【ピンチ】Googleのシャドウバンって何?検索に表示されない…症状と解除方法

旅行ブログ運営

シャドウバン(Shadow Ban)って言葉、聞いたことありますか?

 

TwitterやインスタグラムなどのSNSで、運営側が「悪質なユーザー」と判断した場合に、投稿やコメントを非公式のうちに制限すること。

いくつか種類や段階があるようですが、アカウント凍結とは違います。

 

そして、恐ろしいことに、Googleなどの検索エンジンにもシャドーバンがあるのではないかと噂されています。

ブロガー、アフィリエイターには致命的ダメージ…

 

今回のブログ記事では、グーグルの検索結果にシャドウバンはあり得るのか?検索結果に表示されないときの解決方法について紹介します。

スポンサーリンク

シャドウバンとは何?

改めて、シャドウバンとは何でしょうか?

 

非公式に、投稿やコメントが制限されること、です。

 

悪質な投稿や、スパム的な行為が見られるアカウントに対して、運営者側が制限をかけます。

あくまでも非公式なので、アカウント凍結とは違い、本人も知ることはできません。

 

見かけ上、その人の投稿やコメントはTwitter上では存在しないことになります。

「いいね」が付くこともなくなります。

 

基本的には、ツイッターやインスタなどのSNS業界で話題になっている症状で、解決方法やチェックする方法も情報がまとまっています。

 

しかし、今回はグーグルにもシャドウバンがあるのかどうか、検証します。

 

Google検索結果にもシャドウバンが?表示されない問題

Googleなどの検索エンジンにも、シャドウバンってあるのでしょうか?

 

ブログ記事やサイトのページが、検索結果に表示されない場合や、著しく不当に掲載順位が低い場合、疑ってしまいますよね。

 

私も一時期、自分のブログ記事の掲載順位が低くなりました。

アルゴリズムのアップデートで影響を受けたのだと思いましたが、あまりにも不当に検索順位が下がったままなので、おかしいと思ったんです。

 

また、奇妙なのは、検索エンジンごとに結果が全然違うこと。

Googleでは圏外のクエリでも、

Bingでは上位表示、

DuckDuckGoでも上位表示、

になっているんです。

 

Googleだけ順位が低いので、シャドウバンのような措置を取られているのかもしれないという可能性を考えたわけです。

 

※もちろん、悪質なことは何一つしていないです…

 

検索エンジンは自動アルゴリズムで順位付けしている

しかし、Googleなどの検索エンジンは、自動アルゴリズム(人工知能)を用いて、検索順位を決めていると言われています。

 

その中には、人の目視で確認する部隊もいるみたいですが、基本は自動システム。

 

つまり、

Googleがシャドウバンをしているというのは、考えにくいです。

 

サイトの更新をしたら、数日中にその情報はGoogleのクローラーが認知します。

ブログ記事を投稿したら、Ping情報に従って、Googleは検知します。

 

そして、アルゴリズムに従ってページ情報を解析し、適切と思われる掲載順位で検索結果に表示させます。

 

人為的に掲載順位を操作しないのがグーグルのポリシー

Googleは、人為的に掲載順位を操作しないのが会社としてのポリシーです。

 

実は、検索エンジンとしてグーグルが大注目を集め始めたころ、CEOの名前を検索すると、悪いニュースについて書かれたページが検索順位の一番上に来ていたんだそうです。

 

個人としても、会社としても、そのような情報が多くの人の目にさらされるのは悪影響です。

当然、システム的にその悪いニュースのページの掲載順位を下げることはできました。

 

しかし、Googleはそれをしませんでした。

自分の会社のアルゴリズムに、不公平な手を加えることは、自分たちのポリシーに反すると思ったからです。

 

常にユーザーファースト。

ユーザーが知りたい情報に、簡単にアクセスできる検索エンジンを作ることがGoogleの目標です。

 

この辺りは、数年前の書籍に書かれていたことなので、名実ともに世界的大企業になった現在のGoogleとは事情が違うかもしれません。

 

ただ、個人的には、

Googleがシャドウバンなどの不公平な手を加えるとは思いません。

※特に個人サイトには。

 

検索結果に表示されない…解決方法は?

それでは、自分のブログ記事が検索結果に表示されないときの解決方法はあるでしょうか?

 

原因はいくつかありますので、落ち着いて確認すべきです。

  • 記事が公開設定されていない
  • no indexになっている
  • まだ反映されてないだけ
  • ペナルティを受けている
  • コンテンツが低品質
  • 悪質なリンクが含まれている
  • コアアップデートの影響

などの原因です。

 

つまり、対処法としては、これらの原因をひとつひとつ検証していくことになります。

 

SEOサイトでも、同じような質問と回答が多く寄せられているので、参考になるかもしれません。

Googleの検索順位が下がった

 

ちなみに私の場合は、まだ原因が分かっていません。

 

なぜ急にGoogleの掲載順位だけ下がってしまったのでしょうか。

もしお分かりになる方がいたら、教えてほしいです…

 

グーグル版シャドウバンなんてない?検索結果に表示されない原因と対処法

今回のブログ記事では、グーグルの検索結果にもシャドウバンってありえるのか、情報をまとめてきました。

 

結論としては、

グーグルの検索順位だけ低いことがあったとしても、シャドウバンのような措置の可能性は極めて低いです。

 

もしも悪質なユーザーと判断された場合、Googleならペナルティ通知をしてきます。

解消されれば、正当なページランクを付けてくれます。

 

検索エンジンが、

非公式に、通知もなく、不当にページランクに手を加えることはないでしょう。

 

シャドウバンというのは、あくまでもSNSアカウントの話だと思います。

 

ブログやサイトを運営していると、色々なトラブルに遭遇します。

いまだに分からないことばかりですが、頑張ります^^;

コメント

タイトルとURLをコピーしました