【読書】一日一冊も読める?ペースや時間の目安

フリーランス・生き方

読書が好きです。

図書館が大好きです。

 

読書好きの方なら、よくこんなことを耳にしませんか?

  • 一日一冊は本を読んでる
  • 一か月で50冊くらい読書した
  • 3年で4000冊読んだ(孫正義)

「すごい速読術だ」と思う一方で、本の読み方は人それぞれのペースがあります。

 

読む本のジャンルによっても、所要時間は全然違いますもんね。

自称・本の虫である筆者は、平均して一日一時間ほど読書の時間を取れています。

 

一冊読破するための平均時間は、2時間~3時間ほど。

今回のブログ記事では、一日一冊、本を読むことについて自分の考えを書いてみました。

スポンサーリンク

一日一冊読むことは可能?

一日一冊、本を読むことはできるのかと思われる人も多いですよね。

 

目まぐるしく移り変わる現代社会で、

読書に時間をとれる人がいるのだろうか?と。

 

しかし、本を一日一冊読むことは、誰でもできると思います。

 

私も、夏目漱石の小説を読むためには、5時間以上必要です。

でも、ビジネス新書であれば、1時間もしないで読破します。

 

自分の興味のある部分と、

どこかで読んだことがある部分と、

強弱を付けながら読める本であれば、一日2冊、3冊と読めます。

 

また、一流のビジネスパーソンであればあるほど、

読書時間を確保しています。

 

そういう人にとって、読書とは、自己投資なのですね。

 

私の憧れる読書家の人

一流の読書家と言っても、色々な人がいます。

 

私の場合、ビジネス界での読書家といえば、

大前研一さんや、孫正義さんが想起されます。

 

世界のトップを走り続ける「一流」のお二人ですが、

本を読む時間をとても大切にしています。

 

大前さん自身の読書量もすごいものがありますが、

その彼がマレーシアの首相や、タイの首相と国家戦略を相談している時、

首相たちの読書量・勉強量にも驚かされると言っています。

 

特にマレーシアのマハディール首相は、

大前さんの著書に衝撃を受けて、自費で何十冊も購入し、側近に読ませたという話もあります。

 

ソフトバンクの孫正義さんも、

病気で入院している約3年間で、4000冊もの本を読んだという伝説があります。

 

ホリエモンも、刑務所に入っている間、相当量の本を読んでいたのは有名ですよね。

 

あと、茂木健一郎さんも、幼少期から「本の虫」だったそうです。

今では脳科学者でありながら、文学評論や英語での「IKIGAI」という本まで、幅広く本を書いています。

 

※茂木さんの本、好きです。

 

一日一冊読む人の読書時間とペースは?

私の友人に、文学部卒の読書好きがいます。

 

彼に話を聞くところによると、

平均して一日一冊は本を読んでいるとのこと。

 

しかし、冒頭で言ったように、

一冊当たりの所要時間には大きなばらつきがあります。

 

  • ビジネス関連本…30分~1時間
  • 新書…1時間以上
  • 小説…2時間以上

といった目安だとか。

 

これには、私も納得です。

最近はミヒャエル・エンデの『はてしない物語』を読みましたが、一冊読み終わるのに6時間以上かかりました。

 

想像力を使い、言葉の美しさを味わうような文学作品だと、

自然と一冊読み終わるまでにも時間がかかります。

 

でも、ここでひとつ。

本を読むのに、何冊とか、何時間とか、早いとか遅いとか、必要ないのではないでしょうか?

 

速読術なんて必要ない?

個人的には、本を読むのに「速読術」なんて必要ないと思っています。

 

読書は、思い思いに楽しむものです。

別に急いでセカセカ読むものではありません。

 

ビジネス書で勉強するのであれば、

速読して何冊も読んだ方が勉強になるのでは?

 

という考え方もあるかもしれません。

 

しかし、本当にタメになるビジネス書は、速読できません。

※個人的印象。

 

言ってしまえば、ななめ読みできる程度の内容、ということです。

 

本当に自分にとって価値のある本は、

速読しようとしても、味わい深いもので、自分の今の状況と照らし合わせたり、私だったらどうするか、考えさせられたりします。

 

例えば大前研一さんの『稼ぐ力』という著作は、

経済学的なビジネス書という位置づけだと思います。

 

しかし、内容は味わい深く、自分の仕事へあり方も考えさせられます。

私は何度も繰り返し読んでいますが、毎回、じっくりと味わいながら読むことができます。

これこそ、名著です。

※あくまでも個人的な感想ですよ。

 

最近は茂木健一郎さんの書籍も面白い。

よく読んでます。

 

読書は楽しいしメリットがたくさん

本と言うのは、ひとつの作品です。

アートと言っても過言ではありません。

 

ひとりの人間が、自分の考えを言葉にまとめて、数百ページにまとめているのです。

それが1000円程度で手に入る。

自分で味わうことができる。

 

これは、改めてすごいコスパの高いアート鑑賞の方法だと思います。

美術が好きな人もいれば、音楽が好きな人もいます。

 

それと同じように、言葉・文章が好きな人にとって、

読書って素晴らしい体験なんですよね。

 

  • ライブに行くよ
  • 美術館に行ってきたよ
  • 映画鑑賞が好きだよ
  • 野球観戦はやっぱりドームだよ

といった人に対しては、「ああ、趣味なんだな」と思います。

 

「読書してるよ」「図書館行ってきたよ」というのも、

上記の趣味と同列だと思います。

 

「一日で美術館を5件、500枚の絵画を見てきた」という人もすごいですが、

「ひとつの絵画の前で、5時間じっと見つめてしまった」というのもすごい。

 

要するに、単純な量よりも、自分自身への影響力の量の方が、大事なのかなと思います。

 

一日一冊はあくまでも「目安」であり「目的」ではない

今回のブログ記事では、読書量とペースについて、まとめてきました。

 

結論としては、

一日一冊と言うのはあくまでも「目安」であって、「目的・ゴール」ではないということ。

 

毎日ブログで書評をするという明確な「目的」がない限り、

読書量はあくまでも本人のペース次第で良いのだと思います。

 

一か月で50冊読んでいると聞くと「おお、すごい」と思われるかもしれませんが、

一週間かけて一冊を深く味わったというのも「すごい」と思います。

 

多く読んでいる人が「偉い」わけではありません。

結局は、読んだ本から何かを得て、自分の経験値として積み重ねることができたかどうか、が一番重要ですからね。

 

他人の読書ペースが気になる人もいると思いますが、

せっかくの趣味ですから、マイペースに芸術を味わいたいですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました