パンはやめておいた方が良さそうです^^;

 

ニューカレドニアに部屋着・パジャマはない

ニューカレドニアのホテルには、日本のように部屋着・パジャマはありません。

リラックスできる部屋着・よく眠れるパジャマを用意していきましょう!!

 

ニューカレドニアの秋冬は夜が寒く、5~10月あたりに旅行する方は、20℃を下回る涼しい日にも注意が必要です。

薄い長袖のパジャマがあると安心です。

 

暑い夜でも、ホテルには冷房がありますから、対応できます。

寒い夜に、気を付けましょう。暖房はないです。

 

ニューカレドニアは日差しが強い。洗濯できるので洋服は少なめ!

ニューカレドニアの日差しは強いです。

服装・ファッションをコーディネートし、荷物を詰めるときに考えるのが、

何泊分の洋服が必要だろうか・・・というところだと思いますが、

 

個人的には4日分ほど用意しておけば余裕です!!

私は17日間の長期旅行になりましたが、4日分の服を洗濯しながら利用していました。

▶【経験者が語る】ニューカレドニア旅行のおすすめ持ち物15選【必需品・持参品】

 

夕方に洗面台で洋服を洗い、バルコニーや室内に干しておくと、

翌日チェックアウト前には乾いていることがほとんどでした。

 

連泊のホテルでは回数多く洗濯し、快適な、お洗濯ライフを楽しむことができます。

日本だと曇りの日や雨の日は乾きにくいですが、ヌメアの気候はカラッとしているので、乾きやすいです。

 

【ニューカレドニアの服装】女性はワンピース・男性は短パンを!!

ニューカレドニアの服装・ファッションについて紹介してきましたが、

ここで勝手におすすめ商品をピックアップします^^

 

女性はこんな長さのワンピースとか、重宝します!

男性は、こんな短パンが良いですね!

ニューカレドニアでは、ファッションに気を使っているのはフランス人くらいです。

真夏の暑さなのに、スキニーパンツにワイシャツをINしてました。

汗だくなのに、スーツを着こなしているかのようなスマートさ。

フランス人の、おしゃれへのこだわりがすごい。

 

ニューカレドニアの服装・ファッションについて(まとめ)

今回のブログ記事では、ニューカレドニアでの服装・ファッション・ドレスコードについて、まとめてみました。

 

基本的には夏の服装、カジュアルなファッションで十分OKです。

ただし、フランスレストランやカジノに行く可能性のある人は、準正装よりももう少しラフな格好、くらいの服装を用意しておくことがおすすめです。

 

ニューカレドニアの秋~冬の時期に観光に行く方は、朝晩が20度前後まで冷え込むこともあるので、長袖の上着を準備していくのがおすすめ。

ビーチもレストランも気軽に楽しめるのがニューカレドニアの魅力です。

あまり服装にこだわりすぎず、気にしすぎず、自分らしい服装・ファッションを楽しみましょう♬

 

こんな記事もよく読まれています↓↓

▶ニューカレドニア旅行記をブログ記事に!【2017年ヌメア・アンスバタ観光編】

▶ニューカレドニア旅行に超役立つブログ記事まとめ【個人旅行記】

▶ニューカレドニアの言語はフランス語が公用語【ヌメアは英語OK】

旅行が仕事になったらな… ブログで稼げたらな… 旅行アフィリエイトで月10万円稼ぐ筆者が、ブログでは言いにくい秘密も大公開! もちろん無料ですし、気に入らなかったらワンクリックで解除OK
カレドニア 基本情報
スポンサーリンク
天国に一番近い個人旅行

コメント

タイトルとURLをコピーしました