【初詣】おみくじを2回引くと、どっちが有効?内容の信じ方

雑記

新年の初詣では、多くの人がおみくじ引くのが恒例行事。

運試し、遊び半分、人生を賭けて…色々な気持ちでおみくじを引くと思います。

 

さて、神社やお寺のおみくじですが、もしも2回引いてしまったときは、どっちを信じれば良いのでしょうか?

大凶・凶・末吉が出てしまうと、大吉が当たるまで何回も引く人って、いますからね。

 

何を信じるかは読む人の気持ち次第ではありますが、複数のおみくじを引いたとき、どっちが有効なのか、ちょっと気になったので調べてみました。

おみくじは2回引いてもいいの?

おみくじは、2回引いてもいいんです。

お金を払って、内容を読んで、神様の教えを胸にしまって、一年を生きていくのは自分自身ですからね。

 

神主さんや、スピリチュアル系の方の解釈の中には、

  • おみくじは一度だけ引くのが正解
  • 1つの神社では1回だけ
  • 初詣の期間中は1つだけ

というのを、おすすめしている人もいました。

 

でも、多くの神社ではおみくじの回数に制限はありませんし、何度でも引いたらいいと思います。

個々人の自由です。

 

【あるある】おみくじを2回引くことになるパターン

新年の初詣において、おみくじを2回引くパターンには何種類かありますよね。

 

  • 同じ神社で同じ種類を2回
  • 同じ神社で違う種類を2回
  • 違う神社で同じ日に2回
  • 違う神社で違う日に2回

などなど、、、

 

受験生とか、プロポーズを控えている人とか、引っ越しや転職を考えている人にとっては、書かれている内容もかなり大事ですもんね。

 

「運勢」…大凶

「学問」…よくない

「恋愛」…音信なし

「転居」…利益なし

 

とか書かれてたら、ショックすぎる。

もう一回引き直したい。上書きしたい、という気持ち、よくわかります。

 

実際、友人は一回目のおみくじで「凶」をひいてしまい、2回目に挑戦していました。

すると、全く同じ「凶」が出てしまったらしく、意地になって3回目をひいて「末吉」に満足していました。笑

 

中吉か大吉が当たるまでは何度でも引く!という人もいますよね。

 

どんなパターンだったとしても、おみくじを2つ引いたら、どっちを信じるべきなのでしょうか?

 

おみくじの有効期限は次のおみくじを引くまで?

基本的に、おみくじを2回引いた場合、信じるべきは2回目の内容らしいです。

 

おみくじの有効期限は、次のおみくじを引くまで、という説があります。

確かに、おみくじって初詣の時以外にも、年に何回か引く人もいるし、毎日引くような人もいるはず。

 

「最新のおみくじ」に書かれた内容が、その人の「今の戒め」になると考えて良さそうですよね。

 

初詣の時しかひかない人は、翌年おみくじを引くまでが有効期限。

 

つまり、おみくじを2回引いたら、1回目の方は既に期限切れ。

原則的には、後に引いた2つ目の方が有効なのだと思います。

 

 

どっちを信じる?おみくじの考え方。受け止め方

おみくじを2回引いたときに、どっちを信じるか。

原則的には、二つ目の方が「最新の有効おみくじ」ということになります。

 

しかし、個人的には、おみくじの信じ方は気持ちの問題だと思います。

 

おみくじは、占いとは違います。

おみくじは、「戒め」「教え」だと思います。

 

おみくじに書かれた内容を心にとめて生活していれば、何かしらに注意を向けたり、信じたりしながら行動できると思います。

おみくじって、神様から「これに気を付けて頑張れ」という応援だと受け取ればいいのではないでしょうか?

 

その証拠に、大吉が出たとしても「今年は超ラッキーだから大丈夫です」とは書かれていません。

「良い年になりそうなので、油断せずに頑張りましょう」と書かれています。

 

逆に、「凶」のおみくじが出ても、必ずしも悪い内容ばかり書かれている訳ではありません。

「ここに注意して、気を引き締めなさい」と書かれていることが多い。

 

つまり、おみくじは「より良い人生を生きるための教え」を与えてくれるだけ。

未来予想の占いではありませんから、気持ちの問題なんです。

 

受験生のおみくじに「学問…よくない」と書かれていた時は、

「今年はダメだぞ」と解釈するのではなく、

「このままだと良くないぞ。より一層気を引き締めなさい」と解釈すればいいのでは?

 

おみくじの内容で人生が決まることはありません。

人生を決めるのは、いつだって自分の意思です。

 

結論:おみくじは2回引いてもいいし、どっちを信じてもいい

今回のブログ記事では、初詣などでおみくじを2回引いてしまったとき、どっちを信じれば良いのか問題について、書いてみました。

 

神主さんや仏教による統一的な正解は、ありません。

つまり、おみくじは何回引いてもいいし、どっちを信じても良いのだと思います。

 

自分なりに、都合のよいように、解釈すればいい。

自分がより良い人生を生きるために、おみくじはあります。

 

おみくじに悪いことが書かれているのなら、それを自分の努力で払拭する。

おみくじ2つに違う内容が書かれているのなら、自分はどうしたいかを考えて、同じく努力で達成していく。悪いことは回避していく。

 

このような姿勢が、おみくじの有り難い使い方、信じ方なのではないでしょうか。

 

あまり宗教的に考えすぎず、スピリチュアルに考えすぎず。

自分の人生は、おみくじで決まるわけではないので。絶対的に。

 

一応、2回引いたときは、2回目の方が「最新の教え」ということにはなりますが、自分の気の持ちようで、おみくじというイベントを楽しみましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました