【ニューカレドニア】水道水も飲める!ミネラルウォーター「モンドール」の値段・価格は?

   

海外旅行では、現地の水道水が飲めるかどうか、心配ですよね。

私はバリで水道水を飲んでしまい、お腹が痛くなった苦い思い出があります。ついつい、うがいとかしちゃうんですよね^^;

そんな中、ニューカレドニアの水道水は安全で、飲めます!素晴らしい!

ミネラルウォーター「モンドール」も美味しい軟水で、物価が高いわりに、値段は500mlで80CFPくらい。安いです。

この記事では、ニューカレドニアの水事情について解説します。

ニューカレドニアの水道水は安全に飲める!

ニューカレドニアの水道水はきれいです。安心して飲めます!

フランス領の本領発揮でしょうか、道路もそうですが、インフラは割と整備されている印象です。

ガスは弱いのか、ホテルによってはお湯が出るまでに30分かかるところもありましたが^^

えっと、、、ヒルトンとかね。笑

 

ホテルでは水道水をポットで沸かしてカップラーメンを食べたり、水道水でうがいをしたり、歯磨きをしたり、そんな当たり前のことができるので、安心です。

滞在中の17日間、一度もお腹を壊したりしませんでした!

水道水が危険だと、気が抜けないんですよね・・・洗面台にミネラルウォーターが必要ですからね。

えっと、、、バリとかね。笑

 

しかし、ウベア島の水道水は飲むのを避けた方が良いそうです。

イルデパンの水は、少し茶色っぽく見えるのですが、安全です。言われてみると確かに、バスタブにお湯をためた時に少しだけ茶色っぽかったのを覚えています。

(↑ホテル・ウレテラのバスタブ写真。快適でした。)

特に臭いや味は気にならなかったので、イルデパンの水道水は大丈夫だと思います!

 

ニューカレドニアのミネラルウォーター「モンドール」とは?値段は?

ニューカレドニアのミネラルウォーターは「モンドール」です!

ヌメアから車で30分ほど走ったところに、モンドールという標高772メートルの山があります。

そこで採取されるニューカレドニア産の天然水です!!

 

←こんなやつです。

クセのない軟水で、日本のミネラルウォーターよりもさらっと美味しく飲める印象です!

ニューカレドニア産っていうのが嬉しいですね^^

 

 

このモンドールの値段・価格ですが、

スーパーでは500mlで80CFPほど、1.5lで150CFPほどと、安いです。

1.5lのペットボトルをリュックサックに入れて、毎日1本消費するほど飲みまくってました!

ニューカレドニアは本当に日差しが強くて、のどが渇きます。熱中症対策としても、モンドールの大量持ち歩きをおすすめします!

 

ちなみに、イルデパンなどの離島では、スーパーがありません。

水の確保はどうするのかと言うと、毎日ハウスキーパーさんが1.5lのモンドールを部屋に交換しに来てくれました!!ありがたいサービス!!

ウレテラに宿泊するならこれで良いですが、日帰りの時なんかは、絶対ヌメアで水を確保していってくださいね。

 

そんな私も、ピッシンヌナチュレルに行ったときは水を持っていくのを忘れ、死ぬかと思いました。

▶【ピッシンヌ・ナチュレル】イルデパンの天然プールは異世界

もう少し長ければ、他人に声をかけ「モンドールをひと口いただけませんでしょうか・・・?」とかなり怪しい人になるところでした。危ない危ない。

ニューカレドニアの水道水とミネラルウォーターについて(まとめ)

ニューカレドニアの水道水は安全に飲めて、ミネラルウォーター「モンドール」も美味しくて値段が安いです。

ヌメアからレンタカーで30分ほどのモンドール山では、天然水が自由に無料で飲み放題の解放された泉があります!!

リビエールブルー州立公園へのツアーでは立ち寄ることができます!地元の人たちは、カラのペットボトルを大量に持ってきてます^^ 負けじと、その場でがぶ飲みしましょう。

繰り返しになりますが、ニューカレドニアの日差しは沖縄なんかと比べ物になりません。。。

気温は25~30℃ほどでも、太陽の強さが全然違いますので、日焼けもすごいですし、のども乾きます。

スーパーなどでモンドールを購入し、熱中症対策しましょう!!

 

 - 基本情報, お金・通貨・物価