【ニューカレドニア国内線】エアカレドニア個人手配でヌメアからイルデパン移動!【エールカレドニー】

      2018/02/16

ニューカレドニア旅行で外せないのが「離島観光」です!

人気NO.1の「イルデパン」や天国に一番近い島「ウベア島」などのロイヤリティ諸島へ行くには、

エアカレドニア(エールカレドニー)による国内線を利用することになります。

国際線のエアカランと空港が違いますし、規模もかなり違い、注意点がいくつかあります。

私はハプニング続出で、楽しい思い出ができました。。。

この記事では、そんなニューカレドニアの国内線「エアカレドニア」について徹底解説していきます!!

ニューカレドニアの国内線「エアカレドニア」とは?マジェンタ空港を利用。

そもそも、旅行者がよく使う空港は2つあります。

日本からニューカレドニアなどの国際線「トントゥータ国際空港」は、ヌメア市内から車で約1時間の位置にあります。こちらは「エアカラン」の拠点です↓↓

そして今回紹介するもうひとつの空港は、

ヌメアからイルデパンなどのニューカレドニア国内線の飛行機がある「マジェンタ空港」です!

こちらは、ヌメア市内から車で15分ほどの位置にあります↓↓

ヌメア市内から近いので、カルイア・バスも出ていますし、タクシーを使っても2000円もかかりません。

ニューカレドニアの国内線エアカレドニアは、後者のマジェンタ空港を拠点としております。

規模が小さいため、Googleで「エアカレドニア」と検索してもほとんどヒットせず、情報が限られています。

しかも国際線「エアカラン」は「エア・カレドニア・インターナショナル」という呼び方もあるので、

めちゃめちゃ分かりにくいです・・・意味わからなくなってくる・・・

 

ただ、フランス語読みの「エールカレドニー」だと検索にヒットしてきますよ!!

▶ニューカレドニア国内線【エール・カレドニー】HP

個人手配するには、そこそこの難敵でしたが、この記事を読み進めればバッチリなはずです!!

 

【エアカレドニア】ヌメアからイルデパンまで往復移動で1万8000円!

ヌメアからイルデパン、イルデパンからヌメアの往復航空券代は、ひとり18,000円ほどです。

(2017年3月時点)

決して安くはないのですが、それだけの価値があります!

そして安くないからこそ、日帰りではなく宿泊してその魅力を味わい尽くしたくなりますね。

ちなみに、ヌメアからイルデパンの日帰りツアーは34,000円くらいします!

個人手配ならエアカレドニア18,000円と食事代3,000円としても、21000円。

その差はなんと13000円。ツアー高いっす。ぼったくりっす。

これが個人手配の最大の魅力ですね!

少しばかり自分で検索して組み立てて手配すれば、お金と自由を手に入れることができるのです!

LET’S個人手配!!

【エアカレドニア】国内線飛行機を個人手配する方法【予約に難あり】

ニューカレドニアの国内線「エアカレドニア」のHPは、日本語ページがありません。

以前はフランス語だけだったようですが、現在は英語が選択できますので、何とかなります!!

日時・人数・フライトを選択して、名前やパスポート情報などを入力していく形です!

クレジットカード支払いが完了すると、登録メールアドレスにEチケットが届きます。

当日、マジェンタ空港でそのメールを見せればOKです!!

・・・あれ?簡単じゃないか!?

英語が何となく分かれば誰でもできるじゃないか!おどかしやがって!と感じられるかもしれません。

もし上記の通りにできたら、本当に簡単です!おめでとうございます!!それで完了です!

しかしこのHP、度々システムエラーが発生します。

私はデバイスを変え、日を改め、時間を改め、いろいろ工夫して挑んだのですが、

どうしてもフライト選択の画面に行くことができませんでした。。。

どうやら私だけでなく、過去個人手配を挑んだ方たちもエラーにはじかれた経験があるようでした。

そんな時はどんな工夫をしても繋がりませんので、早急にメール予約をしてしまいましょう!!

日時・人数・希望フライトを書いたうえで、HPで予約ができない旨を伝えると、数時間後に返信が来てやり取りすることができました。

そのままクレジットカード情報、Eチケット受け取りまで、担当者とのメールやり取りで無事に完了しました。

時差も2時間程度なので、そこまで気にせずに連絡のやり取りができます。

(それでも返信は一日一回ほどしか来ませんでした。のんびりしていて、少しヤキモキします笑)

【エアカレドニアの評判】なんと座席は先着順です!

エアカレドニアの飛行機内の座席は指定席ではありません!

子どもやご年配の方が優先される以外は、乗り込んだ順に席をとっていくスタイルです。

2席、通路、2席という小さな機体ですが、やはり窓際がおすすめです!!

できれば少し早めに搭乗手続きをし、ドアの近くで待っていると良いかもしれません^^

 

【評判】手荷物は5kgまで。なんと荷物は後から宿へ直接お届け・・・

エアカレドニアは小さな飛行機ですから、手荷物制限が厳しいです・・・;

手荷物5kgなんて、意外とあっさり超えてしまいます。

なるべくパソコンなども預入荷物に入れてしまうと良いのですが、この預入荷物も困りものです・・・

イルデパンに到着したときに受け取れない場合があります。。。

なんと「後でホテルへ届けておく、今ここにあなたの荷物はないんだよ」と言われてしまいました。。。

さすが離島!そんなこと気にしてても仕方ないので、観光に出かけてしまいましょう!!!

ちゃんとホテルに届きましたしね。

【評判】結構、欠航します・・・笑

笑い事ではないのですが、エアカレドニアは天候不順やストライキで欠航することが度々あります。

私はイルデパンを満喫して「さぁヌメアに帰ろう」とマジェンタ空港で搭乗を待っていると、嵐が来ました。

「おぉ~すごい雨と雷だ、少し遅れるかもな」なんて思っていると、案の定遅れているとアナウンスがあったのですが、数分後には欠航のアナウンスに変わりました。

ヌメアからイルデパンに向かっていた飛行機が引き返して、どうにもこうにもならなくなってしまったのです。

さすがに慌てました。

結果、何とかなり、いい思い出なのですが。。

このハプニングについては、また個別記事にしたいと思いますが、とにかく欠航や遅延は珍しくないので、旅程には余裕を持っておきましょう!!絶対です!!

※イルデパンでの飛行機欠航について、こちらの記事をどうぞ!0円で高級ホテルに泊まれましたよ↓↓

▶【ニューカレドニア】イルデパンの人気ホテル『ウレテラ』が超おすすめ!

ニューカレドニアの国内線「エアカレドニア」でヌメアから離島へ移動!

ヌメア「マジェンタ空港」から離島へ行く際に利用する「エアカレドニア」についてまとめてみました。

情報が少なくて少し焦るのですが、しっかりと問い合わせ、確実にやり取りを進めれば大丈夫です!

時期によっては2週間後のフライトでも予約がいっぱいだったりすることもあるようなので、イルデパンの旅程だけは先に決めておいて、移動手段と宿を確保しておくとよいです!!

本当に、信じられないくらい情報が少ないので、気を付けてくださいね;

何なりとご質問ください!!

 

※国際線のエアカランについて↓↓

▶ニューカレドニアの飛行機「エアカラン」は格安直行便!【機内食・映画など評判】

 - 基本情報, 観光